完全ニートマニュアル14

雑記 完全ニートマニュアル

スポンサーリンク

Lesson14 アフィリエイトで稼ぐ

今回はアフィリエイトで稼ぐ方法を紹介したいと思います。
ネットを利用している方であれば多くの人が目にしたことのある単語だと思いますが、一応言葉の意味を調べてみましょう。

特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、ある広告媒体のウェブサイトに設置された広告によってウェブサイトの閲覧者が広告主の商品あるいはサービス等を購入し、生じた利益に応じて広告媒体に成功報酬を与える一連の形態をさす用語。単にアフィリエイト(Affiliate)、縮めた形でアフィリ、アフィと呼ばれることが多い。
Wikipedia 成功報酬型広告

つまり、ウェブサイトに商品やサービスの広告を掲載し、それを見た閲覧者が購入・登録することで報酬が得られる仕組みです。
1件当たりの報酬は少ない事が多いですが(金融系など例外もあり)、ウェブサイトの閲覧者が多く、購入や登録する人が多くなれば、結果として大きな報酬を得ることができます。

また、アフィリエイトに似たものとして、クリック報酬型広告というものもあります。
こちらは広告がクリックされれば報酬が入るというサービスで、アフィリエイトと同時に利用しているサイトが多いです。

アフィリエイトの利点

誰でも始められる
ブログやツイッターのアカウントなどを持っていれば、あとはASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録すれば(無料)すぐに始めることができます。
アフィリエイトNGの規約が入っていないブログサービスであれば、無料のものでもOKです(主なアフィリエイトOKなブログサービスはfc2ブログ、liveddorブログ、Seesaaブログなど)。
全て無料なので、「試しにやってみるか~」という感じで気軽に始められます。

マイペースに作業できる
広告を張り付けて後は購入してくれるのを待つだけなので、好きな時間や空いている時間にツイートしたり、ブログ更新がすればOKです。
もちろん報酬を増やしたければそれなりに多く更新する必要が出てきますが。

自分の好きなことがお金になる
自分の好きなこと、得意なことを書いていけば、それが一番の集客になります。

アフィリエイトの欠点

稼げる可能性が低い
アフィリエイト協議会が行った2013年の調査によると、アフィリエイトで月3万円以上稼げている人は全体の2.4%で、月1000円未満しか稼げていない人が8割という結果が出ています。
つまり、ほとんどの人が1000円未満しか稼げていないんです。

稼ぐためには努力が必要
上のことと重複しますが、数あるウェブサイトの中から自分のサイトに訪れ、更にはそこから買い物をしてもらうというのは、なかなかハードルの高い行為です。
小遣いではなく本当に大きく稼ぎたいのであれば、それなりに勉強して、アイデアを出し、サイトを継続させる必要があります。

換金に時間がかかる
報酬が発生してから数カ月後に振り込まれます。
また、ある一定の金額に達しなければ、振り込まれません。

アフィリエイトの印象が悪い
2011年に起きたステマ騒動などが原因となり、一部のネット利用者にはアフィリエイト=悪とみなされているところがあります。
アフィリエイトを導入することでサイトが荒らされる原因になるかもしれません。

総評

ポイントサイトと同様、コツコツとサイトなどの更新ができる人に向いていると思います。
しかし、多く稼ぐためには、色んな知識・アイデアが必要となるので、ポイントサイトよりも難しい部分があります。
その分、サイトが当たった時のリターンも大きいので、挑戦してみる価値はあると言えるでしょう。

最後に有名なASPを紹介
アフィリエイト

A8net
楽天アフィリエイト
Amazonアソシエイト

クリック報酬型広告
グーグルアドセンス
忍者AdMax

このブログのブログ・アフィリエイトカテゴリーも併せて読んでみてください。
稼げる参考にはなりませんが、アフィリエイトの大変さが分かると思います。

それでは今日はここまで。See you next time!

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする