利確への道

FX トレード実践記

スポンサーリンク

運命の雇用統計・・・

昨夜は米の雇用統計が発表された。

FXでは月に1度のお祭りだ。
なぜかというと、どの通貨も大きく動くから。
普段いつ動くか分からない相場だが、この時ばかりは確実に動くので世界中の投資家が注目しているのだ。

当然ながら私もPCの前にスタンバイしてどう動くのか注視していた。
10月4日以降、頑なに握りしめているドル円とユーロドルのポジションが天国か地獄かの境目なのだ。

ドル円の現状

(USDJPY)2013_10_23
上の画像はドル円の4時間足チャート。

赤い▲が私がLしたところだ。
私の誤算は17日だった。
99円をつけたドル円がそのまま99.2に到達していればそこで決済するつもりだったのだ(黄色の矢印が当時の私の予想)。

しかし、実際には99円をつけてすぐ反転、下落し始めてしまった。
私は動じなかった。
予想よりも早く調整に入ったが、ふふふ・・・、まぁ誤差の範囲だ。
またすぐに上がり始める。

そして昨夜の雇用統計を迎える。
赤い矢印が雇用統計が始まる前の私の予想。
調整も済んだことだし、ここから一気に99.8まで狙えるはずだ!
一瞬でも到達したらすぐに利確してやるぜ。

しかし指標結果は悪く、上がるどころか下がってしまった。
その後、一度は体勢を立て直すかに見えたが結局下落。

このSSを取った後、一気に下がり現在97.32・・・。
このままだとマイナスに転じそうな勢いだ。

ユーロドルの現状

(EURUSD)2013_10_23
上の画像がユーロドルの4時間足チャート。
青い▼が私がSしたところだ。
こちらの誤算も17日。
Sしたもののなかなか下がらないと思っていた矢先、逆に上がってしまったのだ。

この時点で正直ヤバかった。
というか、損切っておくべきだった。
私は逆に追加Sをしてすぐに腐らせるという暴挙に出てしまった。

そして雇用統計。
期待薄なものの、下がってくれと祈るしかなかった。
しかし淡い期待は見事に打ち砕かれた。
正直、ユーロドルはもう目も当てられない状況。
1.39まで上げるようにしか見えないのだ。

なんとか調整で下げた時に損切りするしかないと思っている。
はぁ・・・どちらも17日に切っとけば良かったのだ。
+13万で我慢しとけば。

今や―7万オーバー。
利確への道は遠い・・・。

※ブログランキングに沢山のクリックありがとうございます!
このブログに来てくれる人は良い人ばっかりで泣きそうですw

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. FC2USER865914QPC より:

    利確のタイミングって難しいですよねえ。
    私もドル円を98Lを持っています。今は赤字に突入しちゃいました。
    まあ、今のところ金融緩和の時期がずれ込むだけと思っているので焦ってはいません。むしろ買い増そうかと考えています。
    ただ、中国の様子が怪しくなってきたらやばそうなので、追加もためらっています。

  2. ニト より:

    私は我慢できずに底で決済しちゃいました(泣)
    2番底を狙って買い直ししたいとは思っていますが、どうなることやらです。
    私はファンダはほとんど気にしないスタイルなのでよく知らないのですが、中国は何かやばそうなことがあるんですか?

  3. かみゅ。 より:

    100円でも勝ちは勝ち。
    この考え方が大切だと思います。
    私もなかなか出来ませんが、昔よりはマシになりましたよ♪

  4. ニト より:

    かみゅ。さん
    そうですね、何を言おうが利確した者勝ちです。
    しかし、含み益が減った時のガッカリ感はなかなか強烈ですよね~。
    完璧なところでは決済できないと分かっていつつもついつい欲が出てしまいます・・・。