何してるの?とあるひきこもりの1日のスケジュール

引きこもり

このブログは主にひきこもりの人向けに書いていたのですが、「レンタルひきこもり」を始めるにあたって、ひきこもり以外の人もブログに呼ぶことを考えなければならなくなりました。

そこで、今回は「ひきこもりって1日何して過ごしているの?」という、働く人が抱きそうな素朴な疑問に答えてみようと思います。

スポンサーリンク

私のひきこもりスケジュールの歴史

当然ですが、ひきこもりによって1日のスケジュールは全く異なります。

私1人をとっても、その時々によってやっていることが変化しており、一概に「ひきこもりだから○○している」と言える共通するものはないのかもしれません。

今回は私のひきこもりスケジュールの歴史の中で、特徴的な3パターンを用意してみました。

暗黒ひきこもり時代のスケジュール

私が20代前半の頃、就職活動に失敗しまくって心が折れたことがきっかけで始まった、ひきニート時代の1日のスケジュールです。

日の出に眠り、日の入りと共に目覚める完全昼夜逆転の生活、1日1食(冷凍のたこ焼き3個とか)、やたらぼーっとする時間が長いなど、今の私から見てもどうしようもない生活でしたね。

「ネット」と書いてある部分は日によって、何もせずにぼーっとしている日やゲームをしている日もありましたが、結局何をしても楽しくありません。

まさに、夢も希望もない状態。

当時は一人暮らしだったので、こんな生活を2~3か月続けた頃には貯金が尽きてしまい、割と本気で餓死を覚悟していました。

我ながらよくこの状態から立ち直れたなぁと思います。

立ち直るきっかけになったのは親からの電話です。

「愛知に来ない?」と誘われたのをきっかけに、私はようやく意識を取り戻し、翌日から約2カ月の間に、短期アルバイトで家賃や生活費と共に引っ越し代を稼ぐことになります。

病気ひきこもり時代のスケジュール

愛知に行ってから数年後、メンタルの病気でやられ、仕事を辞めて病気ひきこもりになったの頃のスケジュールです。

暗黒ひきこもり時代とは違い、若干健康的な生活になっていますね。

この頃は音楽作りが趣味だったので、1日の大半をそれに費やしていました。

ネットではなく、PCとなっているのはPCで詩などを書くことも多かったからです。

以前の記事でも書きましたが、この生活を続けて数か月後、私は再び仕事に就き、再び1人暮らしを始めることになります。

最近のスケジュール

ここ数か月のスケジュール(日曜日以外)はこんな感じですが、就寝・起床時間がは1、2時間ズレることはしょっちゅうです。

作業というのはライター作業(仕事があれば)ですが、仕事がない時は音声を録音したり、ネタを探してみたり、何かを勉強していたり、日によって色々しています。

ライターが忙しい時には作業の部分+自由時間を含む、一日のほとんどを費やすことも。

もっとサクッと書けるのが理想ですが、なかなか早くなりませんね。

また、最近は自由時間の辺りに散歩、メールチェックの後にインスタ投稿もしています。

ブログも午前中に終わらせ、他の作業を午後にした方がスマートになりそうですが、今のところはほとんど午後にならないとネタが固まらず、このくらいの時間で習慣化しています。

この生活は、6年前にブログを始めて以来、徐々に固まってきた形です。

今後、この生活がまたガラリと変わる出来事はあるのでしょうか。

ひきこもるなら目的がないと辛い

ここまでの3パターンの中で、一般的にひきこもりの生活スタイルとしてイメージしやすいのが、「暗黒ひきこもり時代」のスケジュールではないでしょうか。

これは恐らく、ひきこもり始めた人が陥りやすいパターンだと思います。

ひきこもりは24時間自由に時間が使えますが、時間を持て余すと簡単に堕落してしまうのです。

もし、あなたが引きこもる予定があるなら、何か1つでも趣味(仕事)を持って、それを軸に1日の予定を組むことをオススメします。

趣味や仕事が生活の目的になることで、自分を律することができるからです。

目的の無い生活は辛いですよ…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました