昼夜逆転矯正記

トップ(雑記)
ブログを休んでいる間もニトは昼夜逆転現象を食い止めるべく、1人戦い続けていた。
これはそんなニートの孤独な戦いの記録である。

スポンサーリンク

2月6日(金)

前回の記事で宣言した通り、1日中起きてた。
何をしていても眠くてしょうがない。
お風呂で意識が飛んで水を飲んでしまいそうになる。

この日はFXでの一大イベントアメリカ雇用統計の日だったため、それを見てから就寝しようと決意。
雇用統計を見ているうちにだんだん眠気がなくなり焦る。
結局、39時間起きた末、1時頃に就寝し翌朝までぐっすり眠る。

2月7日(土)

朝9時に起床。
昼寝をしないように気をつけながら1日過ごす。

0時には布団に入る。
しかし・・・、頭が冴えまくり。
全然眠れない。
結局4時には布団から這い出し、寝るのを諦めた。

2月8日(日)

昨日から引き続き起きている。
頭がぐらんぐらんしていて、テンションが変になっている。
何とか昼間に寝ないようにしながら過ごす。

11時半には就寝。
さすがに寝つきに苦労することも無く、ぐっすり眠れた。

2月9日(月)

朝10時過ぎに起床。
かなり眠れたはずだが、ここ数日の睡眠不足が祟ってか、眠すぎる。
起きてしばらく過ごしているうちにいつの間にかまた眠ってしまう。
結局+1時間ほど寝てようやく起きる。
でもまだまだ全然寝足りない。

頭がボンヤリして、ブログのネタが何も浮かばない。
しょうがないので今の戦いを記録することに。

という訳で、ここ4日間で2回しか寝ていない。
何か身体の動きがぎこちない。
脳からの指令がうまく伝わっていないのだろうか。

この流れだと今日も寝れない確率が高いため、残っている睡眠薬で無理やり眠ってみることにする。
それにしても昼夜逆転を治すのは本当に大変だ・・・。