ダメ人間誕生前夜

スポンサーリンク

ダメ人間への道を決定づけた分岐点

私がまだ大学生の頃の話。
苦学生だったニトは、コンビニの深夜バイトをしながら大学に通っていた。
深夜バイトをやっている人は、20代のフリーターが中心。
深夜のシフトは時給が割増されるため、週4くらい入れば1人で生活していけるくらいの給料になるのだ。

若いスタッフが多い中、一人だけ35歳くらいの中年の男性(Aさん)がいた。
当初、私はAさんと一緒のシフトに入る機会がなかったのだが、Aさんの噂はよく耳にしていた。

使えない」と。

ある日、私はAさんと一緒のシフトに入ることになった。
背が低くメガネをかけた、いかにも気弱そうな人物。
ドラマ『電車男』に出てくるオタクっぽい伊藤淳史さんにそっくりだった。

噂通り、Aさんは要領が悪く、仕事ができない人だった。
レジ打ちは遅い、品出しは雑。
しまいにはお客さんを怒らせ、説教までされる始末。
私は頭を抱えた。

休憩中に世間話をしていると、Aさんは仕事ができないだけでなく、一般的に言われる「ダメ人間」であることが分かってきた。

35歳までずっとフリーター。
色んなアルバイトをクビになって転々としてきた。
その上、借金が500万以上あり、親に肩代わりしてもらっていた。
借金の原因は出会い系サイトで知り合った中国人の女性に貢いだせいだという。

Aさん曰く「日本人の女性には相手にされないけど、中国人なら結婚できる」と・・・。
騙し取られた後でも、出会い系で新たな中国人と出会ったり、Aさんは全く懲りていなかった。

また、Aさんは根拠のない自信家だった。
「40歳までなら就職できると思うんですよ」と正社員経験0なのに就職できることを信じていたし、借金もすぐに返済できると豪語していた。
新しく出会った中国人の女性とは結婚できると疑っていなかった。

普通の人ならこんな話を聞いて、Aさんを見下すのかもしれない。
しかし、当時の私が感じたのは「尊敬の念」だった。
それまでどんな人にでもいいなと思える部分があったのだが、Aさんにはうらやましいと思える部分が一つもない
こんな人も世の中にいるのか。
ダメな道を極めるのは、それはそれですごいのかもしれない、と。

私はAさんとシフトに入るのが楽しみになっていたのだが、その後しばらくして、Aさんは敢え無くコンビニをクビになった。
正社員になれたのか、結婚できたのか・・・、Aさんのその後は窺い知ることはできなくなってしまった。

現在31歳無職のニト。
当時のAさんの年齢にどんどん迫ってきている。
そして、ダメ人間への道を着実に進んでいる。

今の大学生から見たら、私はAさんと同じように映ることだろう。
Aさんを見下すことなく、尊敬してしまった私にはダメ人間になる素質があったということなのだろうか・・・。

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. なかなか田中 より:

    自信を持つことはいいことですよね。若さ、もしくは根拠があればですが・・・。
    Aさんばりの楽天家にはなりたくないですが、少しぐらいは見習いたいです。
    と同時にニトさんも凄いですねww
    仕事ができない+自信家なんて同僚として最悪コンボの相手を尊敬できるとは。
    器がでかいというかすごい包容力というか。

  2. ニト より:

    なかなか田中さん
    自信を持つことに関しては、良し悪し両面あると思います。
    なので無理に「自信を持とう」と思わなくてもいいんじゃないでしょうか。
    自信を持っていた方が楽しく生きれそうなのは確かですがw
    Aさんのインパクトは私の中で凄まじく、仕事ができないなんてことは気にならないくらい面白かったんです。
    昔から、Aさんのようなちょっとヘンな人が好きなようですw

  3. MK より:

    ニトさん、
     読んでいて若いころに知り合いにいたAさんのことかと思いましたよ。
    時代と場所がちがってもにたような人がいるんですね。
    そのAさんなんか、こちらがその根拠のない話しに「そんなにうまくいくんですか?」と突っ込むと、コンコンとお説教を聞かせていただけましたよ。
    Aさんは刺激がきつすぎたのでいつも間にNさんという世慣れた人が入ってくれていました。
    「K,おまえなもうAのこと相手にしちゃいかんぞ。」よくいわれました。
    理路整然と話が展開していくニトさんとはにてもにつかない人でしたAさんは。

  4. ニト より:

    MKさん
    MKさんの近くにも似たような人がおられたんですか。
    お説教されるのはちょっと腹が立ちますねw
    記事中のAさんも熱く語っていましたが、私は「そういう考えもあるんだなぁ」と興味深く話を聞いていた記憶があります。
    >「K,おまえなもうAのこと相手にしちゃいかんぞ。」よくいわれました。
    これが普通の反応ですよねー。失敗した(>_<)
    理路整然としているというのは初めて言われました。ありがとうございます!

  5. MK より:

    ニトさん
     ぼくはAさんの理屈?屁理屈?を語る様子にあっけにとられてたんですよ。
    じつはそこに別のNAさんという人もいてその人は頭がすごくよかったんですが、ときどき言ってることがわけわからなくなる人でした。
    AさんNAさんは全然馬が合わない。そこへNさんがまあまあま、と入ってくれる。
    いったい何の集団なんだ?
    4人全員で話しがかみ合ったことはないです。結局はみんなNさんつながりでした。
    Aさんのその後はわかりません。

  6. ニト より:

    MKさん
    面白い集団ですね。
    職場とかだったら笑えないのかもしれませんが・・・。
    Nさんのような潤滑油的な存在はどこでも貴重ですよね。