取引する通貨を選択する上で知っておきたい特徴

FX 初心者講座

FXを始めると最初に考えるのは、「どの通貨を取引しようか」という事だと思う。

ニュースでよく聞くドル円?
最も取引が多いユーロドル?
様付けされてなんか凄そうなポンド円?
高金利通貨の豪ドル円?

適当に決めてしまっても良いのだが、最初に触る通貨によって、結構その後のFX人生は大きく変わったりする。
そこで、通貨の特徴を独断と偏見で紹介してみようと思う。

スポンサーリンク

ドルストレートとクロス円

とその前に、通貨には「ドルストレート」と「クロス円」と呼ばれるものがある。
メジャー通貨はほとんどがこのどちらかに属する。

ドルストレートとは、ドル円やユーロドルなど、ドルが絡んだ通貨のこと。
クロス円とはドル円以外のユーロ円、ポンド円など円が絡んだ通貨のことを言う。

それぞれに特徴があるが、私はあまり気にしないので説明できない。
気になる人はネットで調べてみよう!

メジャーな通貨の紹介

ドル円

日本人の個人投資家は多くが最初に触るであろう通貨。
ニュースでは「歴史的円高!」とか「アベノミクスで円安に!」とか叫ばれているが、その範囲はせいぜい30円程度。

普段はあまり動きにくい通貨である。
そのため、初心者向けと本などでよく紹介されるが、個人的にはあまりおススメできないと思う。

その理由は、初心者は短期で目に見えて結果が出た方が分かりやすいし、モチベーションになること。
また、意外と教科書通りの動きをしにくいことの2点。

スイングなどでコツコツ稼ぐのに向いている通貨だと思う。

ユーロ円

日本人が好んで取引する通貨。
ドル円ほど動きにくくなく、ポンド円ほどスプレッドが広くないのが好まれる理由だと思う。

動く時には1日で2~3円上下するため、割と殺人通貨。
しかし、なぜか結構教科書通りの動きをする。
個人的には初心者におススメしたい通貨。

ポンド円

ポンドはイギリスの通貨。
しかしその実態は全く紳士らしからぬ変態な動きをする通貨で、ネットではポン様などと呼ばれたりもする。

ユーロ円以上の殺人通貨で、スキャルピングやデイトレ向き。
私は最初に痛い目に遭ってからは触っていない。

豪ドル円

高金利通貨で知られるオーストラリアドルと円のペア。
ニュージランドドルとひとまとめに「オセアニア通貨」などと呼ばれることもある。

リーマン前はかなりの高金利でスワップだけで儲ける手法もあったそうだが、現在はそこまで高金利でもなく、旨みは薄れている。

スワップの関係上、なるべくLで入りたいところだが、そうは問屋が卸さない。
こちらも初期の頃に大負けしてから、トラウマになった通貨。

ユーロドル

世界で最も取引量が多い通貨。
自称中級者が割と手を出しやすい(ような気がする)。

動き出すと、一方向に延々と向かい続ける悪癖がある。
トレンドに乗れたら大きく取れるかもしれない。

ポンドドル

株でいう仕手株ポジション?
私はやったことないので分からないが、かなり動きは大きい。
しかも暴れてる。怖い。

南アフリカランド円

他の通貨に比べ、1枚購入が破格に安い。
そのため、ランド円だけ10枚単位からの購入しかできないというFX会社もある。

高金利通貨なので、基本L狙い。
ほとんど動かず、1日10pips程度しか動かないこともよくある。

最後に

通貨の特徴は不変ではない。
時によって移り変わっていくものなので、参考程度にどうぞ。

ニトの話し相手サービス営業中!
ネットの隅の居酒屋さん バナー
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
スポンサーリンク

フォローする