FXはひきこもりの良いお金稼ぎになり得るか?

ひきこもり

FXとは、円とドル、ユーロなどの通貨を両替して、その価値変動の差額で儲ける金融商品のこと。

例えば1ドル100円の時に円からドルに両替し、1ドル101円になった時に全て円に戻すと、1万円儲かるという錬金術のような仕組みだ。

私は今から3~4年ほどどっぷりFXにハマっている時期があった。

今回はこの時の経験をもとに、ひきこもりに向いているお金稼ぎなのかどうかを書いてみたい。

スポンサーリンク

デイトレーダーはひきこもりの理想的なお金稼ぎの手段!

まず最初に甘い話からしておこう。

FXはハッキリ言ってひきこもりの理想的なお金稼ぎである。

なぜなら こんな仕事だからだ。

  • 誰とも話さなくてOK!
  • スキル不要!(分析力はいるけど)
  • 画面を見つめるだけの簡単なお仕事です

これで数百万~数千万円の資金があって、コンスタントに勝てるなら、ひきこもりでやれる仕事としては破格の収入になったりする。

私自身も1カ月100万円近く儲けたことがあった。

夢があるよね!

さて、そろそろ現実に戻ろう。

初心者はまず勝てない

上でさりげなく「コンスタントに勝てるなら」と書いたが、これが無茶苦茶難しいのがFXだ。

マグレで勝てることはあっても、コンスタントに勝ち続けることは難しい。

更に言えば、マグレで勝つことすら初心者には難しい。

実際にFXをやっている人がどれくらい勝つ(負ける)のかは以下の記事を参考にしてみてほしい。

見出しでは2017年は60%の人が利益が出ている結果になっているが、これは2017年末までFXで生き残っている人を対象にしており、途中で退場した人は含まれていない。

このことから、実際に負けた人はもっと数が多いと推測できる。

しかも、勝ち越している人でも年間20万円以下がほとんどで、これだけで生活費を稼ぐのは至難の業であることが分かる。

なぜ大半の人が負けるのか?

「FXなんてたかが上か下かを予想するHigh Lowゲームでしょ?」そう思うかもしれないが、それが大きな間違い。

FXはいつ買う(売る)かと、いつ決済するかのタイミングを自分で決められる。

しかし、これが曲者で、人間の心情的にちょっとでも利益が出ているとすぐに決済したくなり、損失があると意地でも決済したくなくなる。

これによって生じるのが、コツコツドカンという現象だ。

これは、コツコツ何度も勝ちを重ねていたのに、1発の負けで全てを失うという、多くの人に起こりがちな負けパターン。

当然この現象はFXをかじったことがある人なら誰でも知っていて警戒する。

それでもやられてしまうのは、ほとんどの場合、マイナス決済した後、マイナスにせずに済んだ場所まで戻ってくるから。

「いつものように戻ってくるから、このまま置いておこう」と思った時に限って、戻ってこないまま損失が膨らんでしまうのだ。

この他にもFXのチャートの中には人の心を揺さぶる罠がいっぱいしかけられている。

初心者はその罠に乗せられ、まんまとお金を取られてしまうのだ。

厳しいFXの世界で勝つには?

FXには勝つために色んな分析方法があったりするが、それよりも重要なのはメンタル。

これは私が思っているだけでなく、トレーダーの共通認識だと思う。

FXでは「絶対に儲けないといけない!」とか「取り返さないと!」というプレッシャーが命取り。

なぜなら、この思いが強ければ強いほど、コツコツドカンになりやすいから。

金銭的に余裕がなく、絶対に勝ちたい人ほど勝てないゲームなのだ。

だから、FXで生活費を稼ぐというスタンスがそもそも厳しい。

本当にFXで勝つつもりなら、無くなっても困らないお金で勝負し、プレッシャーの無い状態を保つことが重要だ。

私の場合、2013年は途中までメチャクチャ好調だった。

しかし、ブログを始めて、結果報告しだして以来、全然勝てなくなった。

これは、知らず知らずのうちにブログに「勝ち報告をしなきゃ」というプレッシャーが乗っかったことも要因としてあったのかもしれない。

少しでもプレッシャーになりそうな事を排除し、お金への執着を捨てることがFXで勝ち続ける上で最も大切なことだと思う。

チャンスタイムだけを狙う手も

結論としては、「生活費を稼ごうとしてFXやると厳しい」

逆にお金に困ったことがないようなひきこもりの人なら、意外と勝てるかもしれない。

世の中は不条理だ。

お金のあるところにお金は集まるようになっている。

一攫千金を夢見ても、ほとんどの場合失敗するようになっているのだ。

ただ、チャンスがゼロという訳ではない。

実は4年前に退場した私だが、一応FXの通算成績は+100万円くらいのプラスなのである。

これはアベノミクス、日銀砲などの凄い良いタイミングで、大幅に利益を伸ばせたから。

FXではたまにこういうチャンスタイムもあるので、チャンスに備えてお金とFX口座、そしてFXの知識を用意しておくのはありかもしれない。

定期的な収入は無理だが、時々のボーナスにはなるだろう。

ちなみにどういう時がチャンスタイムなのかはまた別記事で紹介する。

ただ、あくまで狙うのはボーナスチャンスだけだ。

大抵の人はそれ以外の時も手を出して破産する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました