PCから爆発音の恐怖!突然電源がつかなくなったPCデータ入れ替え法

前々回の記事で「PCが熱を持ってる」と書いたが、その1週間後くらいに突然ぶっ壊れてしまった。

あんな事を書いたが、本当に壊れるとは正直思っていなかったので、まさに青天の霹靂

今回はそんな当時のあたふたと、データの復旧方法について書いてみた。

スポンサーリンク

PC爆発事件

それは8月7日未明のこと。

私はその日仕事が終わりPCの電源を一度落としたものの、ちょっと調べたいことがあり、もう1度電源をつけることにした。

いつもなら電源ボタンを押した瞬間「ウィィィーン」という大きめの駆動音がするのだが、なぜかその日はウンともスンとも言わない。

もちろん、ディスプレイにも何も表示されない。

「あれ?おかしいな」

電源ボタンをちゃんと押せてないかと思い、もう一度電源ボタンをしっかり押してみる。

…しかしやっぱり何も起こらない。

「んー、なんだこれ?」

続いて私はPCのコンセントを一旦抜いてみることにした。

そして30秒ほど抜いたままにして、もう1度差し、電源ボタンを押す。

やっぱり何も起こらない。

これは明らかにおかしいやつだ。

PC本体に耳を近づけてみる。

中から僅かに「カタカタ…カタカタ…」という何かが動くというか、揺れているような音がする。

一応PCの一部は動いているのか?

私は更に耳を澄ませてみる。

「カタカタカタ…カタカタカタ…」

なんとなく、さっきより音が大きくなったような…

「カタカタ…カタカタカタカタカタ」

何かの部品がのたうち回っているのだろうか…?

「カタカタカタカタカタカタカタカタカタ」

え…?どんどん音が大きくなる…

「カタカタカタカタカタカタカタカタカタ」

この時初めて気づいた。

なんか焦げ臭い。

「ガタガタガタガタ」

これ…やぱいかも。

「ガタガタガタガタガタガタガタガガガガガガガ」

「ボンッ!」

中から確実に爆発音がした。

そして、そのままPCは完全に動作を完全停止。

「ニトの日当」を始めた頃からずっと使っていたマイPCは突然お亡くなりになってしまったのだった。

データは…データは無事なのかっ!?

私は長年使って入るが、別にそれほどPCに詳しい訳でもない。

自作PCも作ったことがないし、中の構造もちんぷんかんぷんだ。

そこでスマホを使って、原因を調べてみることにした。

「PC 爆発音 原因」とかでw

すると、どうやら原因は電源にあるっぽい。

PCを分解して中を覗いてみることにする。

中は少し焦げ臭いものの、音の割に派手な破壊箇所は見当たらない。

電源はすぐに見つかったが、それも壊れているのかどうかは素人の目視では全然判断がつかなかった。

とりあえず、電源を外してみよう…。

もしこれで他の部分まで壊してしまったら大変だ。

私は若干緊張しながら、PCの中身を慎重に分解していく。

しかし、電源から他の部位に繋がっているプラグを全て抜いたところでハタと手が止まった。

「これ…外せないやん…」

電源部分はなぜかケースにしっかりと固定されていた。

これじゃケースを破壊しないと電源が取り出せないし、万が一取り出せたとしても新しい電源と入れ替えることは不可能だ。

ネットで見た画像ではそんなケースで固定されていることなんてなかったのに!

余計な心遣いしやがって!!

この時は既に夜中であったが、私は一人悶絶した。

もうこの際、(お金はないけど)PCを買うのは百歩譲ろう。

でもこのPCに入っている大事なデータはどうしたらいい?

しかもデータが無事である保証はどこにもない。

データは、データは無事なのかっ?

私はその夜、全く眠れないまま一夜を明かすことになった。

壊れたPCからデータを救い出す方法

翌朝、私は覚悟を決めて新しいPCを注文することにした。

あー、アフィリエイトで使おうと思っていたお金が飛んでいく…。

まぁPCがなければアフィリエイトも何もないんだけど。

で、肝心のデータは、旧PCからハードディスクを取り出して、新しいPCにくっつけるという方法をとってみることにした。

実物の写真がなくて申し訳ないが、PC内のハードディスクは↓のような形をしていて、私のPCの場合は側面に張り付いていた。

これは、電源と違って、ドライバーで簡単に取り外すことができた。

ずっしりと重いし、後ろの基盤は触れると壊れることもあるらしいので慎重に取り扱う…。

どうかデータは無事でありますように。

で、このハードディスクをどうやって接続するか?

色々調べた結果、外付け用のケースを買うのが簡単っぽかったので、↓のケースを購入した。

これで準備は完了。

数日後、PCとハードディスクケースが到着。

まずはハードディスクをケースに装着。

ハードディスクが最初から入っている外付けHDDよりも一回りスリムなケースで、ハードディスクが本当にギリギリ収まるサイズのため、最初はサイズミスったかと思った。

先にハードディスクをケースの中に入れてから蓋と接続しないと上手く収まらななかったので、少々てこずった。

続いてPCを起動してみる。

これまで頑なにwindow7を使ってきたため、window10やっぱり使いにくい…。

で、いよいよハードディスクとPCを接続!

結果、データは完璧に無事!!

どうやら、起動時の故障の場合、データが破損することは少ないらしい。

ただ、windows7のデータなので、何か不具合が起こるのを危惧して、ソフトウェア自体は旧PCのデータを参考に新しくインストールし直し、データだけを移植することにした。

この時、siriusなどの有料ソフトは、改めて認証コードを送ってもらう必要があるためにメールで連絡を送らなければならず、結構面倒だった…。

まぁ何はともあれ、データが無事だったおかげで、今は以前とあまり変わらない状態のままPCを無事に復旧できた!

色々調べてみると、何とかなるものだ。

普段あまり使わないけど、スマホ持ってて良かったぜw

これからは新しい相棒と稼げるサイトを目指してアフィリエイトを頑張ります!