【Hand of Fate 2】「女帝」ストーリー攻略日記4

ゲーム

「Hand of Fate 2」の攻略記事第4回。

今回は英雄っぽい展開の4つ目のストーリー、女帝の攻略だ。

スポンサーリンク

女帝の物語

登場人物・勢力

ニト:タロスの長老の依頼でレイダー退治をすることに。

マラクリプス:詐欺師な吟遊詩人。初回プレイでは固定の仲間キャラクター。

マラクリプス

コルビョルン:グルダ戦に飛び入り参加してくる北国人。2人目の仲間キャラクターになる。

シャーマン・グルダ:レイダー達のボス。村を襲い略奪を繰り返している。

タロスの長老:レイダーに破壊された村、タロスの長老。ニトに「フレサの怒り」を託す。

北国人:今回はシャーマンの配下として登場する。

女帝のストーリー

冒険の中でタロスという村に辿り着いたニト達。

タロスはシャーマン・グルダが率いるレイダー達によって破壊し尽くされていた。

グルダ達は自分の野営地の封印を破壊することができる武器「フレサの怒り」を探し各地の村を襲っているらしい。

フレサの怒りはタロスの長老が隠し持ち、レイダー達から守り続けていた。

長老はフレサの怒りをニトに託し、グルダを倒してほしいと依頼。

しかし、フレサの怒りを扱うには人々の名声が必要となるため、ニト達はグルダを追いながら村を救い、名声を集めることになる。

前回までも一応パラメータとして表示されていたが、特に見る必要のなかった「名声」というパラメータが、今回から本格的に導入される。

名声とは有名度・英雄度みたいなものを表している数値だ。

戦闘で勝利したり、人々を助けるような行動を取ることで上昇していく。

数はそれほど多くないが、悪いことをすると名声が下がることもある。

この名声は強い武器・防具を装備するために必須となるパタメータで、装備ごとに必要な名声が決まっている。

今回登場するフレサの怒りの必要名声は20。

名声はエンカウンターイベントや戦闘などを積極的に行っていけば、お金や食料、最大体力といったパラメータに比べると比較的狙って上げやすいため、20という数字はそここまで厳しい数字ではない。

私は初回で金クリアしてしまい確認できないが、名声が20に届かなければ銀クリア扱いになるのかもしれない。

女帝攻略のポイント

オススメのカード

デッキの規定枚数:仲間1、エンカウンター10、装備8、物資1

エンカウンターには戦闘が発生するものや、人助けするような内容のものを入れておくと名声が上げやすくなる。

戦闘ナシで上げたいのであれば「腕相撲」「建物の火事」などがオススメだ。

「建物の火事」は火事になった建物内に残された住民を助けるというイベントで、ホイールガンビットで成功・失敗が判定される。

体力が減るリスクもあるが、全員を救出すれば最大で名声8まで上げることが可能だ。

武器は北国人が多いので剣+盾、物資は食料 or 剣にすると良い。

ちなみにフレサの怒りはハンマーで北国人とは相性が悪いが、武器自体が強いので、フレサの怒りでボスを撲殺することも充分可能。

ボス、シャーマンがちょっと厄介

このステージのキモである名声上げは全く難しくない。

それなりに名声が上がるエンカウンターカードをデッキに入れておけば、2マップ目くらいには達成できるはずだ。

私は1マップ終了時に達成してしまったので、速攻で終わってしまった。

このステージでちょっと厄介かもしれないのはボス戦。

グルダはプレイヤーから逃げるように移動しながら、仲間の体力を回復される魔法を延々使ってくる魔法使いだ。

グルダを放置しておくと延々北国人の体力が回復し続けることになるため、まずはゲルダを追いかけて戦闘不能にしておくのがセオリーだと思う。

しかし、近づいて殴っていると、その場にガード不能の範囲魔法を残して、本体は離れた場所にワープする能力があり、なかなか一気に倒すのが難しい。

グルダばかりに集中していると、別の北国人に囲まれての攻撃を食らうこともあり、周りに警戒しながらも速やかにゲルダを排除する必要がある。

今後のステージにも普通にシャーマンは雑魚として登場するので、ここでシャーマン対策に慣れておくといいだろう。

女帝をクリアすると、新たな仲間コルビョルンが仲間になり、仲間カードがマラクリプスとコルビョルンから選択できるようになる(これまでクリアしたステージでも使用可能)。

コルビョルンは「スキンヘッドの二刀流剣士」といかにも強そうなキャラクターですが、戦闘面ではすぐにダウンしてしまい、ぶっちゃけマラクリプスの方が役立つ場面が多い。

ただ、ガンビットの補助としては、「ダイスガンビットのダイスを1つ増やしてくれる」という優秀な能力を持っており、マラクリプスのホイールガンビットリトライより圧倒的に使う機会が多い。

戦闘用のマラクリプス、ガンビット対策のコルビョルンで使い分けると良いだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました