【FX】2014年前半まとめ ~迷走時代~

FX トレード実践記

スポンサーリンク

迷走に次ぐ、迷走・・・終わらない負のスパイラル

事の発端は2014年1月のことだった。

それまで好調だったユーロ円が新年早々に突然暴落。
天井Lをしていた私ニトは、モロに損害を被った。
その額-38万円。

それまで使っていたニトの手法は「勝率が高く、波に乗れば大きく勝てるが、外した場合大きな損失が出る」という手法だった。
その特性を使っているニトは充分理解していたため、1月の損失も想定内ではあった。

しかし・・・人間のメンタルはそう強くできていない。
理解していても、損失はあまりに大きかった。

しかも昨年11月からほとんど間を置くことなくの2敗だったこともあり、心が折られたニトは、これまでの手法を捨て損失を少しでも抑えられる手法探しを始めることにした。

ここからニトの迷走が始まった。

「損失を少なくし、勝率を今まで同様にする」というのは不可能である。
損切り幅を狭めてしまえば、それだけ負ける回数が増えるからだ。
そこで考えなければいけないのが、損失と利益のバランス
どの程度の損切り幅にすれば、損失よりも利益の方が勝るのか。

ニトはそれまでスイングメインだったトレード方法をスキャ・デイトレに変えてみたり、枚数を弄ってみたり、損切り幅を変えてみたりと様々な試行錯誤を重ねていった。
平日は変えた手法を試し、週末には結果を見ながら新しいアイデアを加えていく。
しかし、どれも結果は芳しいものではなく、アイデアは浮かんでは消えていった。

そうして4カ月が過ぎ、5月になった。
手を変え品を変え色々試してきたものの、なかなか思うようにいかない現状。

更に「奇数月に勝てない」というジンクスも相まって、ニトは極限の緊張感でトレードに臨む事になった。
「負けるかもしれない」という気持ちでトレードしたところで勝てるはずもなく、ジリジリ負け続ける日々。
毎日少しずつ負け続けるストレスは、まるで真綿で首を絞められるようなストレスであった。

5月後半・・・ニトは冷静な判断力を失い、半ばパニック状態に陥っていた。
無謀なエントリー、狭い範囲でのナンピンを繰り返し、損失が最大になったところで損切りをして更にパニックに・・・。

5月が終了した時には、大きな損失と、含み損のポジション。
そしてPCの前には物言わぬニトの亡骸があったという・・・。
亡骸
キャー!!

こうして半年間を振り返ってみると、下手なホラーよりも恐ろしい。
FXの怖さを体感した2014年前半だった。

6月に入ってから、しばらく落ち着いて相場を眺め、ようやく冷静になれたと思う。
まだ迷走から抜け出せるかどうかは分からないが、冷静さは失わないようにしていきたい。

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ぺー より:

    ぺーです、お久しぶりです!
    ちょっと私情でバタバタしていましたが、またボチボチ活動していこうと思っています(^^;)
    FX苦戦されていたのですね。魔の奇数月のジンクス継続してしまいましたか…。
    また状況が好転されるよう期待しております。
    あと5月24日の滋賀→箱根を日帰りって、すげえ行動力ですね!
    でもパワースポットなら、関西近辺の寺社仏閣、京都・奈良・三重・滋賀にもたくさんあるのでは…?思いましたが、近場ではダメだったのでしょうか…(^_^)

  2. ニト より:

    ペーさん、お久しぶりです!
    しばらくブログ更新なかったので、心配していましたがマイペースで生活されているようでなによりです。
    FXは今月から新たな秘策(何度目の秘策か・・・)を始めたので、これが順調に言ってくれることを祈るばかりです。
    箱根まで行ったのはパワースポットに行くのも目的ではあるんですが、親がずっと遠くにドライブしたそうな感じだったので親孝行の一環でもあります。
    まぁ、1人なら京都や県内で済ませるでしょうねw

  3. ぺー より:

    なるほど、親孝行を兼ねていたんですね、素晴らしいです!
    確かに、1人なら京都・滋賀に良いところはいくらでもありますよねー。

  4. ニト より:

    ペーさん
    はい、喜んでいたみたいなので良かったです。
    京都・滋賀は観光できる所いっぱいあるのでペーさんもぜひお越しくださいw