自分の得意なことってなんだろう?長所を探す方法

「雑記」カテゴリーもこれで101記事目。
よくここまで続けられたものだ。
これからも雑記カテゴリーでは私が思ったこと・感じた事を中心に、まとまりなく書いていきます。

スポンサーリンク

自分の長所を見つけるには

さて、以前にも紹介したブログ(相互リンクもさせてもらいました)でひきこもりでも特性を活かせば人並み以上に戦えるという記事を読んだ。
タイトルからも分かるように、「自分の長所(特性)を知り、それが活きる環境で勝負するのが大事」という内容で、六畳の主さんがどのようにして自分の特性を知ったかが書かれている。

私はこの「長所」「特性」「得意なこと」が未だによくわからない。
小学校~高校までは人から「努力家」などと言われ、自分でもそう思っていた。
そこそこ名のある大学に行けたのも、人より早くから受験勉強をしていたためでもあった。
しかし、大学に入ってからというもの、すっかり怠け癖が身につき「努力家」という特性を失ってしまった。

ニートになったのも「努力が足りない」せいだと思う人もいるだろう。
それ以来、就職活動で「長所はなんですか?」などと言われるとしどろもどろになってしまう。

苦し紛れに古くなった長所「努力家」を出すか、思ってもいない長所を作り上げるしかなくなってしまう。
就職活動であれば、それでも問題ないかもしれない。
しかし記事にもあるように一人で稼ぐとなると、自分の特性を知っておくことは大きなアドバンテージになりうる。
自分の特性を知るにはどうしたら良いのかを少し考えてみた。

1、人からの褒め言葉

自分の特性を知る一番簡単な方法と言えるだろう。
色んな立場の人から同じようなことを言われたとなれば、それは自分の長所にして良いと思う。
私の場合「人当たりが良い」というのは言われることが多い。
ただし、ニートは人と関わる機会が少ないのがネック。

2、人から言われる短所

長所と短所は表裏一体。
例えば私は「がんこ」と言われることが度々あるが、裏を返せば「自分の信念を曲げない」と取ることもできる。
あとは「ダメ人間」「変人」とか・・・。
「変人」はいいとしても「ダメ人間」はどう裏返せばいいんだろう?(@_@;)

3、職業適性検査や性格検査をしてみる

ネットでもよくあるこういう検査は自分の長所を知る手掛かりになるかもしれない。
いっぱいあると思うので自分で探してみてね!
私の場合、こういう検査だと必ずクリエイティブ系の職を推されるが・・・。

ここまで見てきて、私の長所は「人当たりが良く」「自分の信念を曲げない」「クリエイティブなアイデアマン」ということが分かった。
これを活かせて一人で稼げる仕事ってなんだろう・・・?
少なくともFXは向いてなさそうだ(笑)

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ヒヨコ より:

    個人的には、なにが得意かも重要ですが
    何をしたいかを探っていくのがいいかもと思っています。
    人間努力できる事と出来ない事がありますからね。
    私なんぞ、アフィリとかまったく努力できませんでした[絵文字:v-356]

  2. ニト より:

    ヒヨコさん
    自分のしたいことと得意なことがマッチしているのが理想ですね。
    ただ既にやりたいことがある人はいいとしても、やりたいことが曖昧だったり、ない人の場合、得意なことを探すよりもさらに難しいような気がします。
    私もやりたいことをしている感じではないですし・・・。
    そこらへんもちょっと考えてまた記事にしてみようと思います。
    ネタ提供ありがとうございます。

  3. ヒヨコ より:

    >やりたいことが曖昧だったり、ない人の場合、得意なことを探すよりもさらに難しいような気がします。
    そうですね。
    私、昔からなにもやりたい事が見つけられず長い期間悩みました。
    将来の夢とか幼稚園児の時から「わかりません」「何もありません」といって周囲を困らせてましたw

  4. ニト より:

    ヒヨコさん
    私は将来の夢とかありきたりな思ってもいないこと(野球選手とかw)言ってました。
    やりたいことと言っても日々変化していくものですから、なかなか「これだ!」と思えるような物を見つけるのは至難の業ですね。