FXの用語

FX 初心者講座

これからネタが無い日にはFXの記事を書くことになると思う。
そこで出てくるであろうFXの用語をちょっと解説。
とは言っても私もそこまで詳しい訳ではないのであしからず。

スポンサーリンク

FX用語集

USD/JPY 通貨ペアはこういう風に書かれる事が多い。ちなみにこれはドル円のこと。
他にここで出てきそうなのはEUR/JPY(ユーロ円)、EUR/USD(ユーロドル)あたり。

 10000通貨のこと。3枚買ったといえば30000通貨買ったということ。

L(ロング) 通貨ペアを買うこと。ドル円100Lと言えば100円でドル円買ったよ、ということ。
101円(ドル高)で手放せば利益が出て、99円(円高)で手放せば損失になる。

S(ショート) 通貨ペアを売ること。ドル円100Sと言えば100円でドル円売ったよ、という意味。
Lとは逆に101円(ドル高)で手放せば損失に、99円(円高)で手放せば利益になる。

ポジション 持っている通貨とその値段のこと。100L1枚とかいうふうに使う。

チャート 価格の変動を表すグラフのこと。↓のようなの。これを見ながら取引する人が多い。
chart

ローソク足 チャートに表示されている1本1本の棒グラフみたいなもの。
上のチャートで言えば中抜きの線が上がっている、塗りつぶしの線が下がっている事を表す。

トレンドライン チャートの上にラインを引いてどこまで上がるか(下がるか)を予想する。
人によって引き方は様々だし、当たっていることも外れていることもある。

利確 利益を確定すること。要するに儲けている間に手放すこと。
どこまで利を伸ばすか、儲けている間に手放せるかがFXの難しさ。

損切り 損失を確定すること。なるべく被害を大きくしないためのテクニック。
これが上手いと、儲けは大きく損は少なくすることができる。

ロスカット(LC) 損失が自動的に確定されること。損失が大きくなりすぎてFX業者が自動的に損切りをする。
こうなるとかなりの痛手を被る。ちなみに私は今まで5回ほど食らったことがある。

ナンピン 例えばドル円を100円で1枚Lし、99円になったとする。
そうすると1円上がらなければ±0にならない。
そこで99円でまた1枚Lをすると、99.5円で±0にすることができる、というテクニック。
FXでは損失を大きくする可能性もあるため、あまり良いテクニックではないとされている。
でも、私はよく使っている。ご利用は計画的に。

まだまだあるが、今日のところはここまで。
説明だけ書くとすごい難しそうに見えるが、やってみれば簡単。
儲けるのは難しいけど・・・。

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. コメット より:

    訪問ありがとうございました。
    FXは面白いですね、最初は苦しみましたが今は気楽にやっています。

  2. ニト より:

    コメットさん、コメントありがとうございます。
    面白くもあり、辛くもありでw
    生活に関係なく、気楽にやれるのが一番ですよね!