健康・医療アップデートに見る今後のアフィリエイトの方向性

かなり今更な話題ではあるが、昨年末にGoogle検索に大きな動きがあった。

グーグルの公式ブログには次のように書かれている。

Google では、今週、日本語検索におけるページの評価方法をアップデートしました。

この変更は、医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。本アップデートは医療・健康に関連する検索のおよそ 60% に影響します。Google では、医療や健康だけに限らず、今後も継続的に検索の改善に取り組んで行きます。

出典:医療や健康に関連する検索結果の改善について

ぱっと見、すごい良いアップデートのように思えるが…。

スポンサーリンク

アフィリエイターにとっては割と大変

健康・医療分野と言えば、アフィリエイトでもかなり大きなウエイトを占める分野である。

なぜなら、検索する人の悩みが深いから。

例えば娯楽商品とかであれば我慢して買わない、という人でも、自分が困っている病気が治る薬・サプリなどであれば多少高くても買う人が多いだろう。

そのため、アフィリエイトとも相性がよく、その昔は検索上位にさえあれば「この病気の人はこの商品がいいですよ」と書くだけでも結構儲かっていたらしい。

それができなくなるアフィリエイターにとっては結構大変かもしれない。

私自身もいくつか健康に関するサイトを持っているが、実は順位は下がるどころか一部のキーワードは上がっているくらいなものでそこまで影響はなかった。

これは私自身のサイトの質が高いというより、他が低すぎたせいだろう。

ただ、健康・医療に直結するようなキーワード(病名や症状など)では、2,3位くらいにいたのが、いつの間にか圏外になったりもしている(ずっと確認してなかったので今回のアップデートが原因かわからないが)。

もし健康・医療分野のアフィリエイトをするのであれば、今後は医療・健康からはちょっと遠まわしな悩みキーワードを狙ってみるのがいいかもしれない。

コンバージョンはどうしても遠くなってしまうが。

まぁ今回は私にとっては痛くもかゆくもない検索変動だった訳だが、個人的には別の意味で危機感を感じている。

リアルに近づきつつあるネットの世界

その危機感とは、リアルで声が大きい人がネットでも声が大きくなる、ということ。

今回の医療・健康アップデートは信頼性が低いとされる個人サイトが軒並み検索順位を落とし、医療施設や製薬会社などの公式サイトが順位を上げている傾向があるようだ。

現に上で紹介したgoogleのブログでは

もし、あなたが医療関係者で、一般のユーザーに向けたウェブでの情報発信に携わる機会がありましたら、コンテンツを作る際に、ぜひ、このような一般ユーザーの検索クエリや訪問も考慮に入れてください。

と、「医療関係者以外、医療・健康に関することは書くんじゃねぇ」と取れるようなことも書いてある。

つまり、医療関係の専門家が言うことは信頼でき、素人の個人意見は信頼できない、ということ。

実際これに納得する人は多いだろう。

しかし、専門家がいつも正しいとは限らない。

特に自社の製品やサービスに関して誇大に良く言うことなんて、簡単に想像できる。

ネットはそんなメディアで持ち上げられる専門家(企業)の物やサービスに対して、個人が自由に意見が言える場でもあった。

だから口コミとかレビューが沢山あるんだし、時には公式よりも口コミの方が当てになるって人すらいるくらいだ。

今回のアップデートは、そんな個人の意見を封殺(検索順位が下がってしまったら誰も見ないから)してしまう可能性があるのだ。

一個人としてアフィリエイトしている身としては、このような風潮が広がることに危機感を感じずにはいられない。

今後、医療や健康だけでなく、他の分野にまでこのアップデートが広がってしまえば、どんな検索結果も○○の専門家のサイトしか上位に出てこなくなるかもしれない。

元々誰でも同じ立場でものを言えるのがネットの世界だったはずだが、リアルで影響力の強い人がネットの世界でも同じように影響力が強くなる形に変わっていってしまうのかもしれない(まぁSNSではもうなってるけど)。

それってもうネットである意味があるのかどうか…とも思うが、ここを個人で立ち向かうためには匿名を捨てて、ある程度自分をブランド化していくしかないのかもしれない。

2つのアフィリエイト戦略
私がLUREA(ルレア)という情報商材を購入してから大体1年が経った。 この1年、早かったような短かったような。 で、肝心の...

具体的には上の記事で書いた2番目の戦略だ。

ニトブランドを普及させるべく、もっと記事いっぱい書いていかなきゃなぁ…。

え、もう失墜してるって!?

コメント

  1. おはようございます。

    突然のコメント失礼します。

    ブログ、読んでいて勉強になりました。

    ブログ記事内にあります、

    >元々誰でも同じ立場でものを言えるのがネットの世界だったはずだが、リアルで影響>力の強い人がネットの世界でも同じように影響力が強くなる形に変わっていってしま>うのかもしれない(まぁSNSではもうなってるけど)。

    ここ、たしかにおっしゃる通りですね。

    平等だったネットの世界が変わってきていますからね。

    実際、フェイスブックやTwitterを見ていても、
    リアルで活躍している人がSNSでも活躍していますからね。

  2. ニト より:

    石川たけとしさん

    コメントありがとうございます。

    >平等だったネットの世界が変わってきていますからね。

    >実際、フェイスブックやTwitterを見ていても、
    >リアルで活躍している人がSNSでも活躍していますからね。

    そうですね。

    こういう方が注目されるのはしょうがないですが、それが逆に一般人は発言できない・しにくい状況になってくるとちょっと困ります。

    そうなる前に何とか手を打っておきたいところです。

    石川さんもアフィリエイターなんですね。

    色々環境が変わってきて厳しくなってますが、お互い頑張りましょう。

    メルマガ頑張ってください。

  3. 手遅れニート より:

    私は人間の健康に関わる事は命に関わる場合もあると思い、今まで
    あえて健康系の記事を書きませんでした。

    自分がてきとーに調べた事で記事を書き、読んだ人が健康を損なってしまったら
    責任が取れないと思ったからです。

    健康とか医療に関してはコレで良かったんじゃないかなと。

    多くのアフィリエイターの方が売上が落ちたと嘆いてますが、
    何分、人の命に係わる事なので少しでも信頼できる情報を
    より上位に表示するようにしたグーグルの判断は正しいと思います。

    人の命に関わらない分野はそこまで神経質にならないで
    良いとは思いますが。

  4. ニト より:

    手遅れニートさん

    コメントありがとうございます。
    私は基本的にネットはなるべく何でもアリにして欲しい派で、正直嘘なんかもあって当然と思っているので、手遅れニートさんの感覚の方が一般的なのかもしれません。

    ただ、人の命に関わる・関わらないという基準では、例えば「お金がなければ命に関わる」なんて感じで更に規制分野は広がっていきそうな気がします。
    (事実、グーグルが定めるYMYLにはショッピングやお金も含まれているので、これらも医療・健康分野と同じようになるのも時間の問題かもしれません)