「Hand of Fate 2」カードとTRPGとアクションの融合した不思議なゲーム

ゲーム

ブログを初めてどんどん新しいカテゴリーを量産していますが、また全然違ったカテゴリーを作りました!

ずばり、「ゲーム」です。

ゲームは私の趣味でゲームブログもやってきましたが、今後はそのブログ自体をこのカテゴリーに移行する形になります。

「私以外の引きこもりでもゲーム好きな人多いんじゃないの?」ってことで!(こじつけ)。

さて、そんなゲームカテゴリーの記念すべき第1回目では、マリオでもモンハンでもなく、「Hand of Fate 2」という非常にマイナーなゲームを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「Hand of Fate 2」はどんなゲーム?

Hand of Fate 2(ハンドオブフェイト)

プラットフォーム:Steam、PlayStation4、NintendoSwitch

ジャンル:アクションRPG

販売元:H2 INTERACTIVE Co., Ltd.

ジャンルはアクションRPGとなっていますが、他のアクションRPGをイメージしたら痛い目に遭う作品です。

どちらかというとボードゲーム+3Dアクションという感じ。

「2」とあるように、「Hand of Fate」という作品から続く続編で、私は 「Hand of Fate」もプレイ済。

一応大きなストーリーとしては繋がりがありますが、「2」だけプレイしても全く問題ないので、今から購入するなら「2」だけでも良いと思います。

日本ではマイナー作品ですが、Steam、PS4、Switchと手広いプラットフォームで販売しており、ゲーム好きの人であれば比較的購入しやすい作品です。

私はPS4でプレイしました。

怪しげな占い師とタイマンでゲームする

ゲームを起動すると、プレイヤーの座った向かいの席に座った怪しげが占い師が語りかけてきて、唐突にテーブルゲームをすることになります。

この占い師と行うゲームはテーブルトークRPGというもので、現在のコンピュータRPGの原型となったゲーム。

本作では基本的に、延々とこの占い師と2人でテーブルを挟んで、ゲームをしていくという形になります。

それぞれの役割は占い師がゲームマスター(進行役)、主人公がプレイヤー。

駒を1つずつ進めてカードに書かれたイベントをこなし、最後のイベントでボスを倒すことでステージクリアとなります。

一方、途中で駒の体力が0になる、何らかの失敗条件を満たすことでステージ失敗。

占い師が作ったゲームなので、このゲームでは占い師こそが神であり、ゲームを進めるにつれてどんどん不条理なルールを主人公に押し付け、クリアさせないように妨害してきます。

ストーリーはタロットカードを模した22ステージ

ストーリーモードは最初に唐突に始まるチュートリアルステージに始まり、全部で22ステージあります。

全てのステージにはエピソードストーリーがあり、同じ冒険者が主役のオムニバス短編集のような感じになっています。

ステージは全てタロットカードを模したもので、カードの名前に沿った展開(「死神」なら殺し屋に付け狙われる話)になることもしばしば。

もちろん、後半にいくほど難易度が上がっていきます。

また、ストーリーモード以外にも、エンドレスバトルなどのモードも用意されています。

カードイベントと収集方法

テーブルゲームは、イベント、アイテムなどが全てカードになっています。

(本来のテーブルトークRPGもそうなのかな…?)

このカードを集める方法は以下の4つ。

  1. ストーリーステージをクリアする
  2. ストーリーステージを条件を満たしてクリアする
  3. イベントカードやアイテムカードごとの条件を満たし、トークンを得る
  4. イベントカードやアイテムカードごとの条件を満たし、トークンの欠片を5個集める

イベントカードはステージ毎に固定のものもありますが、それ以外のイベントカードや登場するアイテムカードは自由にデッキを組むことができます。

カードが増えるほどゲームが有利になりますし、カード収集自体もゲームの目的なので、積極的にカードを集めたいところです。

が、1以外のカード収集方法はステージクリアを難しくするリスクにもなります。

2は序盤からクリア条件が結構厳しめに設定され、普通にクリアするよりもクリアしづらいですし、3,4はそのカードのイベントをクリアするために余計な資源を失う可能性もはらんでいます。

つまり、トークンの入手を優先しすぎると2の特定条件でのステージクリアが難しくなり、2のステージクリアを優先しすぎるとイベント・アイテムカードのトークンの入手が難しくなるというわけですね。

運と実力が試されるイベントの成否判定

カードガンビット
ルーレットガンビット
ダイスガンビット
振り子ガンビット

ステージのイベントやカードのイベント中には、成否を判断するミニゲームが起こることがあります(ガンビットと言います)。

ガンビットは全部で4種類。

  • カードガンビット:4枚の成功・失敗などが書かれたカードをシャッフルして1枚選ぶ
  • ダイスガンビット:3つのサイコロを振り、一定値以上の数字を出す
  • ルーレットガンビット:8枚程度のカードを回転させ、止まったカードが適用される
  • 振り子ガンビット:振り子の光を下にある銀(成功)、金(大成功)に合わせて止める

ダイス>カード>ルーレット>振り子 の順で運要素が強く、その逆に振り子などはゲームに慣れると比較的実力で大成功を引きやすいです。

ただ、運要素の強いダイスガンビットも、アイテムカードで有利な状況を作ることもでき、完全に運だけの成否判定ではないようになっています。

バトルは3Dアクション

イベントカードの中には戦闘が発生するものもあります。

戦闘は駒となるキャッラクターを操作して直接敵と戦う3Dアクション。

戦闘では装備している武器によってアクションが異なり、通常攻撃の他、敵をひるませる強打、敵の攻撃を弾く防御、多くの敵をまとめて攻撃できるアーティファクト、一定数無傷で攻撃を当てると発動できるチャージ攻撃、回避などのアクションが使えます。

また、仲間に特殊攻撃でサポートしてもらうことも可能です。

防御や回避を使えば敵を完封することもできますが、うじゃうじゃと敵が出てきた場合などはなかなか全ての攻撃をやり過ごすのはシビア。

アクションが苦手な人は最初は苦戦するかもしれません。

ただ、敵によって有利な武器・不利な武器が設定されているので、武器を上手く使い分けることで多少楽になるかもしれません。

「Hand of Fate 2」レビュー

ゲーム説明だけで結構疲れた…。

でも、ここからは私がプレイした感想なども書いてみます。

派手さはないが何故かプレイしたくなる

このゲームは戦闘時以外、ずっと占い師のおっさんの顔を見続けるというメチャクチャ地味なゲームです。

ストーリーもほとんどテキストで表示されるので、ノベルゲームに共通する面倒くささがあるのも事実。

キャラクターも日本人好みではないし、外見からは欲しくなる要素はゼロに近いでしょう。

でも、カード収集が好きな人や、テーブルトークRPGに興味ある人、ダークファンタジーな世界観が好きな人は食わず嫌いせずにやって欲しいゲームです。

クセは強いけど、やればやるほど面白くなってくるはず。

たまに運が悪すぎてコントローラー投げたくなったりもしますが、そんな理不尽も実力で何とかなる場合が多く、ボロボロになりながらもクリアできた時の達成感は凄いですよ。

片手間ではプレイできない硬派なゲーム

本作はスマホいじりながらみたいな手軽なゲームが増えている昨今では珍しく、なかなか片手間でできないゲームです。

なぜなら、シナリオがほとんど文字で書かれているため画面をじっくり読んでいかなければならないし、ガンビットではしっかり成功を引き当てるために画面を凝視するし、戦闘では敵の攻撃を的確に防御・回避しないとすぐに死んでしまうようになっているから。

結構プレイしている私でも、集中力が途切れると、戦闘中にボコボコ攻撃を食らうくらい集中力が大事なゲームになっています。

オフラインのゲームなのでいつでもポーズできますが、プレイ中は見逃し厳禁なのです。

ゲームをダラダラしたいという人には向いていませんが、ゲームの世界にじっくり入り込んで、現実逃避したい人には良いと思います。

また、集中力も鍛えられ、カードやルーレット、振り子ガンビットもしっかり集中していれば、実力で 大成功や成功を 引き当てることも充分できますよ。

日本語訳が一部おかしいのはご愛嬌

と、ここまでゲームの良い面を沢山書いてきましたが、難点もあります。

特に気になるのは日本語訳で、時々意味が分かりにくい表現や誤字が見られます。

ここら辺は何とか修正してもらいたいですが、前作「Hand of Fate」も同じだったので、多分無理でしょう。

英語が読める人は英語版でプレイした方が雰囲気が分かりやすいかもしれませんね。

じっくり時間をかけてプレイするのがオススメ!

最近はオンライン専用のゲームが増え、何かとプレイするのに時間がかかるゲームが増えました。

その点、このゲームはオフラインでじっくりプレイでき、1ステージは大体30分~1時間程度でクリアでき、時間が限られている社会人にも優しいゲームです。

私自身も夜寝る前に1ステージずつクリアする、といった感じでプレイしており、まだ全クリアまで至っていません。

(時には1ステージもクリアできず、ムキーッ!となって寝る時もありますが…)

何はともあれ、地味でマイナーゲームながら、面白いゲームなので是非プレイしてみてください。

Steam版はこちら

PS4版はこちら

Nintendo Switch版はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました