FXをする時に知っておきたいテクニカル分析の手法

ノウハウ

昨日の記事ではエントリー・決済時の鉄則と、私の考えるチャンス相場(押し目買い、戻り売り)を紹介した。

今回はチャートの形から次にどうなるのか見極める、様々なサインを紹介したいと思う。

スポンサーリンク

テクニカル分析とは?

チャートから次にどうなるのかを予想する方法をテクニカル分析と言う。

FXでは他に、経済ニュースなどを手掛かりに今後の値動きを予想するファンダメンタルズ分析というものもあるが、私はずっとテクニカル一筋なので、こちらについては今回は割愛する。

さて、テクニカル分析と一口に言っても、様々な分析方法がある。

だから「テクニカル分析でトレードしてます!」という人同士でも、上に行くか下に行くか意見が割れることも多い。

だからこそ、人の意見に振り回されない、自分なりのテクニカル分析手法を確立する必要がある。

ここからは主に使われる3つのテクニカル分析方法を紹介しよう。

テクニカル分析の3つの方法

テクニカル指標を利用する

テクニカル指標とは、Wikipediaで以下のように説明されている。

過去のチャートから次の値動きの目安になる情報を抽出するための計算アルゴリズムである。トレンド・偏差・最高価格からの比率・市場心理等様々な観点から指標が作成されて発表されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB%E6%8C%87%E6%A8%99%E4%B8%80%E8%A6%A7

要するに、過去のチャートから法則性を見出して「この法則を守れば勝てるんじゃね?」という提案をしてくれるのがテクニカル指標だ。

テクニカル指標は数多くの物が発表されており、様々な業者のFX取引システムにも組み込まれている。

例えばDMM FXの取引システムでは、以下のようなテクニカル指標が取り入れられている。

画面に収まり切っていないが、数えてみると20種類のテクニカル指標がチャート上に表示できる。

これらはそれぞれ使い方が異なり、大きく分けてトレンド系・オシレーター系に分かれている。

  • トレンド系:現在の相場のトレンドの方向性を表したり、順張りでエントリーするタイミングをシグナルとして出すテクニカル指標。
  • オシレーター系:今の相場が上げ過ぎ(下げ過ぎ)を判定する。上げ過ぎ(下げ過ぎ)なら反転する可能性が高いため逆張り用のテクニカル指標として用いられる

トレンド指標とばっちり噛み合った相場もあり、そのような時には、シグナル通りに取引するだけで勝てることもある。

しかし、全ての相場に対応しているテクニカル指標は存在しない。

運が悪いと全く噛み合わせ連敗が続くこともしばしば。

その時の相場に合ったテクニカル指標が分かればいいが、それが分からないのが最大の問題と言える。

このような弱点を克服するため、テクニカル指標はどれか1つだけでなく、様々なものを組み合わせて使う人もいる。

例えばトレンド系とオシレーター系を1つずつ組み合わせて、トレンドと相場の過熱感を同時に分析したりなどだ。

しかし、個人的には色んなトレンド指標を試し、負けに負けた結果、「結局どれもいらなくない?」という結論に至った。

トレンドライン分析

もう1つの方法は、自分でチャートにラインを書き込んで分析する方法である。

これをトレンドライン分析と言う。

例えば下のチャートに引かれている赤い線のようなもののことだ。

チャート内の安値同士を結ぶ直線をサポート、チャート内の高値同士を結ぶ直線をレジスタンスと言う。

トレンドライン分析の基本は、「上昇トレンドの時にはサポートにぶつかった時に買い」「下降トレンドの時にはレジスタンスにぶつかった時に売り」という単純なもの。

もしも、「上昇トレンド中にサポートを超えて下がる」「下降トレンド中にレジスタンスを超えて上がる」ようなら、トレンドが変化したと見る。

これにより、損切りをするポイントが分かりやすい利点もある。

ただし、トレンドラインを越えてからヒゲになって戻るパターンがあり、大きめに損切ラインを設定したり、しっかり反転を見届けてからエントリーするなどの対策も必要となる。

また水平ラインを引いて分析する方法もある。

チャートを見ていると分かるが、上昇や下降が止まるラインというのは、前回ウロウロしていたラインになることが多い。

これを抵抗と言う。

この水平線を利用して、利確ポイントを決めたり、逆張りする方法もある。

チャートの形の分析

チャートにはよく見られる形というものがある。

この形による予想もテクニカル分析ではよく用いられている。

代表的な形としては以下のようなものがある。

ダブルトップ、ダブルボトム

トレンド転換の際に現れることの多い形。

上昇トレンドから下降トレンドになる場合に見られるのが、M字型のようなチャートになるダブルトップ、下降トレンドから上昇トレンドになる場合に見られるのがW字型のダブルボトムである。

ちなみに第一波ではM字(W字)の大きさと同じだけ下がることが多い。

ヘッドアンドショルダー、逆ヘッドアンドショルダー

こちらもトレンド転換の際に出やすい形。

ヘッドアンドショルダーは名前の通り、頭と両肩のような形に見えるチャートで、この場合は上昇トレンドから下降トレンドの転換の際に度々見られる。

一方、逆ヘッドアンドショルダーは、ヘッドアンドショルダーが逆立ちしたような形に見えるチャートで、こちらは下降トレンドから上昇トレンドの転換の際に見られる形だ。

三尊、逆三尊とも言う。

三角持ち合い

主に方向感のないレンジ相場で見られる形。

最初は大きく上下動していたチャートが、徐々に動きが少なくなり、トレンドラインを引いた際に三角系のような形になる場合を言う。

三角持ち合いのサポート・レジスタンスから外れると、大きく外れた方向へトレンド転換することが多い。

3つの手法を組み合わせて自分なりの分析を確立しよう

ここまで書いてきた分析方法は、最初に書いた通り、どれも正しいこともあれば間違っていることもある。

正しいかどうかは結果論だ。

しかし、自分が「これだ」と決めた手法・ルールはそう簡単に変えてはいけない。

なぜなら、フラフラ手法やルールを変えると、結局いい加減なトレードになってしまうからである。

エントリーする時には、手法・ルールに則って、「なぜそこでエントリーしたのか?」を人に説明できるくらいにした方がいい。

という訳で、昨日の記事で私が上のユーロ円相場をショートのチャンスとした理屈も一応説明しておこう。

  • 下降トレンド中である
  • 何度もレジスタンスラインで跳ね返っている(レジスタンスラインが有効になっている)
  • 今回も118.50超えたところで跳ね返り、ヒゲになっている
  • 上昇トレンドに変化するとしても、もう1度くらいは下を確認する可能性が高い(ダブルボトムや逆三尊が良くある形になっているように、1度の上がりで上昇トレンドになることは少ない)。

短期的にはもう1回上に行く可能性もあるが、レジスタンスラインを大きく超えない限り、また115円台まで下がる可能性が高いと見た。

これが正しいかどうかはまだ分からないが、一度の当たり外れ以上に、常に自分の手法・ルールを守ってトレードできるかどうかの方が、長く生き残るためには大事だと思う。

FXの口座開設していない人は以下からどうぞ。

皆様に爆益あれ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました