昼夜逆転と問題点とその原因

トップ(雑記)

昨日も書いたが昼夜逆転の波が止まらない。
4時に寝て9時10時くらいに起きるという、まっとうなニートらしい生活になってしまっている。
今回は昼夜逆転に伴う問題点とその原因を探ってみることにする。

スポンサーリンク

そもそも何で昼夜逆転はダメなのか?

私的に一番問題になるのが、昼間に頭が働かなくなるということ。
このブログの更新を始め、お金儲けの様々な作業は基本的に昼間に行っている。
その時間に眠気まなこでは、しっかりと考えることができないし、作業もはかどらない。

では夜に作業すればいいという話になるが、それはダメである。
なぜなら私は一人暮らしではないから。
夜に作業することになれば、確実に昼夜逆が固定化してしまうことになるが、それでは家族の生活リズムと大きくかけ離れたものになってしまう。
そういうところから間関係というのはギクシャクしてしまうものだ。
今のところはこんな生活でも大目に見てもらっているものの、昼夜逆転の自分勝手な生活になれば今までのマグマが一気に噴き出してもおかしくない。

更に夜型生活を続けていると、どうしても気分が落ち込みやすくなる
現在病気はほぼ完治したとは言え、元々そういう器質持ちの私が昼夜逆転すれば、再び泥沼にはまっていくのは目に見えている。

これらの理由から昼夜逆転はとてもマズイ事態なのである。

 なぜ昼夜逆転してしまったのか?

一つは昨日も書いた通り、睡眠薬がなくなったことが挙げられる。
今まで睡眠薬に頼り切っていたため、寝る直前まで色々やって薬を飲んで気絶したように眠る生活を送っていた。
当然、睡眠薬が無くなればそのようなことはできない。
睡眠薬を飲んだ時のような強烈な眠気がなかなか来ないため、ついついベッドに入る時間が遅れてしまう。

二つ目の原因はお金儲けのモチベーションの低下である。
私はある程度要領を掴んでくると途端にやる気がなくなるという悪癖がある。
ゲームのRPGに例えると、レベル上げている時は必死になるが、いざLv.99になりボスに挑もうとする段階になると、途端にやる気が無くなるというような感じ。
遠足の準備が楽しくて、当日に遅刻するタイプだ。

まずはFX。
全然勝ててはいないのだが、「こうすれば勝てる」という黄金パターンを掴んだ確信を持っている
これは客観的に見れば勘違いな可能性も高いのだが、確信を持ってしまっている現在はお金を儲けられていなくてもそれだけで満足してしまっているところがある。

次にブログや話し相手サービス。
こちらは完全にサイトを作っただけで満足してしまっている。
客観的に見れば、集客やサービスの充実などやるべきことはいっぱいあるのだが、そのためのモチベーションを維持できていないのが現実である。

ただ、ゲームと違い、現実はLv.99で終わりということはない。
必ずもっと上を目指したいという欲は出てくるはずである(そもそも私はLv.99にもなっていないだろうが)。
なので、これらのモチベーションの低下は一時的なものだろう。

再びモチベーションが復活した時にスムーズに事が進むためにも、昼夜逆転の生活からは脱却しておかなければならない。
まずは0時にはベッドに入るクセをつけるようにしておきたい。

コメント

  1. tarochin より:

    こんにちは。

    ニートになると昼夜逆転の生活になってしまうとよく聞きますね。確かに夜に起きている生活をしていると音などで迷惑がかかる場合もありますから、好ましくないですよね。

    >更に夜型生活を続けていると、どうしても気分が落ち込みやすくなる。

    そうなんですね。私だと、ほぼニート状態になった大学4回生の末ごろは夜というより昼のほうが気分が落ち込んでいることが多かった気がしますが・・・。もともと昼型生活の人間なので、昼に落ち込む頻度が高いせいかもしれません。

    >ある程度要領を掴んでくると途端にやる気がなくなる

    何となく分かる気がします。要領が分かってくると、簡単すぎてつまらない、という感情が湧いてくるんですよね。でも、モチベーションが低下するのが一時的なのでまだいい方だと思いますよ。

    私としては生活習慣を変えるのであれば、例えば、いきなり0時に寝るというのではなく、寝る時間を少しずつ早めるという方法がいいのではないかなあと思います。

  2. ニト より:

    tarochinさん
    >夜型生活になると気分が落ち込みやすい

    これは、日中活動している生活より、夜型生活の方が落ち込みやすいという意味です。
    落ち込む時間帯が夜とは限りません。
    確かにむしろ昼過ぎまで寝ていた時の罪悪感やらで、昼間に落ち込むことが多いかもしれませんね。

    >簡単すぎてつまらない

    これもあるんですが、もっと深く掘り下げて考えてみると、「安定しているものを崩したくない」という気持ちがあるような気がします。
    例えばFXは黄金パターンを掴んだと言ってますが、これからずっとFXをやっていけば、どこかで綻びがでてくるのが想像できます。
    せっかく黄金パターンだと思った物が脆くも崩れ去る・・・。
    それは自信喪失に繋がります。
    それが怖いという面もありそうな気がしています。

    結局は次のステップに踏み出さないと何も始まらない訳で、早かれ遅かれ自信は喪失するんですけどねw