【FX】大反省会

FX トレード実践記

スポンサーリンク

負け、負け、また負け・・・

昨日は結局、-21,944円でした。
もう資金もあまりないっていうのに、負けすぎやでぇ・・・。

そこで今回は、何がダメでこんなに負けたのかを検証するべく反省会を開く事にする。
読んでいる皆様もこれを教訓にしていただければ幸いである。

今回の負けパターンは、【FX】トレンド転換時の判断力で書いたようないつもの負けパターンとは少し異なっている。
いつもの負けパターンというのは、「一つのポジションにこだわり、ナンピンをしすぎて大きく負けてしまう」というもの。
絶対に上がる(下がる)という意識が強すぎたり、損切りをし損ねてナンピンで救出しようとした揚句に大きくやられてしまうパターンである。

しかし今回は、一発で大きく負けたのではなく、3勝18敗という驚異の負け率によってこれだけのマイナスとなった。
最近はポジションを取ると同時にストップも設定しているのだが、今回はこれがアダになった。
ストップの設定はおおよそ-10~-20pipsくらいで設定しているが、ノイズ(ちょっとした反対方面の動き)にかかるかかる。

大きな方向性が合っていても、こういったノイズに引っかかっては負け、ドテンして大きな方向性と逆のポジションで負け・・・としているうちに18敗(-200pips以上)というどうしようもない結果となった。

更に今回ダメだったのは、ポジポジ病(頻繁にポジションを持つこと)だったこと。
昨日だけで計27回もエントリーしている。
普段多い時でも10回前後なので、この異常さが分かるだろう。
前日に上手く取れなかったことで(やる気のない日参照)イライラし、何とか儲けようとしたことが空回りしてしまった。

今回の反省と前回の反省(→【FX】トレンド転換時の判断力)をを踏まえて、今後のトレードのルールを決めることにした。

  • その1、根拠のないトレードはしない
  • その2、根拠が消えたら即損切り
  • その3、一度負けたら、冷却タイムを置く(1時間)
  • その4、3回連続で負けたら、その日のトレードは終了
  • その5、損切り幅は、相場に合わせて10pips~50pipsの間で設定する
  • その6、救出ナンピンはしない

この6項目を守っておけば、大きく負けることはないはず。
とかいいつつ、今既にルールを破ってるポジションあるのだが・・・。
とりえあず、ポンドを助けてくれー!!

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. tasuketeneet より:

    ボラがすごくてやり難い相場ですね・・・
    自分も結構やられてしまいました。
    冷却タイムほんと大事ですw

  2. ニト より:

    tasuketeneetさん
    最近、ポンドの本領が発揮されてますね。
    ポンドにだけは手を出さない方が無難です・・・。
    午前中だけで2円上げとか笑うしかないですねw
    冷却タイムはやっぱり重要ですよね。
    こういう相場は暑くなると必ず負けます・・・。

  3. axe より:

    ポジポジ病は自分もよく掛ります
    自分の場合は損をした時よりも儲け損なった時の方が
    悔しい感情が強いので余計に不用意なポジションを取ってしまいます
    難しい相場が続いていますがお互い頑張りましょう

  4. ニト より:

    axeさん
    そういえば今回は儲け損なったことが原因のポジポジ病ですね。
    確かに儲けていたのにそれがゼロ(マイナス)になると普通に負けるよりも悔しいかもしれないです。
    axeさんはしっかり研究された上でトレードされている印象がありますが、ポジポジになることもあるんですね。
    それでもかなりプラスだったのでうらやましいですw

  5. ラマ より:

    今回のポンドはボラは異様に高いですが、ファンダ的には素直な動きだったと思います。
    ポンドに手を出さない方がいいと言うより、独立住民投票のような大きなイベントに対して充分に身構えるべきかなあと
    なんか偉そうでスミマセン(^_^;)

  6. ニト より:

    ラマさん
    私はFXのファンダはほとんど否定派なのですが、今回ばかりはその通りですね。
    住民投票の結果が賛成でも反対でも下げると踏んでいたのでSしたのですが、どうやらエントリーが早すぎたようですw
    ただし、ポンド自体はこういうことがなくても平気で200~300pipsは動く通貨ですので、安易に手を出すのは危険だとは思います。