googleアドセンスのパフォーマンスレポート用語

アフィリエイト お役立ち情報

スポンサーリンク

分かりにくいgoogleアドセンスの用語を解説

アドセンスのアカウントを取得している人はパフォーマンスレポートにも目を通していると思う。
しかし、見ても意味分からない人多いんじゃないだろうか?

googleアドセンス用語
↑アドセンスのパフォーマンスレポートの項目

アドセンスだけでなく、googleは全体的に訳の分からない用語、きっちり訳す気のないヘルプで混乱する事が多いのだが、今回はアドセンスレポートの項目がどういう意味なのかを解説してみようと思う。

日付

これはそのまま。日付。

ページビュー

これはその他のアクセス解析等でも良く使われているので分かると思う。
そのブログやサイトが見られたページ数。
訪問者の数とは違い、訪問者がブログ(サイト)内のページを切り替えるごとにカウントされる。

クリック数

アドセンスの広告がクリックされた数。

ページのCTR

Click Through Rateの略。
クリック数÷インプレッション(広告が表示された回数)で計算することができるクリック率のこと。
つまり、広告を見た人の何%がクリックしてくれたかを表す。

CPC

Cost Per Clickの略。
クリック1回につき、いくらもらえるかを表す。
一般的にテキスト広告よりイメージ広告の方が単価が高く、広告サイズが大きい方が単価が高い。

ページのRPM

Revenue Per Milleの略。
広告表示1000回あたりの見積もり収益額。
(見積もり収益額÷ページビュー)×1000で計算されている。
同じページビューであってもこれが高い方がより稼げているブログ(サイト)ということになる。

見積もり収益額

貰える金額の大体の見積もり。
無効なクリックの有無、為替の変動などにより、収益の確定額と若干の差がある。
ちなみに確定収益額は月末に算出される。

朝起きたら見積もり収益額がすごいことになってた!
なんてことにならないかなぁ・・・。

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする