完全ニートマニュアル15

雑記 完全ニートマニュアル

スポンサーリンク

Lesson15 せどりで稼ぐ

今回はせどりで稼ぐ方法です。
ちなみに私自身はまだせどりをやったことがないので、他のブログなどの情報を元に私の考えを書いていきたいと思います。
まずはせどりとは何か、から説明していきましょう。

せどり(競取り、糶取り、背取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を転売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。
Wikipedia せどり

つまりお宝品(古本や中古CD、DVDなど)を安価で購入し、AmazonやYahooオークションで高く売り捌く方法です。
ブックオフなど中古屋での販売価格と、Amazonなどの販売価格に差があればその差額分が儲けになるという仕組みです。

仕組みだけ聞くと薄利多売に感じるところですが、リンクさせていただいているうつ病ニートのせどり・アフィリエイト実践記によると、105円で購入した本が2000円で売れたり、最高に利益率の良いものだと500円で仕入れた物が50000円で売れたりすることもあるそうです。
これだけで月に10万以上稼ぐ人もいるそうですから、なかなかバカにはできない方法だと思います。

せどりの利点

誰でも始められる
ある程度用意するものはありますが、物さえ揃っていれば誰でも始めることができます。
ただし、近所にブックオフなど仕入れ先店舗がない人は少し不利になる可能性が。
また、儲けようと思うならばある程度の商品知識があった方が良いかもしれません(せどりをしてれば自ずと知識は身に付くと思いますが)。

マイペースでできる
自分の都合に合わせて仕入れに行き、出品すれば良いので割とマイペースに仕事ができます。
ただし本格的に仕入れたいとなれば、品出しする時間帯を狙うなど工夫する方が効率はよくなるのかもしれません。
また、発送作業だけは速やかに行わないと信用を損ねてしまう可能性があります。

仕入れた本などを読んだりしてから売ることができる
本好き(CD好き、DVD好きなども)にはたまらない特典だと思います。
自分が興味あるもので、売れ筋の商品であれば、自分が読んでから売ることで利益も得られる夢のようなシステムです。

せどりの欠点

在庫がかさばる
家が狭いと物を置くスペースが大変だと思います。
また、大量に仕入れたは良いものの、もし、全然売れなかったら・・・という不良在庫を抱える不安と戦わなくてはなりません。

出品作業がめんどくさい
せどりをしている人達は、この出品作業を嫌っている人が多いようです。
やっていないので私には何とも言えないのですが、ひたすらに面倒な作業のようです。

仕入れにそれなりの時間がかかる
ブックオフなどの仕入れ先が遠い場合、特に時間がかかってしまいます。
また店内隅々まで掘り出し物を調べるのであれば、半日~丸1日かかってしまうでしょう。

ライバルの存在
せどりの稼ぎ方が一般的に知れ渡って、ライバルの数は年々増加傾向にあります。
ブックオフではバーコードをスキャンしている一般客を見かけることも多いのではないでしょうか。
その地域のライバルの数によって稼げるか稼げないかの明暗が大きく別れます。

総評

元々本やCDなどが好きな方には趣味と実益を兼ねたとても良い稼ぎ方だと思います。
多く稼ぐためにはそれなりのノウハウが必要となるので簡単ではないと思いますが、始めること自体は誰にでもできるのでやってみる価値は充分にあるでしょう。

Amazonへの出品作業を効率化するソフト


せどりの具体的な方法や実践記などは下記のブログを参考にしてください。
うつ病ニートの、せどり・アフィリエイト実践記
せどりを実践されているペーさんのブログで、実際のせどりの様子が分かります。
金儲けどーやるの?
現在更新休止中ではありますが、せどりのやり方について一から詳しく解説してくださっています。

私もアフィリエイトが軌道に乗ったら是非ともチャレンジしてみたいと思っています。
それでは今日はここまで。See you next time!

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. さいてぇ より:

    もっと大々的にやっている人は、海外輸入という形で、同じ品でも外国と日本での売値の差額を利用して商売をしているらしいです。こちらは1つ売れるごとに何万円と入ってくるらしいですね。

  2. ニト より:

    さいてぇさん
    輸入も輸出もありますね。
    ただそこまでいくと、英語のスキルも要りますし、国内以上に在庫リスクがあるので、誰でも手軽にって感じではなくなりますね。
    私も輸出の方法を一時考えたことがあったのですが、英語ができない事に気付き、泣く泣く諦めましたw

  3. ぺー より:

    ぺーです、こんばんは。
    ブログ紹介して頂いてありがとうございます!嬉しいです。
    せどりの方法など、まだ全然記事にできていないので、
    参考にならないかもですが…(汗)。
    ・仕入れた本などを読んだりしてから売ることができる
    >これは僕も密かに一番のメリットだと思っています(^^)
    本はもちろんですし、CD・DVD・ゲームなどメディア系の大体の商品は相場が固定化しているので、自分がほしいものは手に入れやすいのが魅力ですね~。例え利益が出なくても売る際の手数料分くらいなので、レンタル感覚というか。
    このあたり記事にしたいと前から思ってますが、いまだ書けずにおります…(^_^;)

  4. ニト より:

    ペーさん
    ペーさんのブログは、やったことのない私でもなんとなくどんな感じかイメージが掴めるので、大変有用だと思い紹介させていただきました。
    >例え利益が出なくても売る際の手数料分くらいなので、レンタル感覚というか。
    なるほどー。こういう風に捉えられれば欲しいものであれば確かに利益がでなくてもお得ですね!
    通っていると欲しい物が増えすぎたりしそうな気もしますがw
    ペーさんの記事も楽しみにしていますね。