完全ニートマニュアル17

雑記 完全ニートマニュアル

スポンサーリンク

Lesson17 パチンコ・パチスロで稼ぐ

今回はパチンコ・パチスロで稼ぐ方法を紹介します。
と言いたいところですが、私自身がパチンコ・パチスロをほとんどやったことがないので、説明を聞いてもチンプンカンプンだったりします。

なので、一応私の理解している範囲で説明をちょこっとさせていただき、こういう方法もあるんだということだけ知ってもらえればと思います。
興味をお持ちの方は、詳しく説明されているブログをご紹介しますので、そちらを参考になさってください。

パチンコ・パチスロで稼ぐと言っても、パチンコ屋に言って普通に打っていたら十中八九負けます。
パチンコは釘をチェックし、球が出やすい台を選んで打っていきます。
パチスロは回転数(ゲーム数)に応じて当たる確率が変動するらしく、その機能を利用して当たる確率のある台だけを打っていきます。
こうして当たる確率と資金効率を勘案し、プラスになる台だけを狙い撃ちすることで、資金を増やしていく方法です。

この方法を使って稼いでいるパチプロも多いらしく、そう簡単に良い台にはありつけないので、多くのパチンコ屋を巡り時間をかけることのできる体力が必要となります。
また、台の知識も必要で、頻繁に新台が入荷される最近のパチンコ屋では常に最新の情報を取り入れ勉強していくことも必要となります。
稼げるかどうかは「いかに良い台を打てるか」にかかってきます。

パチンコ・パチスロで稼ぐことの利点

パチンコ・パチスロ好きであれば楽しく稼げる
この稼ぎ方をするのであれば、パチンコ・パチスロが好きということは必須条件と言って良いと思います。
最新知識を興味をもって取り入れられるか、パチンコ屋に行くことが苦にならないか、これで全てが決まると思います。
好きでなかったら続きません。

すぐに収入になる
勝ったら即換金できるのは大きな利点です。

勝った場合のリターンが結構大きい
これは運の要素が強いですが、以前相互リンクさせていただいていたブログ(現在は削除されています)では、多い時には1日10万くらい稼いでいました。

パチンコ・パチスロで稼ぐことの欠点

収入が安定せず、マイナス収支にもなる
上述の通り、あくまで「勝つ確率を上げる」打ち方なので、絶対に勝てる訳ではありません。
どれだけ確率が高くても運が悪ければ負けることもあります。
そのため、資金がマイナスになるリスクは常にあります。

ライバルの存在
パチプロが多くひしめく業界なので、良い台は取り合いです。
パチンコ・パチスロで当たる確率とともに、良い台に座れるかどうかも運任せとなります。
1日に4、5件のパチンコ屋を回ったりする体力も必要となります。

パチンコ屋の仕様変更で稼げなくなるリスクが常にある
詳しくは分かりませんが、私が学生の頃は少し知識があれば誰でも稼げる台があり、荒稼ぎをしている人もいたようです。
しかし、最近ではそういう台は撤廃され、簡単に稼げる台は存在しないようです。
今後もどんどん稼げなくなるような仕様に変更されることが予想されます。
いつまでも続けられる方法ではないことを常に考えておく必要があります。

総評

パチンコ・パチスロが好きな人で、1日中パチンコ屋にいても苦にならない人に向いている稼ぎ方です。
ただ、1日中パチンコ屋に缶詰になってしまうので、他のお金稼ぎがしずらくなりがち。
有効な時間の使い方を考えながら、やる必要があるかと思います。

最後にパチンコ・パチスロの稼ぎ方が詳しく書いているブログを紹介します。
金儲けどーやるの?
現在は更新停止していますが、パチンコ・パチスロで稼ぐ理論的な部分から実践方法まで詳しく書かれています。
興味がある方はぜひ読んでみてください。

それでは今日はここまで。See you next time!

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 野菜 より:

    お久しぶりです。
    その節はどうもお世話になりました。
    お陰様で精神の調子は優れ、なんとかよろしくやっています。
    先に、余計な事を言います。
    パチンコで生活している知り合いがいるもので、曲がりなりにもある程度事情を知っています。
    ニトさんの記述通り普通に打っていて勝ち目は無いと言うのは正しいのですが
    確率が変わる回転数というのはありません。
    当たりやすい回転数、専門用語を使うと波やホルコンと呼ばれる立ち回りは”オカルト”と一蹴されています。
    じゃあどうやって勝つのか、と申しますと釘を読んで勝ちます。
    ttp://pachinko.infosupply.biz/border/
    これを”ボーダー理論”といいます。
    詳しくはこちらに乗っているのでお時間のある時にでも。
    失礼しました(´・ω・`)

  2. 野菜 より:

    文を読み直してみたらなんと偉そうな・・・
    自分の得意ジャンルだったものでつい粋がってしまいました。
    ごめんなさい。
    余計な事はお気になさらないでください。

  3. ニト より:

    野菜さん
    お元気になられたようで何よりです。
    確かにゲーム数で確率が変わるのはパチスロだけっぽいですね。
    ちょっと書き方を変えておきます。
    詳しくないことを記事にするもんじゃないなぁ(-_-;)
    書き方についてはお気になさらずw
    野菜さんは優しいですね。
    指摘いただきありがとうございました。