子猫を飼い始めて1カ月半!癒され画像・動画と近況報告!

特別企画

我が家にビリテン(猫の名前)が来てから1カ月半ほどが経った。

恐らく4月生まれなので、生後で言えば4か月目くらいだ。

ビリテンの様子は毎日インスタグラムでアップしているが、今回はその中からいくつか画像・動画を紹介すると共に、久々に子猫を飼い始めて感じていることなどを書いてみたい。

スポンサーリンク

子猫はとにかく遊ぶ!

↑は我が家に来てすぐに撮った写真。

この時は脱走をしようとしたり、走り回ることもなく、「大人しい猫だなぁ」と思っていた。

しかし、それが単純に慣れない環境で、借りてきた猫状態になっているだけだったことがすぐに明らかになってくる。

3日目くらいにはすっかり家に馴染んだビリテン。

どこで覚えたのか「投げた物を取ってくる」という犬のような特技を最初から持っており、今でも毎日チラシを丸めては、投げて遊んでいる。

他にも何にでもすぐに喧嘩をふっかけ、テーブルから物を落としたり、テレビに映るものを叩いたりやりたい放題だ。

ソファや椅子は、遊び以外に爪研ぎにも使われ、かなりダメージを負ってきた…。

また、人にも容赦なく襲い掛かってくる。

興奮している時は殴ったり噛んだりしてくることも日常茶飯事。

叩く時はわざと威力を殺して爪も引っ込めているし、噛む時は甘噛みですが、甘噛みでもかなり痛い。

過去飼っていたトラ猫も噛み癖があったが、ビリテンもずっと噛み続けるのだろうか…。

猫の中ではかなり飼いやすいビリテン

興奮して暴れたり、色んなもので爪研ぎするのはちょっと頭が痛いところでもあるが、それ以外の面で言えば、ビリテンは飼い猫としてはとても優秀だ。

例えば、トイレ。

これまで飼っていた猫の中には、小さい頃他の場所にオシッコするやつもいたりしたが、ビリテンは飼い始めてからこれまで、一度もトイレを失敗したことはない。

元々うちが引き取る前に世話をしてくれていた人が、しっかりしつけしていたのだろう。

声が通る&良く鳴く猫がいるが、そういう猫を飼っていると結構近所迷惑が気になったりもする。

その点、ビリテンは鳴き声が小さめで、鳴く頻度もそれほど多くない。

マンション飼いのため、鳴き声がうるさ過ぎないのは非常に助かる。

更にうちの猫では珍しいことに、あまり人のご飯をクレクレしない。

何としても人が食べているところは見たいようだが、見るだけで満足している。

まぁ見る時に食事をするテーブルに乗ってくるので、猫の毛混入は普通にありそうだが…。

(叱っても全く聞かない…)

毎日1本ずつ画像・動画をアップ中

今回貼ったような画像・動画は毎日1本ずつインスタにアップしている。

フォロワーを積極的に増やそうとはしていませんが、1カ月ちょっとで3桁にも到達!

今後も長く続けていきたいと思うので、猫画像や動画で癒されたいという方は是非覗いてみてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました