ワードプレスのオススメ無料テーマとあると便利なプラグイン

ノウハウ

ワードプレス講座第4回!

これまで前3回ではワードプレスの開設から記事の書き方を紹介してきた。

  • 第1回:ワードプレスの始め方
  • 第2回:ワードプレスでの記事の書き方
  • 第3回:画像の入手と編集方法

今回はお待ちかね、ブログのカスタマイズについてだ。

ブログ全体のデザインを決めるテーマ選びと、ワードプレスに機能を追加できるプラグインの導入方法を紹介する。

スポンサーリンク

テーマとは?新しいテーマの導入のしかた

ワードプレスのテーマとは、ブログ全体のデザインを決めるもの。

無料ブログでいうブログテンプレートである。

初期状態のままならテーマは、ワードプレスに最初から入っている「Twenty Nineteen」になっていると思う。

もちろん、このままでも良いが「ちょっと雰囲気を変えたい」「便利なテーマを使いたい」と思う場合には変えてみるといいだろう。

テーマのダウンロードと導入方法

新しいテーマを導入するには、大きく2つの方法がある。

  1. ワードプレス内で検索し、ダウンロード
  2. web内でテーマをダウンロードし、ワードプレスにアップロード

1は、ワードプレスに登録されているテーマから選ぶ方法である。

導入の仕方は簡単。

まず、ワードプレスのダッシュボードで「外観」⇒「テーマ」をクリック。

そして現在インストールされているテーマ一覧の画面で、「新規追加」をクリックする。

すると、ワードプレスに登録されているテーマの一覧が表示される。

この中でお気に入りのテーマがあれば、そのテーマにカーソルを合わせて、「インストール」を選択すればテーマのダウンロード・インストールが始まる。

目当てのテーマがあれば、右上の検索窓からテーマ名で検索することも可能だ。

インストールが終了したら、インストール済のテーマ一覧画面に戻り、新しく入手したテーマにカーソルを合わせて「有効化」することで、ブログにテーマが反映される。

「ライブプレビュー」をクリックすると、テーマを反映させずにどんな感じになるのか確認できるので、いくつかインストールしてどのテーマが自分のブログに合うか確認するのもいいだろう。

2はワードプレス内に登録されていないテーマを導入するパターンである。

この場合は、まずワードプレス用テーマを配布しているサイトで、テーマをダウンロードする。

次に1と同様、「外観」⇒「テーマ」の「新規追加」をクリック。

上部にある「テーマをアップロード」をクリックすると、下記のような画面になる。

「ファイルを選択」で先ほどダウンロードしたテーマ(zip形式のまま)を選択。

「今すぐインストール」を選ぶとテーマがインストールされる。

カスタマイズが簡単・綺麗な無料テーマ5選

ここからは私が使ったテーマで、カスタマイズが簡単で見栄えが良い無料のテーマを5つ紹介する。

ここで紹介するテーマは全て上の導入方法で言うと2に当たるので、サイトでダウンロードしてワードプレスにアップロードという形での導入となる。

Cocoon(コクーン)

現在このブログでも使っているテーマ。

見栄えの良さもさることながら、個人的には痒いところに手が届くカスタマイズ性の高さが一番の魅力に感じている。

プラグインを導入したり、CSS・HTMLをいじったりすることなく、テーマだけで完結できることが多く、非常に楽なのだ。

また、グーテンベルク使用時の記事編集で通常より様々なブロックが選択できたりもする。

ビリテン
ビリテン

例えばこんな吹き出しも簡単に作れるニャ

LION BLOG(ライオンブログ)

こちらもCocoonに負けず劣らずの多機能テーマ。

以前ブログでちょこっと使っていたが、こちらもほとんどプラグイン要らずだった気がする。

AMP化などスマホも意識して作られており、特に意識しなくてもスマホも綺麗な見栄えに勝手にしてくれている。

LION MEDIA(ライオンメディア)

上記「LION BLOG」とほぼ同じ使い勝手のテーマ。

違いは主にトップページ。

「LION BLOG」はブログ風のトップページ、「LION MEDIA」はニュースメディア風のトップページで、最上段におすすめ記事をデカデカと貼り付けたりすることができる。

Luxeritas(ルクセリタス)

こちらも多機能&高速化が売りのテーマ。

このブログでは当初こちらを使おうと思っていた。

ただ、Cocoonと比べるとやや玄人向けで、操作には多少CSS・HTMLの知識が必要なところもある。

とにかく表示速度を上げたい場合にはこちらの方がいいかもしれない。

Simplicity

このブログの前身「ニトの日当」で使っていたテーマ。

Cocoonと同一の作者のテーマなので、私は2代続けてお世話になっていることになる。

非常に使いやすいテーマなのは今も変わらないが、一時期あまりに使っているユーザーが増えすぎ、今はちょっと古臭く感じるかも(あくまで個人的な意見です)。

それぞれのテーマについても解説したいところだが、テーマによって機能・使い方は全く異なる。

なので、こればかりは触って覚えていくしかない。

ほとんどのテーマではダッシュボードの「外観」⇒「カスタマイズ」という項目でデザインを色々いじれるはずだ(Cocoonの場合はCocoon設定)。

プラグインの導入方法

プラグインとは、ワードプレスの機能を拡張するプログラムのこと。

と言っても何のことやら初心者には分からないと思うので、下の「おすすめプラグイン」でどんなことができるのかは具体例で見てもらった方が早いだろう。

その前に、ここではプラグインの導入方法について解説する。

ダッシュボードの「プラグイン」をクリックすると以下のような画面になる。

ここにはインストール済のプラグインが並んでおり、ワードプレスインストール時点でもいくつかのプラグインがインストールされた状態になっている。

新しいプラグインを入れるには新規追加をクリック。

ワードプレスに登録されているプラグイン一覧が表示される。

テーマと同じように右の検索窓からプラグイン名で検索することも可能だ。

入れたいプラグインが見つかったら、「今すぐインストール」をクリックする。

インストール完了後、プラグイン画面に戻ると、先ほどインストールしたプラグインも表示された状態になる。

ここで「有効化」をクリックすると、プラグインが適用されるようになる。

有効化した後はそのまま使えるプラグインもあれば、設定が必要になるプラグインもあり、使い方を調べて導入しよう。

また、プラグインはテーマと喧嘩することもあり、表示がおかしくなるなど不具合が出ることもある。

あまり闇雲に入れすぎず、必要なものだけ導入した方がいいだろう。

私が利用している便利なプラグイン

ここからは私が利用している(したことがある)便利なプラグインを紹介する。

Akismet

ワードプレスをインストールした時に最初から入っているプラグイン。

スパムコメントなどを自動的に振り分けてくれるプラグインだ。

登録がややこしいが、私のような弱小ブログですらスパムコメントは結構来るので、是非導入しておこう。

導入の仕方は以下の記事を参考に。

Contact Form 7

お問い合わせフォームを簡単に作れるプラグイン。

来た問い合わせに対して、自分宛にメールでお知らせしてくれる他、送ってきた人に対して自動返信メールの設定などもできる。

お問い合わせフォームはブログに必須なので、是非これで作っておこう。

ちなみにLION BLOG(LION MEDIA)ではContact Formなしでもフォーム作成ができる。

EWWW Image Optimizer

ブログを長く続けていれば、画像の数はどうしても増えるが、それに伴ってブログが重くなることがある。

これを解消してくれるプラグインが「EWWW Image Optimizer」である。

EWWW Image Optimizerは画像を劣化させることなく、サイズを圧縮してくれる

既にアップロードしている画像の圧縮をしてくれる他、最初に設定しておけば今後アップロードする画像は全て自動で圧縮してくれる。

設定方法等は以下の記事を参考にどうぞ。

TinyMCE Advanced

初期のワードプレスの記事投稿画面では「段落」ブロックで使える装飾が非常に少ない。

色付きの装飾をしたい場合、TinyMCE Advancedというプラグインを導入しよう。

これによって、一気に文字装飾の幅が広がる。

詳しい設定は以下の記事を参考にしてほしい。

ちなみにCocoonなどのテーマではTinyMCE Advancedなしでも、様々な装飾ができるようになっている。

Classic Editer

Classic Editerは、以前のワードプレスの記事投稿画面に戻すプラグイン。

ちなみに以前のワードプレス投稿画面とは以下のような形だ。

無料ブログと同じ感覚で書けるので、こちらの方が使いやすいという人も多いかもしれない。

Classic Editerは上で書いたようにインストール・有効化すれば、特に設定の必要もなく、そのまま使えるようになる。

多機能テーマならCSS・HTMLの知識はほぼいらない

以前のワードプレステーマはある程度、自分でCSS・HTMLをいじる前提で作られており、「CSS・HTMLの知識がないとワードプレスは使えない」と言われたりもしていた。

しかし、最近の多機能テーマはほぼ全てのことがダッシュボードの中で完結するため、細かいところまでこだわらなければ、CSS・HTMLをいじる場面はほぼない。

今もワードプレスを難しいと言っているのは、昔のイメージを引きずっている人だろうと思う。

また、1万円~2万円程度のお金を出せる人であれば、更に細かな設定ができる有料テーマという選択肢もある。

無料テーマにはない機能がついていたりもするため、欲しい機能が無料テーマになければ買ってみるのもいいかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました