【Hand of Fate 2】「愚者」ストーリー攻略日記1

ゲーム

以前「Hand of Fate 2」のレビュー記事を書いた。

調べてみたところ、マイナーゲーム故あまり攻略記事も無さそう。

だから、ついでに書いちゃおうと思う。

(記事数も増えるしね!)

ただ、本当にピンポイントを狙った記事になってしまうため、ゲームが分からない読者でも何となくストーリーが分かり、楽しめる記事になれば…と思う(意味ないかもだけど)。

スポンサーリンク

愚者のストーリー

ご注意

本作は「プレイヤーの分身となる主人公が机の向かいにいる占い師風の男とゲームをする」という内容となっている。

それぞれのステージのストーリーとは、そのゲームの主人公と占い師が行うゲームのシナリオのこと。

つまり「ゲームの中で行うゲームのストーリー」のことを指す。

ちょっとややこしいですがご了承いただきたい。

ちなみにエンカウンターカードごとのシナリオもあるが、ここでは無視することにする。

登場人物

主人公:この記事では便宜的にニトと呼ぶことにする

マラクリプス:盗賊リーダーで詐欺師な吟遊詩人

マラクリプス

愚者のストーリー

冒険者ニトは、父からもらった大事なお守りを盗賊に盗まれてしまう。

大事なお守りを取り返すべく、逃げた盗賊を追いかけるニト。

森の中で盗賊グループを見つけたニトは、襲われている農民を救うため盗賊と戦うことになる。

無事に勝利したニトだが、倒した盗賊はお守りを持っておらず、仲間を見つけるため、更に森の奥へ進む。

すると、今度は盗賊同士で仲間割れしている場面に遭遇。

どうやら盗賊のリーダーが、不満を抱えた部下達に命を狙われているようだ。

盗賊のリーダーはニトを見つけて、助けを求めてくる。

馴れ馴れしく話しかけてきた彼の名前はマラクリプス。

ニトはお守りを条件にリーダーと共に、盗賊を退ける。

約束通りお守りを返してもらったニトだったが、マラクリプスの口車に乗せられ、今度はマラクリプスが借金をしている泥棒ギルドのビグナスのもとについて行くという面倒ごとに巻き込まれてしまう…。

仲間キャラの1人であるマラクリプスとの出会いが描かれた導入ストーリー。

ニトの大事なお守りを盗んだ盗賊のリーダーが何故か仲間になるという展開で、しかもこの後はマラクリプスの都合の良いように使われる。

割とお人よしな主人公だ。

愚者の攻略ポイント

オススメのデッキ構成

デッキの規定枚数(2回目以降):仲間0、エンカウンター5、装備5、物資0

オススメカードなど:特になし

何も考えなくても攻略できるチュートリアルステージ

「攻略ポイント」と書いたものの、愚者はチュートリアルステージのため、何も考えずともクリアできる。

最初にプレイする時には、デッキ構築すらできないので、流れるままに進めばOK。

万が一詰まる部分があるとすれば、戦闘で敗北するパターンだろうか。

この時点での戦闘は□ボタンで攻撃、×ボタンで回避、△ボタンでガードさえ覚えておけば大丈夫だ。

敵の頭上に緑色のマークが出ている時は防御、赤色のマークが出ている時は回避することを覚えておこう。

△ボタンで防御後、すぐに□ボタンで攻撃すると「リポスト」という通常の攻撃よりちょっと強めの攻撃を繰り出せる。

本作では基本的に敵の攻撃を食らわないのが大切。

攻撃よりも防御・回避を優先して無駄なダメージを抑えると良いだろう。

イベントでは度々カードガンビットが発生しますが、例え全部失敗を引いても、戦闘さえミスしなければ、充分クリアは可能だ。

ちなみに愚者の中盤でマラクリプスにお守りを返してもらうと、キャラクターメイキングができるようになる。

キャラクターメイキングは顔、髪型・服の色を用意されている中から選ぶだけのシンプルなもので、最初はそれほど選択肢の幅も広くない。

後からも変更可能で、ストーリーを進めることで選べる髪色・衣装も増えるため、ここでは適当に決めてしまっても大丈夫だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました