ブログ用の画像はどうする?画像の入手と加工の仕方!

ノウハウ

前回のワードプレス講座では、記事の書き方を紹介した。

記事は文字だけでも良いのだが、最近のブログは記事に沢山の画像が使われることが多くなっている。

記事に画像を使うことで、見栄えが良くなるし、説明もしやすくなるからだ。

しかし、全くのブログ初心者の場合、みんな画像をどこで入手しているのか不思議に思うことだろう。

今回はブログ記事に使える画像の入手方法と加工の方法を紹介する。

スポンサーリンク

画像の入手方法

画像の入手方法は大きく分けて3つある。

自分で撮影する・描く

1つ目は自分で写真を撮影したり、絵を描く方法だ。

これは主に旅行や商品レビューなど、自分の体験を記事にする時に用いられることが多い(絵の場合はその限りではないが…)。

自分が撮った(描いた)オリジナルの画像なので、権利について考えなくても良いし、オリジナル画像はグーグルの評価も上がりやすいとも言われる。

そのため、本来ならば毎回この方法を使うのがベストである。

しかし、毎回自前で用意するのが面倒、オピニオン記事など内容に沿った画像が用意しにくいのが難点で、その場合は以下の2つの方法も駆使してみよう。

キャプチャー画像を使う

キャプチャー画像とは、PCやスマホに映った画面を撮影した画像のこと。

前回のワードプレス講座で沢山貼った、ワードプレスの投稿画面はまさにキャプチャー画像である。

PC操作を説明したり、ゲームのプレイ画像を載せる時などに私は利用している。

このようなキャプチャー画像を作るには様々な方法があるが、私がPCのキャプチャに利用しているのは、「Screenpresso(スクリーンプレッソ)」というフリーソフトだ。

キャプチャー画像を簡単に撮れて、その上簡単な文字挿入・図形・矢印挿入・ぼかしなども可能。

操作説明は省くが、操作も直感的にできるようになっているため、すぐに理解できるはずだ。

スマホのキャプチャーは私自身あまり使わないが、使う場合は以下の記事を参考にどうぞ。

フリー画像を使う

最後の方法は著作権フリーの画像を利用する方法。

上記2つの方法で画像が入手できない場合は、このフリー画像に頼るほかない。

フリー画像サイトは沢山あるが、このブログで大変お世話になっているのが、「pixabay(ピクサベイ)」というサイトだ。

大量にフリー画像があり、それらを無料でダウンロードさせてくれる。

画像のクオリティも悪くない(というより、自分で撮るよりよっぽどいい)。

そんな訳で大変重宝しているサイトなのだが、調べてみると場合によって著作権侵害でGoogle検索から削除されるリスク(pixabayにアップする人が別サイトから無断でアップロードしている画像があるから、らしい)もあるようだ。

ほとんどの画像は大丈夫だと思うが(思いたいが)、フリー画像はこのようなリスクもあるため、ご利用は自己責任で。

またフリー画像サイトはそれぞれ利用規約が異なるため、事前にどういう条件でフリーなのかをしっかり確認してから利用しよう。

画像の加工方法

上記3つの方法で画像は入手できた。

そのまま画像を使うのも良いが、文字を入れたり加工をしたくなることもあるはず。

ここからは用意した画像を加工する方法を紹介する。

画像を加工できるフリーソフト

画像を加工するには、画像加工ソフトを利用する。

私が使っているのは、以下の2つ。

どちらも無料で使えるソフトだ。

PhotoScape(フォトスケープ)

GIMP(ギンプ)

「PhotoScape」の方が初心者向け、GIMPは本格派という感じ。

簡単な加工なら「PhotoScape」で充分だし、そっちの方が簡単だ。

「GIMP」は凝ったヘッダーなどを作りたい人向け。

使い方を説明するとそれだけで何記事分にもなるため、詳しく知りたい人はそれぞれのソフト名+使い方でググって欲しい。

ワードプレスでも簡単な加工はできる

本当に最低限の画像加工であれば、実はワードプレスにアップロードした後でも行える。

ワードプレスでできるのはトリミング、回転、反転、画像のサイズ変更だ。

やり方を簡単に説明する。

ワードプレスの「メディア」から画像一覧を開く。

編集する画像を選択して、右にある「画像を編集」をクリック。

上に並んだボタンは左からトリミング、画像回転(左・右)、画像反転(上下・左右)のボタンだ。

そして右にある赤枠で囲った部分が画像のサイズを変更する部分。

画像回転・反転はボタンを押すだけでOK。

画像のサイズ変更は横サイズか縦サイズに指定するサイズを入力すれば、同じスケールで縮小・拡大してくれる。

トリミングは1回ボタンを押した後、画像をドラッグして残す部分を指定する(明るい部分)。

その後、もう1度トリミングボタンを押すと暗い部分が削除される。

最後に「保存」ボタンを押せば、編集が適用された画像の完成だ。

まずはできるところから!

画像の用意する方法を紹介してきたが、はっきり言って最初は凄く面倒に感じると思う。

例えフリー画像を使う場合でも、記事に合った画像を探してダウンロードし、ワードプレスにアップロードする作業は意外と時間がかかるのだ。

それ以外の方法で画像を調達する場合、更に面倒くさい。

最初から完璧な記事を目指すと疲れてしまい、すぐにブログを畳む可能性もある。

まずは「アイキャッチ画像だけ用意する」など自分で無理なくできることから始めてみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました