まさかの上を行くまさかを魅せてくれた人【人会いプロジェクト 第2回】

「人に会わないとマジヤベェよ」と占い師さんに脅され怒られ、頭を振り絞って始めることにした人会いプロジェクト。

奇跡的に応募してくれる人が現れ、10月28日に第1回目を行った。

人会いプロジェクトで実際に会ってきた!
今月初めの記事で「人会いプロジェクト」という、またも素っ頓狂なことを始めたニト。 ただ、「見知らぬニートブロガーに会いませんか...

この会は私の中では大成功だったし、ものすごい楽しかった。

でも、こんなレアな人、そうそういるものでもない。

第1回の記事をアップして、「次回はあるのかな~」なんて考えていたところ、再びまさかのメールが届いたのである。

スポンサーリンク

2回目の応募者はまさかの…

今回のメールの差出人は「那季(ナキ)」さん。

まさかの女性だった。

「えっ、そんなことが許されるの?」

私は最初見た時、こんな見当はずれなことを思った(←中身は中2)。

でも那季さん本人が参加してくれるというのだから、多分許されるんだろう。

そういう訳で粛々とメールのやり取りをし、11月7日に高槻で会うことが決定した。

…やはり、男性と会う時とは違う緊張感がある。

「こんな唐突に会ってくれる人とはどんな人なんだろう?」

私はそればかりが気になっていた。

大阪に知り合いなんていないしなぁ…。

ん?

知り合い??

ふと、頭の中でA8君が飛んだ。

A8フェスティバルに行ってきた云々のお話
めちゃめちゃ久しぶりにアフェリエイターっぽい話。 9月23日、大阪のA8フェスティバルに行ってきた。 以前、情熱自由人さ...

(脳内会議)

まさか、あの会場で会った人では…?」

「いやいや、さすがにそれはないでしょ~。1回会っただけだし、そもそもどうやって見つけるのさ?」

「だよね、じゃあ一体どんな人なんだろう?」

話の流れでもうお分かりだと思うが、結果そのまさかが大正解

那季さんはA8フェスティバルの会場で出会い、一緒にブースを回ってくれた方だったのだ。

たぶん凄いデキる人

実はA8フェスティバルでは那季さんと途中ではぐれてしまい、連絡先交換はおろか、「ありがとうございました」という挨拶さえしないまま別れてしまっており、私自身も、せめて「ありがとう」くらいは言っておきたかったなぁと心残りがあった。

ではなぜ、那季さんはこのブログに辿り着けたのか?

どうやら私が話したいくつかのヒントを元にググったらしい。

その結果「ニトの日当」に辿り着き、確証は無いながらもこの企画に参加してくれた…と。

もうこの時点で色々スゴイ!

  • アフィリエイターとして必須の検索能力
  • 確証なくてもすぐにメールする行動力
  • そして実際に会う勇気

そこまでして見つけてもらった私は大感激ですよ。

たまたま外に出るだけでこんな良い人ばかりに出会えるものなのか!?

それと同時に全然知らない人じゃない分、少しだけ安心した。

合流後は、高槻駅の近くにあった上宮天満宮をお散歩し(詳しくは那季さんのブログで)、芥川商店街の中にあるカフェでお茶。

那季さんの印象としてはかなり高スペックな人

アフィリエイター歴としては私の方が全然長いが、女性にしては珍しく理路整然とした文章だし、どんな仕事でも簡単にやっちゃいそうな感じだ。

また収益を簡単に抜かれる人に出会ってしまったのかもしれない(汗)

でもその高スペックををひけらかす訳でもなく、めちゃくちゃ気を遣ってくれる人でもあった。

一方私の方は、事前にブログの感想を欲しいと言われていたので、それにちょろっとアドバイスしたくらい。

正直、このままやっていればすぐ稼げる人だから、アドバイスらしいことがほとんど言えなかった気がする。

何はともあれ、第2回の人会いプロジェクトも大成功!

那季さんには本当に大感謝!

それと、人会い開運法の効果なのか、A8レビューコンテストで入賞してた!

〇 今回人会いプロジェクトに参加してくれた那季さんのブログ

⇒ 谷町&空堀ライフ

ただここまで2回、私は運気やら人の温かさやら色んなものをいただいている一方、あまりお返しができていない気がする。

(たまにはダメダメな人にも参加してほしいなぁ)と思ったニトであった。

まだまだやります!「人会いプロジェクト」。

参加してくださる方どしどしご連絡を!

※人会いプロジェクトとは?

「人と会えば会うほど開運する」と言われた引きこもりニトが人と会うためのプロジェクト。

「会ってニトの開運を手伝ってやろう!」という人は

info★nito-nitto.com(★を@に変えてね)までご一報くださいませ!

会ってくれる人には、アフィでも、FXでも、引きこもりのことでも、私が持てる知識は全て教えますし、逆に話し相手サービス的な「話を聞いてほしい」っていうのもOK!

もちろん、老若男女は問いません。

私は滋賀県在住でそれほどお金もないのでなるべく近隣の方が理想ですが、遠くに住む人でも興味があれば、まずはご連絡ください!