「コミュ障」を考える

スポンサーリンク

「コミュ障」とはなんなのか?

引きこもりやニートといった人には「コミュ障」が多いという。
引きこもりやニートのブログでもよく話題に挙げられるネタだ。

ということは、どちらにも足を突っ込んでいる私ニトもコミュ障なのだろうか?
人と会う機会は少ないし、友達も少ないのは確かである。
コミュ障の特徴を調べてみると、以下のようなものが挙がっていた。

コミュ障の事例
・人見知りで、どもりがちで、口下手で、滑舌が悪くて、話すこと自体に劣等感を抱き、何も喋れない。
・文章だと理解できるが、会話になると途端にわからなくなり、軽くパニックに陥ってしまい、何も喋れない。
・必要以上に空気を読み、自分の発言がその場を悪くするのではないかと思い、その結果として人に嫌われるのでないかと考えてしまい、何も喋れない。
・周りの人間を見下していたり、まるっきり関心がなかったりして、何も喋らない。
・ぼっちなので、そもそも喋る人がない。
・喧嘩凸をしている。
ニコニコ大百科 コミュ障とは

もちろんこれは医学的な見地に基づく特徴ではなく、世間一般のコミュ障のイメージのようなものだ。

ニトは「コミュ障」なのか?

これを見る限りでは、私は世間一般に言われているコミュ障ではないように思う(「ぼっちなので、そもそも喋る人がない」というのは少し当てはまる気もするが)。
人と喋っている時はそんな苦痛に感じることは少ないし、言葉が出てこないなんてこともない。
饒舌ではないが、無口な訳でもない。
要するに普通だ。

しかし、やはり人付き合いが下手なのは確かだと思う。
私の問題は、人と深く付き合うことを無意識的に避けてしまうということ。
友達になりたい、恋人になりたいと思っていても、深入りされそうになると途端に身を引いてしまうのだ。
適度な距離感がないと、すぐに人間関係が苦痛になり、避けるようになってしまう。

また、極度のめんどくさがりのため、私の方から連絡をとることは非常にまれで、相手が連絡を頻繁にしてくれるような人でなければすぐに人間関係は消滅してしまう。
自分の内面を見せない、連絡も寄越さないような人間とほとんどの人は友達になりたいとは思わないだろう。

そして1人で過ごすことが全く苦痛にならない、というのも問題だ。
1人でいると暇で寂しくてしょうがないという人がいるが、そういう気持ちがまるで理解できないのだ。
以前「僕は友達が少ない」という記事で友達が欲しいと書いたが、「無意識的」には私は友達が欲しいなんてことはこれっぽっちも思っていないのかもしれない。

ある意味ではこれもコミュ障になるような気もするが、ブログ読者の中にもこういう人はいるんだろうか。
「日常生活に困る」ほどではないにせよ、コミュニケーション至上主義、人間関係至上主義の現代においてはなかなか生きにくい特性だなぁと思う。

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ねねてん より:

    ニトさんによく似た人がねねてんのそばにもいますよ~。
    だからなんか親近感が勝手にわきます(#^^#)
    ねねてんの周りにはさまざまな年齢とさまざまな職業の方たちがいますが、
    付き合うのに何にも気にしたことがありません。
    でも、ビビリなので、急にグイグイこられるとビックリして飛んで逃げるタイプです(笑)
    ニトさんのような方のほうがほっとしますよ(^^)

  2. ニト より:

    ねねてんさん
    やっぱり同じような人いるんですね!
    私も所見だと誰でも問題なく話せるんですが、その後ドンドン距離を詰められると心のバリアが激しく反応してしまいます。
    ほっとしてもらえるのは嬉しいですね。
    誰の目にも止まらず、毒にも薬にもならん人間だと思われていそうだと思ってるのでw

  3. 愛よりお金 より:

    医者になら、素直に話せます。
    たまに、どうにもならない時もありますが。

  4. ニト より:

    愛よりお金さん、はじめまして。
    信頼できるお医者さんなんですね。
    信頼できる人ってなかなかできないと思うので、大切になさってください。
    ブログ拝見しました。
    お互いお金持ち目指して頑張りましょう!

  5. 全然寂しくならないというのがいいですね。
    自分もひとりでいるのは好きなのですが、寂しさは感じますね。

    FXで儲けられるといいですね。

  6. ニト より:

    たいがさん
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    ごくごく稀に寂しく思うこともあるのですが、時間が経つとどうでも良くなったりします。
    なので、そういう気持ちの重要度は低く感じるんでしょうね。

    たいがさんは常に寂しく感じますか?
    また、寂しさの解消法などはあったりするんでしょうか?

  7. ニトさん。こんにちは~
    遅れてしまいましたがはじめまして。よろしくお願いします。
    コメント返しありがとうございます。

    そうですね。20代後半から、わりと、さびしいときがありますね。
    起きた時、寝るとき、一人で外にいるときに、寂しく感じることが多いですね。
    まあ、女の人を抱きしめたくなる時がありますね。
    解消法は、とくにありません。

  8. ニト より:

    たいがさん
    お返事ありがとうございます。
    なるほど、結構頻繁にあるのですね。

    >まあ、女の人を抱きしめたくなる時がありますね。

    これは男の性ですね。
    私もありますが、こればっかりは耐えるしかありませんw

    寂しくならない方法を考えてみたのですが、「何か目的を持つこと」が一番かなと思います。
    趣味に没頭したり、私のようにお金儲けに没頭したりみたいな。
    私は一人でも結構何かに没頭していることが多いので、寂しく感じることが少ないのかもしれません。
    ご参考までに。

  9. お金儲けは、たいへんですね。
    自分もアフィリエイトとFXはやってたんで。
    アフィリエイトは物販です。

    小説は、地震が起きたところまで読みまた。
    PapaPopoは内気な女子高生だとしても、ほんとうにうざいですね。(とか思って読んでました)
    まだ、結末は読んでませんけど、おもしろいですね。

    こちから、リンクさせていただきました。
    どうぞよろしく。

  10. ニト より:

    たいがさん
    >自分もアフィリエイトとFXはやってたんで。

    そうなんですか、お仲間ですね!
    私は未だにこれといった成果は出せずにいますが、たいがさんは上手く稼げました?
    まぁ今後も焦らずボチボチやって行きたいと思います。

    小説まで読んでくださっているのですね。
    ありがとうございます< (_ _)>
    PapaPopoさんは4章で活躍しますから期待してくださいw

    こちらにもたいがさんのブログリンクさせていただきますね。
    よろしくお願いします。

  11. こんばんは。
    今、小説のほうを読み終わりました。
    なるほど~。PapaPopoには、そういう背景があったんですね~。
    更正して良かったです~。
    雄一郎のところは感動しました。

    相互リンク、ありがとうございます。

    FXは2006年頃から、2008年12月までやってました。
    まあ、トータルでいえばプラスなんですけど、いまは、距離をおいてます。
    まあ、そのうち、始めるかもしれないけど。

  12. ニト より:

    たいがさん
    楽しんでいただけて良かったです。
    新しい長編をいつか書きたいと思っているので、その時はまたお願いします。
    あと思いつきで書いたショートショートを、このブログの小説カテゴリーで掲載しております。
    よかったらご覧ください。

    FXは勝ち逃げ状態なんですね。
    始めると色々生活に弊害も出てきますし、勝ち逃げ状態が一番理想なのかもしれないですね。
    始められた時に勝てる手法をお教えできるように研究を続けておきますw