失敗から学ぶ、MMORPGとの付き合い方

トップ(雑記 失敗から学ぶ、成功の秘訣)

スポンサーリンク

Case.10 ネトゲ廃人にならないために

ニト、18歳。
昔からゲーム大好き少年だったニトは、一人暮らしを始めてからというもの、暇さえあれば当時の最新ゲーム機PS2でゲームをしていた。
ただし学業やアルバイトを疎かにするほど愚かではなく、ちゃんと生活をしながらゲームもする節度のあるゲーマーだった。そんな時、悪魔のソフトが発売される。
Final Fantasy 11」。
ファイナルファンタジーシリーズの最新作であり、シリーズ初のMMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)。
ネットゲーム未経験の私は、他人と冒険するという目新しさに心を打たれ、発売日に購入した。

当時ネットを覚えたてだったこともあり、会ったこともない人と話すということに興味半分・怖さ半分。
やはり、最初は他のプレイヤーと上手く関わることができず、「つまんないなー」と思いながら、黙々と1人でプレイしていた。
そんなある時、見知らぬプレイヤーからパーティを組まないかとお誘いが。
怖々参加することにしたニトは、そこで他人と協力してゲームをするという新世界に出会い、ドップリとハマり込むこととなったのだった。
最初に組んだパーティの1人とは、その後ずっとフレンドとして話す仲になり、その後もフレンドが増えるごとに中毒度は増していった。

ゲームが楽しすぎて、時間を忘れてプレイするようになり、数カ月後、やがて生活に支障をきたし始めた。
大学を時々サボるようになってきたのだ。
アルバイトは生活のためしぶしぶ行っていたが、ある時、ゲーム内のイベントでズル休みをしたりもした。

ゲーム内のフレンドはもっと深刻な状況に陥っている人もいた。
ゲームをしたいが為に会社や学校を辞める事態になっていたのだ。
将来が段々不安になってきた私は、引退宣言をし、ゲームから離れることに何とか成功したのだった。

ネットゲームの中でも、特に生活に支障をきたすほどに影響力が大きいのがMMORPGです。
常にログインしていないと「置いていかれる」という不安に苛まれ、楽しいと感じなくなっても「フレンドがいるから」とダラダラと続けてしまうゲームです。
あまりにハマってしまうと、ゲーム内の価値が自分の価値基準になります。
ゲーム内がその人の全てになり、現実世界がどうでもよくなります。
なかなかやったことない人には伝わりにくいでしょうが、本当に中毒性抜群のゲームなのです。

「私はそんなことにならない」と思う人もいるでしょう。
実際そう言ってた人が抜けられなくなったケースも見た事があります。
MMORPGの中毒性を侮ってはいけません。
基本的に大学生やニートなど時間をもてあましている人以外、MMORPGに手を出すのは止めておくのが無難です。

もし、それでもMMORPGをやろうと思う場合、これだけは守っておいた方が良いということがあります。
それは、他のプレイヤー(特に高レベルプレイヤー)に追い付こうとしない事です。
私は廃人には片足突っ込んでいたものの、幸い「常にレベルをマックスにして強い敵と戦う」という突き詰めたプレイはせず、かなりチャット重視のマッタリプレイをしていました。
そのため「置いていかれる」という感覚が薄く、それが早めに現実に戻って来られる要因だったように思います。
いつも「置いていかれる」という恐怖心と戦っていては、折角のゲームも楽しくありませんし、強迫的にゲームをすることになります。
周りに流されず、必ず自分のペースでプレイすることを心がけてください。

これは現実世界でも同じことが言えると思います。
自分の人生は、自分のペースで進めれば良い!

コメント

  1. コタツ より:

    オンラインのドラクエ10が面白そうで手を出しそうだったのですが、ニトさんの仰る通り全国の学生やニート、主婦までもが中毒性にやられているという話をきいてやめました(;゚Д゚)オンラインゲームの中の自分が生活の基準になると、身を滅ぼしそうです・・・

  2. ニト より:

    コタツさん
    そういえばFF11でも、主婦の方結構いましたね。
    夫婦で廃人になってる場合も(-_-;)
    四六時中ゲーム内にいるので現実の家庭生活は大丈夫かなぁと心配してしまいますね。

    ドラクエ10は全く触っていないし、情報も全く知らないのですが、やはり中毒性は強いような気がします。
    最近のゲームはひと昔に比べれば、何十時間もプレイ出来る人が有利!みたいなことは少なくなって、ある程度入り込まない工夫はされているようですが・・・。

  3. オンラインゲームはまったくやったことがないんですが、
    ソードアート・オンラインのようなアニメを見るのは嫌いじゃないです。
    セカンドライフで金を儲けられるなら、セカンドライフもいいかなと思っていた時もありました。まあ、MMORPGで、規約違反の金儲けもできるようですが、規約違反(あるいは、法律違反)をするつもりはないので、やりません。
    けど、ハマる人はハマるみたいですね。今回の記事を呼んでなるほどと思いました。チームに入ると抜けにくいというのは、めんどうなことですね。まあ、この世もゲームみたいなものですね。けっこうきついゲームかな。

  4. ぺー より:

    こんばんは、ぺーです。
    私的なことですが最近はプライベートな事情でバタバタしたりして、体調もパッとせず、あまり建設的な活動ができてないですね…><

    それはさておき、ニトさんFF11やってたんですか~。ネトゲ廃人という言葉はこの頃からですよね。昔から僕もなぜMMOにハマる人がいるのだろうかと疑問でしたが、なるほどそういう構造的な問題みたいなのがあるんですね~。

    僕はオンラインゲームは一度もプレイしたことないですが、確かにハマってしまいそうですね。今のようなニートの状況で人恋しい気持ちがあるとなおさらかと思います…。時間もかけようと思えばかけれますし。

    ちなみに僕はFFやったのは10まででしたね。1当時にハマって、2~10までは全て発売日に買った記憶があります(^^)
    ただ15はちょっと面白そうなので、PS4買おうかなあと心惹かれていますw

  5. ニト より:

    たいがさん
    ソードアートオンラインは確かMMORPGが題材なんですよね?
    原作の小説はアマチュアの人が長い時間をかけて書いた、みたいなことを読んだことがあります。すごいな~。

    RMT(リアルマネートレード)は大学時代の友人がラグナロクオンラインというゲームでbotを使ってやっていて、荒稼ぎしてました(-_-;)
    基本的にどのゲームもRMTは禁止されてますし、やらない方が無難だと思います。

    現実のゲームはベリーハードに設定されてますね。
    もうちょっとヌルゲーしたかった・・・。

  6. ニト より:

    ペーさん
    最近ブログの更新がないので心配してました。
    ペーさんは少しは経済的に余裕があると思いますので、体調を一番に考えてボチボチやられた方が結果的には良い気がします。

    FF11が日本で大量に廃人生産をいたゲームなのは間違いないでしょう。
    私の周りだけでもプレイしている人はほぼ廃人といっても良い状態でした。

    >人恋しい気持ちがあるとなおさらかと思います…。

    これはあえて書かなかったんですが、結構女性の方でもプレイしていることが多く、こちらの世界で恋愛感情に発展するケースもあります(ってかありました・・・)。
    ゲーム側もご丁寧にゲーム内結婚サービスなんかを用意したりしていまして・・・(-_-;)
    まぁ、なんというか、カオスな世界ですw

    私はスーファミを買ってもらえない子だったので4~6はやってませんが、ファミコン、PS、PS2のFFは全てやりました。
    15は私もかなり期待してます。
    15のようなオープンワールドRPGは、MMORPGを1人用に最適化したものなので、MMORPGの世界を疑似体験できると思います(とはいっても他人がいないので、全く楽しさは別物ですが)。

  7. ニトさん、こんにちは。Sundayです。

    FF11、僕もやってましたよ~!
    レタスコンボとか、ゴブリンのトレインとか懐かしいですね(笑)。

    とはいえ、あまりに時間がかかりすぎるので早々にやめてしまいましたが。(^_^;)
    MMOはハマると抜け出せなくなるので怖いですよね~。

  8. >>ソードアートオンラインは確かMMORPGが題材なんですよね?
    そうです。ゲームの中で死ぬと、リアルでも死ぬというゲームに巻き込まれた人たちの話です。

  9. ニト より:

    Sundayさん
    懐かしい単語がw
    レタス→乱撃のホネホネファンタジー時代っていうことは本当に最初期ですね。
    その後、私は芋虫ファンタジー時代まで続けてましたw

    Sundayさんはハマり込む前に抜けられたんですね。
    凄い良い判断だったと思います。

  10. ニト より:

    たいがさん
    なかなか面白そうなお話ですね。
    機会があったら読んでみたいと思います。
    あ、アニメの方がいいのかな?