終身雇用の終わりで庶民の生活はどう変わる?

無駄話

昨日のニュースでトヨタの豊田社長が「終身雇用の限界」について発言していました。

既に終身雇用の終わりについては様々なところで言われてきましたが、日本一の企業の社長がこの発言をしたことで、かろうじて終身雇用を維持してきた大企業でも終身雇用離れが加速しそうです。

今回は労働者の立場からもう1度終身雇用のメリット・デメリットを見直し、これが無くなることによる今後の変化を予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

終身雇用のメリット・デメリット

日本が昭和の時代に築き上げた終身雇用制度。

これは漢字の意味の通り、「1つの会社が定年まで雇用し、面倒みていくよ」という制度です。

会社への在籍年数が多いほど給料が上がる年功序列制度をセットになっており、若い時は薄給でも、経験年数が増えれば増えるほど給料が上がっていくことが約束されていました。

終身雇用は労働者から見て、次のようなメリット・デメリットがあります。

終身雇用のメリット

  • 将来のお金の心配がない(定年後は年金ももらえる)
  • 特別優秀でなくても、勤め続けるだけで給料が増えていく
  • 解雇される心配がほとんどない

将来の心配が少なく、他の人より秀でていなくても、同じ企業で働き続けてさえいれば食うに困らないのが終身雇用のメリットです。

安定を求める人にこれほど良い制度はないでしょう。

ただ、終身雇用とセットで運用されてきた年功序列は2000年代には次々と成果主義と併用されたり、入れ替わったりしており、給料が増え続けるというメリットは大分前から一部を除き既に終わっています。

終身雇用のデメリット

  • 最初に選んだ企業との相性が合わなくても転職がしにくい
  • 在籍年数で評価されるため、優秀な人でも大きく給料が増えない
  • 若い時は大変な割に給料が安い

一方で終身雇用の大きなデメリットとしては、チャレンジがしにくく、優秀な人も特別扱いされにくいというものがあります。

変化を求める人にとっては、籠の鳥のように不自由さを感じる制度と言えるかもしれません。

ただ、現実的に変化を求める人より安定を求める人の方が大多数なので、労働者にとってはデメリットよりメリットを感じる人の方が多かったのは間違いないでしょう。

終身雇用が完全に終わるとどうなる?

では終身雇用が完全に廃止になると、日本の労働環境はどのように変化するのでしょうか。

ここからは私の予想する未来を書いてみます。

優秀な人材はますます高収入になる

終身雇用の廃止で得をするのはずばり優秀な人です。

そもそもなぜ終身雇用制度ができたのかと言うと、「どんな人でも長く勤めることで技術・能力が身につく」という考え方のもと、技術・能力を持った人を会社にずっと留めておくためです。

つまり、社内でしっかり教育して技術・能力を身につけさせることが会社の長期的な利益となっていたんですね。

でも、終身雇用が終わると、会社にとっていつ出ていくか分からない社員に丁寧な教育をするのはお金の無駄です。

すると、「教育しなくても最初から優秀な人を雇えばいいじゃん」って話になり、優秀な人は多くの会社から引く手あまたになります。

会社は優秀な人を雇うために、これまで教育に使っていたお金を優秀な人の報酬に上乗せして囲い込もうとするため、これまでより優秀な人はより給料が高くなっていくと思われます。

初任給が上がる

上と同様に、これも優秀な人を集めるための会社の戦略です。

新卒採用・中途採用共に、求人票などに書かれる給料は今後大きくなっていくでしょう。

ただ、初任給が上がるからと言って喜んでばかりもいられません。

年功序列で働く期間が長いほど給料が上がるという制度はなくなっているので、同期内でも優秀な人とそうでない人との差はすぐに開いていくことになります。

下手をすれば、給料が初任給以下になるという人も出てくるかもしれませんね。

解雇が簡単にできるように法改正される

これは終身雇用が終わったらどうなるか?というより、むしろこの法改正が完全な終身雇用終了の合図です。

今でもなんだかんだ言って、一旦正社員になった人はそう簡単に解雇できません。

どんなに使えない人であってもです。

今後、それほど遠くないうちに正社員でも解雇が簡単になる法改正は必ず行われるでしょう。

正社員と非正規労働者の待遇を同じにする「同一労働、同一賃金」「副業禁止の緩和」は法改正がされた後に混乱をしないための布石とも考えられます。

Wワーカーが増える

優秀な人がいれば、そうでない人もいる訳で…。

当然、世の中には優秀でない人の方が多数派です。

このような優秀でない人は、正社員であろうが非正規社員であろうが、これまでよりも給料は減り、優秀な人との貧富の差は広がっていくことになるでしょう。

こうなると、当然1つの仕事だけで食べるのも苦労することになるので、今後は2つ以上の仕事を掛け持ちする人が増えてくると思われます。

2つの仕事を掛け持ちするとなると、労働時間は当然長くなります。

働き方改革で残業時間は減りましたが、結局のところWワークすることになれば、むしろ1人当たりの労働時間は今後ますます増えていくことになるかもしれません。

Wワークをしないであろう、管理職は働き方改革から除外されていますしね…。

ニート・引きこもりも増える

引きこもりブログなので…って訳ではないですが、恐らくこのような社会の変化について行けず、ドロップアウトする人も多いと私は思っています。

例えば、一生懸命働いていた会社から突然の解雇を言い渡され、ショックで引きこもりになる、なんて人も多く出てきそうです。

若い人はやり直しが効くかもしれませんが、今も問題となっている中高年層は厳しいですよね。

引きこもりの生き残り戦略を伝えたい

実は私がこのブログを再開したのは、上で書いたように今後引きこもりが増えてくるのを見越して、という面もあります。

今後、引きこもりの先輩として、そういった人に何らかの生き残るための方法をアドバイスできるブログにしていきたいです。

ぶっちゃけ、まだ全然私の中でもまとまっていませんが、脳みそと身体を使って色んな方法を考えてみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました