引きこもりがゲームをする理由とは?

引きこもり

昨日の記事の冒頭で、引きこもりはゲーム好き多いんじゃないの?、と無根拠で書きましたが、実際のところが少し気になったので「引きこもり ゲーム」で調べてみました。

すると出るわ出るわ…。

引きこもり支援のサイトが大量に引っかかりました!

親が「ウチの子、引きこもってゲームばかりしてる」という悩みを想定して書かれているのでしょう。

ということは、やっぱり引きこもり=ゲームする人が多いという私の予想は合っていたのかもしれません。

ただ、それよりも気になったのは、引きこもり支援のサイトに書かれていた内容でした。

引きこもりは達成感を得るためにゲームをしている?

そのサイトには要約すると次のように書かれていました(コピペではありません)。

引きこもりは社会生活での成功体験が希薄で自信がない。

そのため、ゲームで達成感・自己肯定感を得ようとしている。

ゲームなら誰でも簡単に成功体験を得られるからだ。

この後は、「ゲームでの成功体験なんてまやかしだ。だから引きこもりを無理やり連れだそう」みたいな感じの文章が展開されます。

引きこもりの皆様、いかがでしょうか?

私はこれを読んだ時、「うーん…?」となりました。

引きこもりが自分に自信がないというのは理解できます。

きっと何らかの挫折や失敗で自信を失ったことで、引きこもりになる人も多いんだろうなと。

でも、引きこもりが自信の無さをゲームの成功体験で補おうと考えるかな?というのが私にとっては疑問でした。

ゲームは結構負けるもの

上の主張では「ゲームなら誰でも簡単に成功体験を得られる」と書いています。

確かにRPGなど、時間をかければ誰でもクリアできるゲームというのは多いですね。

しかし、ゲームはそんなヌルい作品ばかりではありません。

「ゲームなら誰でも簡単に成功体験を得られる」なんて、ゲーム好きの私からすれば「ゲーム舐めすぎ!」と思ってしまいます。

例えば最近主流のオンライン対人ゲームでは、いくらやり込んでもずっと勝ち続けるなんてことは不可能に近いです。

また、一部のオフラインゲームの中にも、死にゲーと呼ばれるような全員がクリアできないような高難易度なゲームもあります。

このようなゲームはいくら時間をかけようが、誰もが達成感を得られるとは限りません。

私自身対人ゲームや高難易度ゲームが好きで結構プレイしますが、達成感を得たいだけなら、もっと簡単に成功体験を得られるゲームを選ぶような気がします。

引きこもりは簡単に自信を持てるとは思っていない

続いて「引きこもりがゲームで達成感・自己肯定感を得ようとしている」ということについてです。

もしこの理論でいくのなら、ゲームする人はみんな自分に自信がないからゲームをしていることになりませんか?

電車内でスマホポチポチしている人も?

会社や学校から帰ってきて、ゲームする人も?

もちろん、そんなことはないですよね。

気分転換でゲームする人もいれば、暇つぶしにゲームする人もいます。

それとも、この文章を書いた人は引きこもりだけ特別なゲームの捉え方をしていると思っているのでしょうか?

私はこれも「引きこもりをバカにしすぎ!」と言いたいです。

引きこもりは自分に自信がないことを分かっていますし、自信を持つのが大変なのは誰より知っていると思います。

ゲームをクリアしたからと言って、自分に自信が持てるなんて考える訳がありません。

引きこもりがゲームをする理由と親へのアドバイス

引きこもりがゲームをするのは、何も特別な理由がある訳ではないと思います。

つまり、持て余した時間を潰すためにゲームをする(暇潰し)、辛い現実を一時的に忘れるためにゲームをする(気分転換)のが理由です。

私個人で言えば、ゲームは気分転換の要素が強いかな…と思います。

もし、この記事を引きこもりの親御さんが見ているのであれば、一つアドバイス!

ゲームをしている時に無理に止めるのはやめた方がいいです。

私のように一時的に現実逃避したくてゲームしている人も多いと思いますが、これはストレスを軽減し、心を回復させている状態です。

現実逃避が不十分な状態では、いつまでも心が癒えずズルズル中途半端な状態が続くことになるので、むしろ現実逃避に一度どっぷり浸からせ、しっかり心を休ませた方が早いのですね。

親御さんはそっとしておくのも一つだと思いますし、もし何かするのであれば、止めるより現実逃避のお手伝いをしてあげてください(例えばゲームの話に乗ってあげるなど)。

現実逃避はいつまでも続きません。

ある程度心が癒えたら必ず現実と向き合ってくれますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました