ポジポジ病の処方箋

トップ(FX 必勝法)

FXの口座残高を蝕む病気、ポジポジ病
ポジポジ病とは、ポジションを持っていないと安心できないという困った病気である。
トレードで大きな利益を上げている人の多くは絶好のチャンスだけでエントリーするため、トレードの回数が少ない。
つまり、勝ち組に入りたければポジポジ病は治しておくべきなのである。

スポンサーリンク

まずは自分のトレード性格を知ろう

振り返ってみると、私はずっとポジポジ病を抱えてここまできているような気がする。
限りなくグレーなチャンスにも嬉々としてエントリーするし、値動きの激しい時に流されてエントリーしたりもしていた。
スイングをしていた頃は取引回数こそ少ないものの、それは常にポジションがあり安心していられたからだった。

今一度私のトレード上の性格を考えて見ることにする。

  1. リスク選好型
  2. 感情や人の言葉・場の空気に流されやすい
  3. 一度「こっちだ」と思ったら結構頑な
  4. その割に意外と堅実

自分で言うのも嫌なのだが、典型的なダメトレーダーの性格だと思う。
特にポジポジ病の原因となりそうなのは1、2、3の性格である。

1は言葉のままだが、リスクよりもチャンスを重視し、少しでもチャンスと思えたらすぐに飛びついてしまう。
それが例え50:50の確率であっても。

2は怒りや焦りに任せたトレード、人の書き込みに踊らされてするトレード、値動きが激しい時などに空気に流されてトレードするなどがある。
これで痛い目に遭う確率が非常に高い。

3は「自分は間違っていない」と思い込み、損切りポイントを設定せずにトレードしたり、損切りにかかってもすぐに再エントリーしたりする。
さすがに損切りは徹底するようになってきたが、再エントリーは未だにする。

ポジポジ病改善策

私もこのポジポジ病をずっと放置している訳ではない。
事あるごとにポジポジ病予防の対策を行ってきた。

1、トレードルール作り

  • その1、根拠のないトレードはしない
  • その2、根拠が消えたら即損切り
  • その3、一度負けたら、冷却タイムを置く(30分)
  • その4、15,000円負けたら、その日のトレードは終了
  • その5、救出ナンピンはしない
  • その6、追っかけエントリーをしない
  • その7、スキャルピングを狙わない

昨年作ったトレードルール。
そのほとんどが実はポジポジ病対策である(赤字のルール)。

特に感情や人の言葉・場の空気に流されやすい、一度「こっちだ」と思ったら結構頑なという部分を意識して作っている。
ルールを作ったことで、ポジポジ病の改善にまでは至っていないが、損失を限定することはできている。

2、トレード記録

これも昨年から始めたこと。
自分のトレードを見直し、無駄なエントリーはなかったかどうか反省することで、無意味なエントリーを減らしていこうという取り組み。
効果は微妙だが、少し我慢をすることを覚え始めたところ。

3、FX関連のブログや書き込みなどを見ない

これは結構前から意識的に行っている。
人の意見に流されやすく、意外と記憶力も良いので、人の分析などを見るとすぐにそれが頭に残り続けてしまい、結果それに(時には無意識に)従ってしまう。
それが嫌で一時期はTwitterからも離れていた。
今は全く見ない訳ではないが、出来るだけ「自分とは違う世界の話」として読むようにしているし、分析などの部分はなるべくスルーしている。

4、手法の徹底

最後はこれしかないと思う。
手法に照らし合わせ、損切りポイントはもちろん、利確ポイント途中でどうなったら撤退するかまでを決めた上で、事前に狙ったポイントまで引きつけてエントリーする癖をつけていくしかない。
これは反復練習をしていく他なさそうである。
ここまでした上で負ければ納得するし、次に繋がる負け方になるだろう。

私の手法では1日1通貨せいぜい2、3回ほどしかチャンスがないので、それまで待てるかどうかの精神力が試される。

ポジポジ病は本気で治した方が良い

私はそろそろトレード歴丸4年になるが、ポジポジ病を抱えたままここまで生きてこれたのは奇跡に近い
奇跡の手助けとなったのは私の性格特性に運良く意外と堅実という部分があったためだろう。
昨年は大きく負け越したが、それでも退場にならなかったのは最悪な月でも-20%くらいで損失を食い止めていたことによる。
FXは攻めよりも守りがより重要だということを思い知った。

それでもマイナスになっていた原因の大半はポジポジ病が原因なので、このままズルズル行けば退場は目に見えている(というかまだまだレッドゾーンの真っ最中だし)。
危ない時ほど焦らず慎重に。
じっくりチャンスを待つことを心がけていきたい。

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. >>3、FX関連のブログや書き込みなどを見ない
    これ、どっちであれ、影響をうけてしまうんですよね。なんとなく、無意識的に影響を受けてしまう。「どっちであれ」というのは、読んだものと反対の方向にかけるのであれ、正方向にかけるのであれという意味です。

    自分も、ぽじぼじ病でした~~。
    難治性のぽじぼじ病でけっこう苦労しました。

  2. ニト より:

    たいがさん
    そうなんですよね。
    反対にポジションを持っていても、心の片隅に「あんなことが書いてあったな」というのが残り続けているので、まだ大丈夫なところで損切りしてしまったこともあります。

    私もここまでしてなかなか治らないということは難治性なんでしょうね。
    ドーンと構えるように心がけていきたいと思います。