怪我で歩けない時の暇つぶし or 雑用に!【レンタルひきこもり】

特別企画

どうも、ニト(@comori_world)です。

レンタルひきこもりというサービスを今月からスタートした。

残念ながらまだ1件も申し込みは1件もない。

関西にお住まいの方で、何か人手が必要な人は是非是非ご利用いただきたい。

さて、今回は最近私の身の周りで起きたことから、「レンタルひきこもりはこんな事にも使えるかも!」という事例を紹介したい。

つまり、日記ついでにレンタルひきこもりをPRできればいいな!という感じの記事である。

スポンサーリンク

親が足を痛めてしまった

私は現在母親と同居している。

その母親が、先日足を引きずって帰ってきた。

どうやら段差に躓いて、足を捻ってしまったようだ。

ただの捻挫かと思っていたが、どんどん足はパンパンに腫れていき、翌日病院に行ったところ、ギブスの簡易版のような処置をされてしまった。

捻った時に、健が伸びて剥がれたらしい(剥離骨折)。

歳をとるとちょっとのきっかけで大怪我しやすくなるみたいだ。

固定+痛み止めの薬で歩けないことはない状態だが、片足がカチカチに固定されているので何かと不便そう。

という訳で、ここ数日は買い物へ行ったり、どこかへ行く時に車で送り迎えをしたりと、レンタルならぬ、ただの家事手伝いをしていた。

ガッツリ家事をしている訳でもなく、今でも料理などは母親任せ、と決して親孝行と呼べるほど手伝いできている訳ではない。

ただ、「これこそレンタルひきこもりにぴったりのスタンスじゃないか」と思ったのだ。

世の中には「家政婦サービス」というものがあるが、レンタルひきこもりは料理はできないし、お掃除のクオリティもプロじゃないのでそこまで高くない。

ただ、誰もがやれる単純なお手伝いやお付き合いなら一生懸命やるよ、無料で。というスタンスである。

一人暮らしで怪我した時に使ってみてほしい

我が家の場合、一応私のような人間でも家にいたから多少のサポートができが、一人暮らしで怪我してしまった人は大変だ。

全く動けない状態でなくても、動くのが億劫になるのは間違いないと思う。

そんな時のお手伝いにも、レンタルひきこもりは使えるかもしれない。

買い物代行やお掃除くらいなら私でもできる範囲でお手伝いするし、どこかに出かけるのも億劫で暇な場合に、遊び相手としてお付き合いできる。

交通費や必要経費以外は無料!

是非以下の記事も読んで、人手がいる方はお申込みしてみてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました