アフィリエイトで失敗して心が折れた時に知っておきたいこと

お金稼ぎ

私がこのドメインで以前やっていた「ニトの日当」というブログでは、1人でお金を稼ぐことについて試行錯誤しつつ、その体験談を書いていくというものでした。

このブログは2018年に終了。

実はこの終了の裏で、私はそれまでにないほどアフィリエイトで心を折られてしまっていたのです。

今回はそんなアフィリエイトの失敗体験とそれに続く教訓(?)をご紹介します。

せっせと作ったサイトが狙ったキーワードで1位に!

私は結構色んなアフィリエイトに手を出しており、2018年の最初の頃には、ブログアフィリエイトをしつつ、その傍らでミニサイトの量産も行っていました。

まずセールスページとなるペラサイトを作り、その後はサイト順位をウォッチして上がりそうなら記事を追加していく、というやり方です。

この時だけで20~30は作ったと思います(この手法自体はそれ以前も何度かやっています)。

数か月後、作ったサイトの中で3サイト程度、狙ったキーワードで20~30位程度まで上がってくるサイトがあり、私はこの3サイトに絞って記事を追加していきました。

その結果、作って半年程度でとある1サイトが狙ったキーワードの1位を獲得することになりました。

メジャーなワードではないので、アクセスは多くないものの、アクセスがあれば売れる可能性の高いワードです。

しかし、1位になった翌日、悲劇は起こりました。

悪夢のグーグルアップデート

それはアフィリエイターにとっての悩みのタネ、グーグルアップデート。

2018年の夏ごろ、グーグルアップデートにより、大規模な順位変動が起こりましたが、私のサイトもまともにその影響を受けてしまったのです。

10位前後から1位まで1か月くらいかかりましたが、転落は一瞬。

1位から翌日には30位台になり、次の日には70位台、そのまた翌日には100位圏内から飛ばされていました。

私は何だかんだと5年くらいはアフィリエイトをしているので、こういう経験は初めてではありません。

ようやく数万円程度稼げるようになったと思ったら翌月からガクッとアクセスが落ちたりしたことも2~3度くらいあります。

しかし、2018年に起きたこのグーグルの罠は、私にとって非常にダメージが大きく、「これからどうすればいいだろう…」と途方に暮れてしまったことが、ブログを辞める一因にもなったのです。

続けられる人を選別している?

グーグルアップデートに限らず、アフィリエイトをしていると「希望を持たされた後に落とす」ということをしばしば体験します。

最初から「当たりもカスリもしない」状態なら実力不足だと割り切れますが、こういうのって結構尾を引きますよね。

心が折られてアフィリエイトを辞めてしまうという場合もあるでしょう。

しかし、それこそがグーグルの真の狙いなのかもしれません。

実はこの話にはまだ続きがあります。

この事件後も、私は一度1位を獲得したサイトの順位をずっと計測し続けていました。

すると、3か月~4か月程度で順位が突然100位以内に復帰し、そのまま30位くらいまで戻ってきたのです。

その後、少しサイトをアップデートしながら様子を見てみると、再び3位くらいに舞い戻りました。

一度落ちてもまた挽回のチャンスはあるということです。

結局何が言いたいかというと、グーグルはわざとこういう変動を時々起こして、順位が下がろうが収入が減ろうがそれでもサイトを続けていく情熱を持っている人を選別しているのかもしれない、ということ。

まぁ多分私の勝手な妄想だと思いますが、こうやって思っておけば、「グーグルの振り落としの罠かっ!」という心構えができる気がしませんか?

それと同時に思うのは、やっぱりジャンルは自分の得意なもの、好きなものの方がこういう時に続けやすいかなぁということです。

上で書いていた私のサイトは完全に儲け目的のサイトで、私の好きなジャンルではありませんでした。

なので、再び3位に上がった後、結局更新を怠り再び転落、その後死亡(ドメイン放棄)しています。

もし私が目を瞑っても書けるようなジャンルなら必死で守り通したと思いますが、書くのにちょっと気合がいるジャンルはなかなかムズイですね…(人の記事なら書くのに自分の記事になるとサボる癖)。

私は今ガツガツのアフィリエイトはしていません。

今後またやるかもしれないし、別のことに切り替えていくかもしれません。

ただ、このブログは何かで心が折れて辞めるようなことがないように、また、将来的には目を瞑ってでも書けるブログになるといいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました