資金管理の必勝法

FX 必勝法

スポンサーリンク

「資金管理」とは?

資金管理
そのままお金の管理の意味だが、FXでの資金管理は特にレバレッジ管理、リスク管理のことを言う。

FXの用語②では資金管理をこのように解説した。
今回は具体的な資金管理の方法について書いてみることにする。

ちなみに、私は先月-40万という致命傷を負ったことからも分かるように、資金管理やリスク管理が大変苦手である。

初級編 ―何枚買えばいいの?―

運用資金が100万円で、100.00のドル円を購入する場合を例に考えてみる。
国内業者の場合、レベレッジは最高25倍までかけられるので、最大で25枚まで購入することができる。

OK、25枚買おう! → ×ブッブー
逆行すれば即ロスカットの恐れがあり、大変危険。

20枚くらいならいい? → ▲
これでもかなり危険。自信があって、スキャルピングなら・・・。

15枚ならどうだ? → △
スキャルピングならこのくらいの枚数でも有かもしれない。

じゃあ、10枚は? → ●
スキャルピングなら適正くらいと思われる。デイトレードだとちょっと危険。

5枚・・・orz → ○

デイトレードやスイングにはこれくらいが良い。スイングはもうちょっと少なくても良いくらい。
あくまで私個人の見解ですが、5~10枚程度が一番安定してるかな、というイメージ。
それ以上に増やすと結構ハイリスクになりやすい。

逆にこれより少なければ、リスクは少なくなるが、リターンも少なくなるので根気が必要になる。
とは言え、初心者は1枚でも多いかなと思う。

中級編 ―分割購入という手段―

初級編で5~10枚がバランスが良いと書いたが、その枚数分いっぺんに購入してしまうと逆行した場合、損切りしか打つ手が無くなる。
スキャルピングの場合はそれでも良いのだが、デイトレードやスイングの場合、長時間含み損を眺めているだけというのはなかなか辛いものがある。

そこで、分割購入という方法がおススメ。
例えば100.00の時に1枚Lをする。
しかし、思うように上がらず、99.70まで下落してしまった。
この時、まだレバレッジに余裕があるあなたは、2枚Lを追加するという方法が取れるようになる。

これをナンピンと言う。
こうすると、3枚のポジション平均値が99.80になり、例え100.00まで戻さなくてもプラスで終えることができる。
つまり、枚数を抑えておくことで、逆行した場合の保険をかけておくのだ。

また、100.00の時に2枚Lしておき、100.20まで上がった時、まだこれからも上がるという自信があれば1枚Lを追加するという「追撃」をすることができる。
追撃は枚数を最初の枚数より少なくすることで、マイナスになりにくくなるというメリットがある。

これらの方法は、相場に強くなる方法と言うよりも、「逆行しても損切り以外の方法がある」などの安心感が生まれる方法であり、メンタルに大きく影響する。
以前書いたようにメンタルはトレードをする上でとても重要な要素であり、メンタルが鍛えられていなくても即席で安心感が得られるというメリットはとても大きい。
長くなってきたので今日はここまで。

まだ上級編は考えてもいないけど、思いついたら続く予定。

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする