タイピングで手が疲れる?なら喋ればいいんじゃね?

アフェリエイターの皆さんこんにちは、ニトです。

アフィリエイターの武器といえば記事を書くこと。

しかし、日によっては「タイピングめんどくせえ」「指動かすのさえ苦痛だ」と思う日もないだろうか ?

今回はそんなやる気のない日にちょっとでも記事作成を進めてくれるかもしれない方法を紹介しようと思う。

スポンサーリンク

Googleドキュメントの音声入力を使ってみる

「タイピングするのに疲れたよ…」

そんな時に試してもらいたいのが、音声入力である。

スマホで音声検索って機能があるが、同じように喋ることで文字を入力し記事作成をすれば、タイピングをする労力がグッと抑えられるはずなのだ。

PCでそんな機能を使う方法はないかと調べたところ、ネット上で使える「Googleドキュメント」が音声入力精度が高いということが分かった。

⇒ Googleドキュメントはこちら

誰でも無料で使えるが、多分Googleアカウントは必要。

Googleドキュメントの文章作成ページは、「Word」のような感じでそれほど使ったことがない人でも直感的で使いやすいと思う。

さてさて、肝心の音声入力だが、ドキュメントの作成ページで上部メニューの「ツール」→「音声入力」を選択することでドキュメントの横にマイクが出現する。

PCにマイクを接続し、このマイクをクリックすることで音声入力がスタート。

PCに接続するマイクだが、私はコールセンタースタイルのマイクで特に問題なく使えた。

他にも机に置く放送部スタイルのマイクなんかも使えるらしいし、要するに音声が入力できればなんでもOKだろうと思う。

マイクで話している最中もキーボードは使えるので、適宜修正しながら文章を作成していくこともできる。

もう1度マイクのボタンをクリックすることで、音声入力が終了する。

まだまだなところもあるけど…

実際にこの記事の冒頭は、Googleドキュメントで音声入力し、それを修正してワードプレスの投稿に貼り付けという形で作成している。

上の画像は音声入力で喋ったままの無修正の状態である。

さすがに「ニト」は「2と」になるが、意外と変換ミスは少ない。

だがやっぱりキーボードに比べて、不便と感じる部分もある。

  • 句読点・括弧・改行ができない(喋りながらキーボードで追加していくことはできる)
  • ブツブツ喋ると誤変換が多くなる(ニトの活舌が悪いだけの可能性も…)
  • たまに勝手に音声入力が終了してしまう
  • 喋って入力することに慣れていないため、恥ずかしさがあったりや文章を頭でまとめにくい

ほとんどの問題点が自分の慣れで解決できそうな気もする。

正直、記事作成するには個人的にキーボードの方がまだやりやすいが、使い方によっては結構便利に使えそう。

  • 思いついたことをすぐに喋ってメモする
  • ディスプレイの前にいなくても文字入力できる(音声入力が途切れる問題があるが)
  • インタビューや対談に使えば文字起こししなくて済む?かも

また、

  • タイピングするより圧倒的に早い
  • 口語調の文章なら、タイピングよりも文章が不自然にならない

といった利点もあるので、覚えておいて損はないと思う。

更に音声入力技術が進めば、今後PCの前からキーボードが消える日も来る…かもしれない。

コメント

  1. pc より:

    機密文書の場合、Googleに文書の内容を提供することになりますが(筒抜け)いいんでしょうか?
    (一般に漏洩する恐れもあり)
    セキュリティの厳しい会社は機密文書ではない通常の文書であっても、完全にセキュアでないネット空間に置くことはOUTでしょう。

  2. ニト より:

    pcさん
    コメントありがとうございます。

    >機密文書の場合、Googleに文書の内容を提供することになりますが(筒抜け)いいんでしょうか?
    >セキュリティの厳しい会社は機密文書ではない通常の文書であっても、完全にセキュアでないネット空間に置くことはOUTでしょう。

    そりゃあいい訳ないですよね。
    この記事では機密文書や会社の文書を音声入力で、なんて書いてません。

    個人のアフィリエイター向けに記事を書く補助として書いています。
    記事であればそもそもネットに置くこと前提の文章ですし、文章作成後はドキュメント削除もできますので、そこまで心配する必要はないと思いますが。