使い始めたら手放せない多機能ボールペン!ゼブラ SKシャーボ+1

Comoriグッズ

私はあまり物に対するこだわりがない。

だから、基本的に安いものを優先するし、使えりゃ何でもいいや、というものが多い。

しかし、実はヘッドホンやイヤホンに結構こだわりがあることが下の記事で明らかになった。

自分の中にこだわってる自覚が全く無かったため、(こだわってる物あるじゃん)と自分で自分にびっくり。

他にも何かあるんじゃないか、と思って探してみたら…あった!

それがボールペンだ。

スポンサーリンク

機能性に優れたゼブラ SKシャーボ+1

ボールペンにこだわりがあると言っても、高級なボールペンをコレクションしているわけではない。

そういうこだわり方ではなく、同じボールペンをずっと買い続けているのだ。

それが下の「ゼブラ SKシャーボ+1」

ここからは、なぜ私がこの「SKシャーボ+1」を買い続けているのか、その魅力をご紹介したい。

必要充分にして最低限の構成(黒・赤・シャープ)

ボールペンには通常の黒色インク以外に、様々な色が追加された3色ボールペン、4色ボールペンなどがある。

また、ボールペンにシャープペンの機能を追加しているものもあったりする。

「SKシャーボ+1」は黒ボールペン以外に赤ボールペンとシャープペンという3つの機能を1本で担う優れもの。

この構成がマジで便利。

メモを取る時は消せるシャープペン(消しゴム付き)、書類を書く時には黒ボールペン、スケジュール帖などに大事な用事を書く時は赤ボールペン、全てに対応可能なのだ。

これ1本あれば、仕事で困ることはない。

青とか緑とかたくさんの色があっても、実際に使うことってほぼない。

だから黒インクが無くなっても青とか緑のインクはほとんど残ってる、みたいな状況になることも多いと思う。

その点、SKシャーボ+1は必要充分にして必要最低限の構成になっており、黒が無くなる頃には赤もほとんどないという、最後まで余すところなく使えるボールペンなのだ。

握りやすい絶妙な太さ

私が重宝しているもう1つの大きな理由は、太さである。

私は比較的手が大きく、鉛筆や細いボールペンは書いているとすぐ手が痛くなる。

太いボールペンは手が痛くなることはないが、書くのに少し違和感を感じてしまう。

SKシャーボ+1は、細すぎるわけでも太すぎるわけでもない絶妙な太さだ。

最初に握った時から、私の手にはジャストフィットで、長時間書いていても疲れにくい。

特に手の大きめな人にとっては、使いやすいと感じるボールペンだと思う。

クリップを回して切り替えられる

多機能ボールペンは、上に切り替えのレバーのような物が取り付けられているものが一般的。

しかし、SKシャーボ+1はそんなダサいレバーはついていない。

クリップを回すことで、黒・赤・シャープが切り替えられるようになっているのだ。

なんてオシャレ! なんてスマート!

とか言っちゃうとどんどん嘘臭くなるが、この切り替え方式も慣れると手放せなくなる理由の1つ。

横に回して切り替えるのに慣れると、レバーが煩わしく感じたりする。

SKシャーボ+1の欠点

私はSKシャーボ+1を使い始めたのが専門学生の頃からで、10年以上使っていることになる。

インクが切れる or 紛失するまで使い続けては、同じものを買い続け、これまで10個以上は同じものを購入してきた。

仕事をしている頃はよく紛失することがあり、予備としていくつもストックしていたりもしていた。

今も家に同じ物が2つある。

そんなSK シャーボ+1のヘビーユーザーな私ですが、未だに1つだけ分からないことがある。

それはシャープペンの芯の補充の仕方。

一般的に上部についている蓋と消しゴムを外すとシャープ芯を入れる穴が出てくるものが多いが、これは…。

穴が完全に塞がっている…。

じゃあどこから入れればいいんだー!

これの正解が10年以上使ってきて未だに分からない。

だからこれまでは書く方からシャープ芯を押し入れる形で補充していた。

だが、この機会に正しいシャープ芯の入れ方を覚えるため、ゼブラのHPを確認してみることにした。

下軸を外して下さい。(3機能の製品は下軸を引き抜いて下さい。2機能の製品は下軸を回して外して下さい、但し手帳用シャーボは下軸を引き抜いてください)

シャープ部機構を引き抜き、芯ホルダー内にシャープ芯を補充して下さい。(シャープ芯の補充本数は3本までとして下さい。過剰に入れすぎますと芯詰まりを起す場合がございます。)

再度シャープ部機構を芯ホルダーに奥までしっかり差込んでください。不充分ですと作動不良の原因となります。またこの時先金の緩みがないか確認してください。(矢印の部分)先金が緩んでおりますと芯折れや芯詰まりを起す場合がございます。

外した下軸を元の位置に戻して下さい。

https://www.zebra.co.jp/zebra/sharbo5.html

Oh…

一旦分解しなきゃいけないとは、割と面倒くさいのね…。

最初から芯は2~3本入っており、ボールペンがメインになる人は芯を入れるまでにボールペンのインクがなくなるパターンも多いかもしれないが、逆にシャープペンメインの人にはオススメしにくいかも。

1本あれば何でも対応できるSK シャーボ+1

というわけで、実はちょっとこだわっていたボールペンを紹介してみた。

SK シャーボ+1はホームセンターやスーパーなど多くのお店で取り扱っており、実店舗では大体500円前後で購入できる。

Amazonでは368円だ。

送料無料にするための「ついで買い」にいいかも。

100均などにはもっと安いボールペンも売っているが、やはり私は多少高くても機能性&使いやすいコレを選んじゃう。

一度使い始めたら手放せなくなる便利さがあるので、あなたも是非使ってみてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました