静かな狂気

トップ(FX トレード実践記)

ここ最近、他のことがダメダメなこともあって、稼げているFXに力を入れまくっている。
それは親がドン引きするくらい、鬼気迫る勢いで。
起きている間は四六時中FXのことを考えているし、寝ていてもチャートや値動きの夢ばかり見ている。
先週はそんな心理状態の中にも冷静さがあり、結果に繋がっていた。
しかし、今週は・・・。

スポンサーリンク

情熱と焦りで曇った相場メガネ

今週は昨日の記事みたいなことや他にも嫌なことが重なり、心労が溜まっていた。

(このままじゃいけない、もっと稼がないと・・・。)

心労は焦りを生んだ。
情熱はそれ単体では効果を発揮するが、焦りとブレンドされると熱くなりすぎてしまう。
熱くなりすぎた脳は冷静な判断力を失い、熱さで曇ったメガネは前を見えなくした。
当然その先に待っているのは空回りである。

プラスになっても全然満足できない。
「もっと稼がないと。もっと!もっと!!」という悪魔の囁きが無謀なエントリーを誘い、折角の利益を次々と飛ばしていく。
ふと気づけば、利益どころか大きなマイナスを抱えている。
そこでふと我に返るのである。

「なんでこんなことやってしまったんだ・・・」

冷静さを取り戻した私は、執念でマイナスを微マイナスにまで減らす。
寝る時間が遅くなった。

そして翌日。
翌日の微マイナスをチャラにし、更に利益を積み上げる。
「もっと!もっとだ!!」
熱くなるうちに利益を飛ばし、損失を大きくする。
ふと冷静に戻り、執念で微マイナスに持ち込む。
睡眠時間が更に減る。

今週はずっとこれを繰り返していた。
ある意味、狂気に囚われていた。
どんどん体調は悪くなるし、もし、冷静さを取り戻した後のトレードがマイナス続きだったら・・・と思うとゾッとする。

今週はルールさえ守っていれば、実はほとんどの日がプラス収支で終われていた。
無駄な労力を使い、無駄に体力を削り、マイナスを生みだしていたのである。
今週も今日で最後。
何のためのルールかを考え直し、冷静にじっくり相場を見つめ直そうと思う。

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. アナグマン より:

    損失を小さくできるというのも、毎日ちゃんと研究しているからなんだと思います。
    すごいですよ。
    わたしは今月ひたすら負けに負けてフルレバフルポジで3倍負けて傷口広げてボロボロですよ。株だけじゃなくてFXも連戦連敗で追証メールがバンバン届くし。去年一年間ひたすら負けたから今年こそはと立て直してたけど、けっきょく全部ダメでしたわ。
    ニトさんはこーならないよう、上手く立て直してください。

  2. ニト より:

    アナグマンさん
    お久しぶりです!
    最近はブログ更新もうされていないんですね。

    アナグマンさんも狂気に囚われてしまったんですね。
    やはり相場はムキになってしまうと負けですね。
    最近は手法なんか実は全然勝ち負けに関係なくて、マイルールを守って、安易なエントリーをせずに「チャンスを待つ」事ができれば、それが一番プラスになる近道になるような気がしてます。

    言ってることとやってることが違ううちはまだまだダメですけどね。
    精神修行だと思ってお互い頑張りましょう。