接点が全くない状態での初対面で…【第3回人会いプロジェクト】

少し間が開いてしまったが、人会いプロジェクト第3弾!

今回はバリバリ企業で働いているKさん(仮名)と会ってきた。

スポンサーリンク

Kさんが参加してくれたきっかけ

元々このブログの存在すら知らなかったKさん。

なぜそんな人が参加してくれたのかというと、ネットで知り合った方からの紹介がきっかけだった。

「こんな女性いますけど、人会いプロジェクトを紹介してみましょうか?」

というメールをいただき、是非お願いします、と。

それでも応募してくれるかどうかはKさん次第だったが、その日のうちに応募していただき、今回の人会いプロジェクトになったのだ。

これまで会った人はそれなりに事前情報(ブログとかSNSとか)で何が好きかとか興味あることを多少なり知ることができたが、今回はそのような事前情報は数回のメールのやり取り以外なし。

あとで聞いた話ではKさんも敢えて会うまでほとんどブログは読まないようにしていたらしく、お互いどういう人か未知のまま2月4日に会うことになったのだった。

会う前から大失態をやらかす

今回は3回目ということで、前2回に比べれば数日前から緊張するような事もなく、比較的リラックスした状態で当日を迎えることができた。

しかし、その余裕がいけなかったのか、はたまた実はめちゃくちゃ緊張していたのか、私は絶対にやってはいけない大失態をやらかしてしまう。

その大失態とは…ケータイを忘れてしまったこと。

電車の中でケータイがないことに気づき、頭が真っ白に。

それから数秒で立ち直った私は、勝手に頭が急速回転して色々な解決法を考え始めた。

一旦家に帰ろうか?いやいや、電車降りても家まで帰るの大変だ。100%遅刻するし…。じゃあとりあえず行って公衆電話で何とかするか。あ、でも電話番号分かるの自分の番号と祖父の家の番号しかわからん。自分の携帯にかけて親が出る可能性に賭けるか?出なかった場合は祖父の家に電話してそこから辿っていくか……

こういう時って本当に凄い勢いで頭がグルグルするが、焦ってるからその割にすごい見落としがあったりする。

今になって考えてみれば、どこかのネットカフェに入ってメールを開けば、Kさんにメールも送れるし電話番号も確認できてたなーと思うが…。

しかし、そこまで考えが至らなかった私は、公衆電話を探してとりあえず覚えている電話番号に電話したりしてどうにかしようと思ったものの全て失敗。

最後の手段「手当たり次第に声をかけてみる」を実行することに…。

結果として1人目(人違い)に声をかけた瞬間に、Kさん本人が気づいてくれた。

ありがとう!Kさん!

安心感を与えられる人

実はその後も見繕っていたお店が閉まっていたり、他のお店も日曜だから閉まってたり混んでいたりして、なかなか落ち着くところが見つけられないという主催者失格な状態だった私。

しかしKさんは気にした素振りも見せず、積極的にお店探しや会話を楽しんでくれ、本来なら「グダグダなお店探し」の場面を「楽しいお散歩」に上手く演出してくれていた。

本当にありがてぇ。

そんなこんなで結局ファミレスに落ち着き、ドリンクバーを注文してお話しすることに。

Kさんは初対面なのはもちろん、考え方・趣味嗜好など全く私と違うタイプだが、ビックリするほど喋りやすい人で、なんか初対面とは思えないほどに普通に話していた気がする。

それはきっとKさんが人に安心感を与えるようなオーラを放っているからだろう。

実際、色んな人に声かけられるらしい。

その上、話し方や聞いた仕事内容から察するに、めちゃくちゃ仕事できるキャリウーマンである。

頭が切れて仕事できるのに、ノリもよくて話しやすい人ってどんな完璧超人?

と私は思ってしまうのだが、「会社以外の人間関係も作りたい」ということで、今回応募してくれたようだ。

…またもや、凄い人に会ってしまった感じだ。

この企画に来る人がたまたまそうなのか、世の中の人は割とみんな凄いのか…、引きこもりの私はちょっと混乱し始めてきた。

あとKさんに限らず、この企画に参加してくれた人はみんな、人との関わりの重要性みたいな話をしてくれる(私が意図して話を振っている訳ではないが、なぜか毎回自然とそういう話になる)。

人間関係を割とないがしろにしてた私にとっては耳が痛い話でもあるが、人それぞれの人との繋がり方や考え方を聞けるのは本当に面白いし貴重だと思う。

本当に貴重な時間をありがとうございます!

何はともあれ、今回も大成功!(主にKさんのおかげで!)

今後もこの企画を通して色んな人の考えに触れ、楽しい時間を過ごしていきたい。

(もちろん、開運も!)

皆様のご応募まだまだ待っております!

人会いプロジェクトはじめました!
どうも、このブログの管理人ニトです。 突然ですが、私と会ってくれませんか? 今「何言ってんだ、コイツ?」と思いま...