心が折れた後の呪縛

トップ(雑記)

「病人」からの卒業
私が以前の会社を辞めた理由は、精神的な病気であった。 会社勤めの後期は、後ろ向きな考えにとらわれ、意欲を失くし、時には死ぬことを本...

病院に通わなくなってから2カ月ほど過ぎた。
完全復活したかと思っていたが、それから1カ月後・・・。

スポンサーリンク

少しずつ狂い始める日常

最後に処方された薬が切れ、4月中旬からは本当に普通の生活に戻った。
しかし、精神の薬は止め時が結構きつい

私は一度体験したことがあるにも関わらず、その事をすっかり忘れていた。

最初に感じたのは「何だか気持ち悪いな」という感覚だった。
調子が悪かった時のような嘔吐感が復活したのだ。
ストレスがそれほど溜まっている感じでもなかったので、寝不足かな?くらいにしか考えていなかった。

それから1週間後――

体調は結構ヤバくなり、ブログを一日お休みしたりした。

そしてFXにもその不安定な精神状態が影響し始める。

静かな狂気
ここ最近、他のことがダメダメなこともあって、稼げているFXに力を入れまくっている。 それは親がドン引きするくらい、鬼気迫る勢いで。...
狂気の果てに・・・
今週も今日で最後。 何のためのルールかを考え直し、冷静にじっくり相場を見つめ直そうと思う。 金曜日の記事で私はこう締めくくり、冷静に...

実はこれでも本人に体調が悪くなっている自覚がなく、親から「体調悪いんじゃないの?」と言われてもスルーしたりしていた。

5月に入ると、状態は更に悪化。
夜一睡もできないことが多くなった。

FXでは、「もう止めよう」「もうやりたくない」と思っているのに、ポジポジして負けてしまうことが多くなった。
ある日は、+4万合った利益を全部吹き飛ばし、-3万になるまでまで止められなかったりしている。

ここでようやく私は、自分が不安定な状態にあることに気づいた。
病院に再び通うのは抵抗があったため、以前貰って飲んでいなかった薬を飲み、何とか今は少し落ち着きを取り戻しつつある。

早く薬を抜きたいが、なかなか簡単には治らないものだ。
それにしても、自分で自分が制御できないって怖い・・・。