電子タバコ用リキッドの自作!材料やニコチン入りリキッドの作り方

Comoriグッズ

前に電子タバコの記事を書いたが、ついでに中に入れるリキッドの話も書いておきたいと思う。

電子タバコのリキッドはお手軽・簡単に吸いたいなら購入するのが手っ取り早い。

Amazonや楽天でも、「電子タバコ リキッド」などで検索すれば沢山の商品が出てくる。

しかし、ここで紹介するのはリキッドを購入するのとは別の道、自分でリキッドを作る方法だ。

リキッド代を節約することができたり、元々購入したリキッドを自分好みにアレンジできたり、手間がかかることを除けば自作にもメリットは沢山ある。

この記事ではそんな自作リキッドに必要な物や自作の仕方を紹介する。

スポンサーリンク

自作リキッドに必要な物

まず、リキッドを作るために必要なものを紹介していく。

最低限必要なものは以下の通り。

注射器(スポイト)

注射器 or スポイトはリキッドを作る調合時に使用する。

一度に作る量は大体10~30ml程度のことが多く、1.0ml、5.0ml(30ml作るなら10.0mlも)が量れるものがあればOKだ。

リキッドの保存容器

電子タバコのリキッドを保存するのに使う容器。

特に見た目にこだわらないのであればなんでも良く(身体に入れるものなので清潔なものが条件ではあるが)、家に使っていないコスメ用容器などがあればそれで代用するのもアリ。

電子タバコへのリキッドの補充しやすいように、口がすぼまっている物がベスト。

グリセリン(VG)

グリセリンは電子タバコのベースとなる薬品の1つ。

VGオンリーで吸うこともできなくはない。

液体はかなりドロドロしており、味はほんのり甘め。

プロピレングリコール(PG)

プロピレングリコールはグリセリンと共に混ぜてベース液とすることが多い薬品。

こちらはサラサラの液体で、味は無味。

ちなみにVGとPGの割合が決まっているのであれば、最初からVGとPGが混ざっているものもある。

↑はVG:PGが50:50のもの。

VGが多いほど煙が多くなって少し甘味があり、PGが多いほどさっぱりした味になる。

お好みで入れるもの

ここからは作るリキッドによっては必要になるもの。

お好みで入れたり入れなかったり。

ニコチンベース液

ニコチン入りリキッドを吸いたい人はニコチンも必要だ。

しかし、日本では法律上ニコチン原液は販売してはいけないので、海外から個人輸入する必要がある。

私の場合はHiLIQというサイトで購入している。

リキッド原液

リキッド原液とは、電子タバコ用リキッドをベース液で薄める前の状態のもの。

原液を購入すれば、自分でベース液と掛け合わせて、自分の好みに濃さを変えることができる。

リキッド原液は普通に日本でも購入できるが、既に完成しているリキッドと原液がAmazonなどではごっちゃになっている…。

甘味料

リキッド原液とベース液を混ぜただけでは香りがつくだけで、味覚的な面は変わらない。

そこで甘めのリキッドを作る場合は、甘味料を入れる人も多いようだ。

私は入れたことがないのでよくわからんが、上記のような甘味料を入れるみたい。

メンソール結晶

メンソールのようにスーっとした爽快感が欲しい人に。

メンソールは液体もありますが、私は結晶を買った。

10ml作るのに、耳かき1杯分程度と、ほんの少し入れれば充分なので、電子タバコだけでは全くなくなる気がしない…。

一番少ない量の結晶を購入しよう。

タバコの代わりにニコチン入りリキッドが吸いたいだけであれば、VG+PG+ニコチンベース液などの組み合わせでも充分。

こだわりたい人であれば理科の実験のようにあれこれ混ぜて、どの味が自分に合うか試してみよう。

私の場合は、これまで自作リキッド以外に購入したニコチンリキッドも試してきたが、しばらくは自作リキッド(VG+PG+ニコチンベース液+メンソール結晶+α)でいいかな、という結論となった。

「買うもの多いな!」と思うかもしれませんが、恐らく全部購入しても1万円以下だ。

リキッド原液以外は1回で使う量も少なく、かなり長持ちする。

ニコチンリキッドの作り方

自作リキッドと言っても難しいことはない。

ここまで紹介したものを、自分の好みで混ぜ合わせていけば完成だ。

ただ、ニコチンを入れる場合だけ危険度が一気に跳ね上がるので注意!

ニコチンは人体に毒な薬品である。

直接手で触ったりするのもダメだし、適当な分量を混ぜるのも危険。

ニコチン入りのリキッドを作る場合は、必ずゴム手袋などを付けてきっちり計測しながらリキッド作成しよう。

ニコチンリキッドを作る場合、まずはVG+PGのベース液とお好みでリキッド原液や甘味料などを混ぜ合わせて、ノンニコチンリキッドを作成する。

そして、そのノンニコチンリキッドの量に応じて、ニコチンベース液を加えるという手順になる。

ノンニコチンリキッドとニコチンベース液の割合の目安は、以下のサイトに計算表があるので、参考にして欲しい。

参考にタバコの銘柄が書いているが、最初は自分が吸っていたタバコよりも1ランク下げるくらいのレベルの量で試してみた方が無難。

私はニコチン入りリキッドを10ml作成する時、当初はノンニコチンリキッド9.6mlにニコチンベース液0.4mlで作成していたが、現在はノンニコチンリキッド9.3mlにニコチンリキッドを0.7ml加える形で作成している(もうちょいニコチン割合増やしてもいいかなと思っている)。

あと、ニコチンリキッドを加えた後はよく攪拌し、1か所にニコチンが固まらないように気をつけよう(VGベースのニコチンベース液は特に混ざりにくいです)。

スティーブ(しばらく寝かせる)

自作したリキッドはすぐにでも試してみたくなるもの。

しかし、使用するリキッド原液によってはしばらく寝かせることでよりおいしくなることもある(購入したリキッドも同じ)。

このしばらく寝かせることをスティーブと言う。

スティーブのやり方は簡単です。

1日1回くらい容器のキャップを開けて10分程度放置し、10分経ったら蓋を締めてよく混ぜることを2週間ほど行うだけ。

こうすることによって空気と混ざって参加し、リキッドの色も少しずつ変化していく。

スティーブをした方が美味しくなるリキッドは、主にフルーツ系やドリンク系のフレーバーなど香りが強めのものだ。

これらのフレーバーはスティーブ前後でかなり劇的に味が変わる。

一方でメンソールなどはスティーブする必要はあまり感じない(変わらない?)。

これは実際にやってみた方が実感しやすいと思う。

自作でリキッド量に余裕が出来たら是非やってみてほしい。

こだわり出すと止まらない

自作リキッドの味を決定するのは様々な条件があります。

  • ベース液のVGとPGの割合
  • リキッド原液のフレーバー(原液の掛け合わせも!)
  • ニコチンの量
  • 甘味料の量
  • メンソールの有無
  • スティーブをするかどうか
  • 自作リキッドを入れるVAPE(機種や設定)

ぱっ思いついただけでこれだけあり、他にも色んな条件があると思う。

電子タバコといえども、極めようと思うとかなり深い世界だ。

私はこだわりが薄いので、割と吸えればなんでも良い派だけど…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました