話し相手サービス開業約半年、念願の・・・!!

トップ(話し相手サービス)

昨年12月にサービスを開始した愚痴聞き・話し相手サービス「ネットの隅の居酒屋さん」
気づけば開業して半年以上が経過していた。
これまで途中経過的な記事をいくつか書いてきたが、その記事を振り返ってみることにする。

スポンサーリンク

開業1か月目~2か月目

とにかくサービスの質を上げようと頑張っていた時期。
競合サイトを見ながら、自分の力でできそうなことをいろいろと研究していた。
その結果、当初先払い制だったものを後払い制にし、料金を10分1000円から700円まで値下げした。
更にこのサイトならではのサービスとして無料チャットサービスを開始した。

後々考えれば、これらの変更(特に後払い方式)が仇になることになる・・・。

→ 話し相手サービスはじめて1カ月経過
→ 話し相手サービス2カ月経過

開業3か月~4か月目

集客方法としてリスティング広告を試験的に開始。
結果的にはほとんど効果なく終わってしまった。
むしろちょこちょこっと書いたブログ記事のほうがよっぽどアクセスを集めるのには効果的だった。

そして、3か月目にして初めてサービス申し込みをゲット!
マックスの2時間までサービスを利用されるも、その利用料金が振り込まれることはなかった・・・。

→ 話し相手サービス3カ月経過
→ 話し相手サービス4カ月経過

5か月目

リスティング広告が切れたため、今度は改めてSEOを狙ったブログを書こうと考えていた。

そんな時、2件目の申し込みをゲット。
2時間マックスまで利用されたものの、またしても利用料金が振り込まれず。
サービス開始から2件連続の未収金事例が発生してしまう(その額、14,000円)。

私は完全に心を折られ、未収金を出さないアイデアが出るまでは積極的に活動しないことを決意したのだった。

→ 話し相手サービス5カ月経過

6か月目~7か月目

未収金を出さないアイデアはこれと言って出てくることはなく、何もしない開店休業状態。
無料チャットに来てくれる人もいなくなり、私がバイトを始めたこともあって、無料チャットの定期開催は休止となった。
このまま収入が得られることなくサービス終了かな・・・そう思っていた。

8か月目

開店休業状態が続く中、ある日突然、無料チャットの申し込みメールが届く。
「そんなまさか・・・」とは思いつつも、丁寧に書かれたメールに「本物っぽさ」を感じ、急いで返信する。

これまで騙され続けていたので、「メールは返信してくれるだろうか?」「予約時間に来てくれるだろうか?」と事あるごとに不安になるが、私の不安をかき消すかのように、その人は最高に丁寧なお客さんだった
無料チャットだけにとどまらず、愚痴聞きサービスまでも利用していただき、なんと即日入金。
初めて愚痴聞きサービスで収益を確保することができたのだった。

実はこの方、六畳の主さんのブログ経由で来ていただいたらしく、このブログも見てくれており、未収金事件のことなども把握した上でお申し込みいただいていた。
ここまで熱心に見てくれるお客さんはそうそういないと思うので、これからのヒントにはなりにくいだろうが、ちゃんとしたお客さんが来てくれたことに感動しっぱなし&「ちゃんと愚痴聞きできてたかなぁ」と心配だったりもする。

これからどうしよう・・・?

さて、初収入を得たことで俄然やる気が戻った(単純)愚痴聞きサービスだが、これからどうしていけばよいのだろうか。
現在はアフィリエイトに力を注いでいるため、愚痴聞きサービスにあれもこれもと力を入れるとどっちつかずになる可能性があるが、ある程度簡単な見直しはしたほうが良さそうな気がする。

上述したお客さんにもアドバイスをいただいたりしたので、それも参考にしつつ、ダメなところを見直したい。
まずは初回利用の人の時間制限をつけてみようか・・・。