相場は人生と似ている

雑記

スポンサーリンク

チャートも人生もアップダウンは同じ

書くネタに困ったのでくだらない話を一つ。

チャートを見ていると、こういう上げ下げって色んなことに当てはまるなーと感じることがある。

その一つが人生のバイオリズム。
チャートと人生のバイオリズムが似ていると思う点は4点。

上げ続けたり、落ち続けたりすることはない
→人生も良い時も悪い時もある

動きがない時(レンジ相場)と、大きく動く時(トレンド相場)がある
→同じ学校・職場にいる時に大きな転機はそうそうないが、昇進・結婚・転職などで一気に人生が動く

上がる時よりも落ちる時の方が早い
→人間も堕ちる方が簡単

大きな上げ(下げ)後の戻しが大きい
→良いことが続けばその後の嫌な出来事はすごく不幸に感じるし、悪いことが続いた後の良い出来事は些細でも幸福に感じる

相場も人間が動かしているものなので、気分の変化などは似てくるものなのかもしれない。
ということで、自分の人生にピッタリハマるチャートがないか探してみたところ・・・あった!

人生と相場

ある時のユーロ円4時間足
誰も興味ないと思うので、詳しい説明は省略。

でも大学在籍時は「これからバラ色の人生が待っている」と疑わなかったし、第1回ニート時代は「もうダメだ・・・人生オワタ」と思っていた。
こういうのって市場の心理に近いものを感じる。

第4回ニート時代以降のチャートは怖くてしっかり見ていない。
テクニカル分析に詳しい人は予想してみてください。
分析力がすごい人ならニトの末路が見えてくるかもしれない・・・。

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. MK より:

    なるほど人生の浮くばっかりだったり沈むばかりというのはないですもんね。なるほど。

  2. ニト より:

    MKさん
    浮き沈みというのは必ずありますけど、浮いてる時、沈んでる時には「もう下がらないんじゃないか(上がらないんじゃないか)」って思いがちですよね。
    特に沈んでる時には、「いつか上がる」と信じられるようになっておきたいものです。
    相場では逆張り思考はダメだと言われてますけどw

  3. MK より:

    そうですよね。沈み出すと底なし沼かと思いますね(笑)相場と人生の違いは底まで行くとまた浮くところですね。株だと完全に底(倒産)というのがありますが人生は自分次第で倒産は回避できますよね。一度理解した気になっても次に沈むとまたマイナスなことを考えてしまうんですよ。そこを克服できるとずいぶん人生は楽になるんでしょうね。

  4. ニト より:

    MKさん
    なるほど、私はFX専門なのであまり意識しないのですが、確かに株だと倒産リスクがあり、FXだと通貨や国自体が消えてしまうとおしまいですね。
    終わりってことを考えると「人生での倒産=死」ってことかもしれません。
    ちょっとやそっと沈んだくらいで死にはしませんけどw
    >一度理解した気になっても次に沈むとまたマイナスなことを考えてしまうんですよ。
    本当にこれの繰り返しですよね。
    同じ間違いを繰り返してしまうことも、相場と似てますw