【チャート分析】トレンド系とオシレータ系

FX 初心者講座

久しぶりのFX初心者講座。
テクニカル重視か、ファンダメンタルズ重視かという記事の中で、値動きを予想する手段として、チャートを分析するテクニカル分析と、経済情勢などのニュースから予想するファンダメンタルズ分析の2種類があることを説明した。
今回は、そのテクニカル分析を少しだけ詳しく見ていこうと思う。

スポンサーリンク

テクニカル分析の中の2種類の分析法

トレンドとオシレーター
業者が提供しているチャートやMT4などには様々なテクニカル分析を表示することができる機能がついている。
移動平均線(MA)、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MCAD、RSIなどなど。
これらはもちろん全て今後の値動きを予想するための目安になるものだが、「何を知りたいか」「どういうトレードをするか」によって使う分析は変わってくる。
分析方法は大きく分けるとトレンド分析、オシレータ分析の2種類ある。

トレンド分析

現在のトレンドを確認するための分析。
トレンドに乗って順張りをする時などに用いられる。
難点は反転がすぐに分かりづらい点。
移動平均線や一目均衡表などがこれに当たる。

オシレータ分析

買われすぎ(売られすぎ)ているかどうかを判定し、反転するポイントを見つけだすための分析。
反転ポイントでの逆張りをする時などに用いられる。
難点は大きなトレンドなどでは機能しない事がある点。
MACDやRSIなどがこれに当たる。

それぞれに長所・短所があり、得意な相場も違うため、トレンド系とオシレータ系をうまく組み合わせて利用するとより精密な分析をすることができる。

しかし、上のチャートのように何でもかんでも表示させておくのはおすすめしない。
余計な混乱を招くだけである。
意味のある分析だけを必要最小限で表示させるようにしよう。

ちなみに私は過去、チャート分析を色々と表示させてどれが有効なのか調べることに躍起になっていたが、今ではほとんどチャート上に分析は表示させていない。
ローソク足それ自体が何より大きな手掛かりでもあるので、あまり線だけにとらわれないようにした方が良いと思う。

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする