利確を決める3つの根拠

トップ(FX 必勝法)

利確について考えるの続き。
と言っても前回は「利確は大事で難しいよね~」と言ってるだけなので、今回からが本題となる。

スポンサーリンク

利確の根拠となる3つの考え方

今回は利確を決める根拠を考えてみたい。
人によって様々だと思うが、私が考え得る限り大きく分けて次の3通りの考え方があると思う。
ちなみにチャートの印は適当なので、どれが一番優れている・儲けられるというものではない。

利確の根拠

①ターゲット到達で利確

上のチャートで言えば赤い印で示したもの。
テクニカル分析等で、ここまで行くだろうというターゲットを決め、そこに到達した時に利確する方法。

メリット

  • 分析通りに動けば尻尾まで大きく稼げる。
  • 途中で利確の誘惑に惑わされにくい。
  • 思惑通りに動くと気持ちいい!

デメリット

  • 分析が間違っていると、途中で逆行して損切りになるリスクがある。
  • 分析が間違っていると、もっと大きく伸びて取り漏らすことがある。
  • なかなかターゲットに到達せずに間でウロウロしていると、利確までに時間がかかる。

私が現在メインで使用している利確法。
エントリー地点と利確地点、それに損切り地点だけを見て、間はどう動こうが関係ない。
とにかく分析の正確さと忍耐強さが要求される。

②目標獲得pipsに到達で利確

上のチャートで言えば青い印で示したもの。
~pips取れたら利確と事前に決めておき、到達したら利確する方法。

メリット

  • 相場に合うpipsを目標にしていれば、何往復も取ることができる。
  • 小さめのpips数を目標にしていれば、短時間で利確できる。
  • レンジ相場に強い。

デメリット

  • 目標pipsを相場に合わせて変えなければならない。
  • レンジ相場からトレンド相場に変化する時などに対応しにくい。
  • 取り漏らしが多くなる。

私は使ったことがないため、メリット・デメリットは想像。
特にレンジ相場に強そうな利確法だと思う。
逆にトレンド相場ではなかなか厳しそうではある。

③逆行の形になったら利確

上のチャートでいえばオレンジの印で示したもの。
逆行の形になったらとりあえず利確するという方法。
テクニカル指標での利確サイン、反転サインなどもここに含まれる。

メリット

  • ほぼ確実に利確できるためリスクが少ない。
  • トレンド相場の時に大きく取れる。
  • 苦手なレンジ相場でも立て直しが容易。

デメリット

  • 天井・底で決済できない。
  • 騙しに遭いやすい。
  • 反転のサインを見逃すと痛い目に遭う。

ターゲット到達での利確が最近上手くいっていないことから、この方法に乗り変えようか検討中。
上2つはあらかじめ利確の位置を決めておくものだが、これは相場の流れによって柔軟に対応できるのが強みでもあり、弱みでもある。
反転をどのように考えるかが最重要課題。

他にもあるかもしれないが、とりあえず大きく分けて3種類を紹介した。
これはどれか1つを使っている人もいるだろうし、組み合わせて使っている人もいるだろう。
どの方法も(複数組み合わせたとしても)合う相場・合わない相場というのは存在する
自分のトレードスタイルや性格に合った方法を選んでいくしかないだろう。
今回はメインとなる利確方法を考えてみた。

次回は、それぞれの利確法のデメリットを軽減する補助的な方法を考えてみる事にする。

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする