【Hand of Fate 2】「恋人」ストーリー攻略日記7

ゲーム

「Hand of Fate 2」の攻略記事第7回。

今回はちょっとコミカルなノリの「恋人」ステージの攻略だ。

スポンサーリンク

恋人の物語

登場人物・勢力

ニト:巻き込まれ体質の主人公。今回はオスウィンを恋人から守るために護衛を引き受ける。

オスウィン:じゃがいも大好き農夫。かなり抜けていて、様々な命の危険にさらされる。

オスウィンの恋人:オスウィンと永遠に結ばれるために殺そうとする恋人。その正体は…。

スケルトン:オスウィンの恋人がオスウィンを殺すために送り込む骨集団。

恋人のストーリー

オスウィンという農夫と知り合ったニト。

オスウィンは恋人に命を狙われているのだと言い、安全な自分の村まで護衛をして欲しいとニトに依頼する。

道中、様々なトラブルに巻き込まれ、命の危機に陥るオスウィン。

ニトは無事にオスウィンをナイトシェードコープスという村まで送ることができるのだろうか。

前回の「法王」が推理ものだとすれば、今回はコメディチックなお話。

最初は、変な人に目を付けられた不幸な人だなぁと思いますが、道中で様々な間抜けな失敗をしては死にかけるオスウィンを見ると、どんどんイラついてくるようになる不思議。

自らトラブルを呼び込むオスウィンが、どんどん自業自得に思えてくるのだ。

そんなオスウィンに呆れながら、安全だというナイトシェードコープスまで護衛することになるが、もちろん、最後は恋人とご対面することになる。

すぐに誘拐されそうになるオスウィン…

このステージの特徴は、仲間カードがオスウィン固定になることである。

しかも他の仲間カードと違い、オスウィンは体力が表示され自動で回復しないという特徴を持っている。

オスウィンの体力を回復するには、主人公同様にキャンプで食料を消費して回復させる、歩いて体力を回復させる、の2つの方法しかない。

彼は農夫で他の仲間カードのような特殊な能力や戦える能力もないのに、戦闘にはちゃっかり参加し、敵の攻撃を受けると体力が減ってしまう。

簡単に言えばお荷物だ。

ただ、食料さえあればオスウィンの体力はいくらでも回復できるので、比較的簡単なステージではある。

恋人攻略のポイント

食料があればキャンプでオスウィンの体力回復ができる

オススメのカード

デッキの規定枚数:仲間0、エンカウンター8、装備8、物資2

上で書いた通り、恋人では仲間カードが使えない。

エンカウンターカードは食料を確定で得られるカードを多めにしておくと楽(年老いた女神など)。

また「法王」の金クリアで得られる白金カード「盗賊との取引」があればかなり楽になる。

今回固定カードで出てくることが多いのはスケルトンなので、武器は何でもOK。

装備品は途中で起きるオスウィン誘拐を回避するために、カードガンビットが有利になる装備を入れておくと便利だ。

物資は食料+もう1つは何でも。

このステージはそれほどガチガチに準備しなくても、割と何とかなるはず。

アーティファクトを使いこなせ!

前のステージ「法王」に比べるとかなり楽なステージで、例えガンビット失敗を連発しても割とクリアできてしまう難易度だ。

食料の調達、オスウィンの体力だけ注意しておこう。

このステージでは、「アーティファクト」という戦闘中に使える魔法のような装備が初登場する。

アーティファクトはR1ボタンを押すことで、放つ場所を選択でき、もう1度R1ボタンを押すと発動。

このステージの最初にもらえる「神聖な浄化」はスケルトンに大ダメージを与えることができる範囲攻撃で、上手くやれば全てのスケルトンを巻き込んで一瞬で倒せる威力を持つ。

大量にスケルトンが登場する戦闘などで有効利用しよう。

ただ、「神聖な浄化」は使用が3回しかできないため、使いどころは注意だ。

アーティファクトは「神聖な浄化」のような攻撃タイプの他、戦闘中やキャンプで回復ができるもの、戦闘で一時的にプレイヤーを強化してくれるものなどが今後登場するようになる。

スケルトンはこれまで出てきた敵の中でも最弱の部類。

ただ、一度倒しても一定時間で蘇る特性があり、これがちょっとウザイ。

特にどの武器が有利とかはないが、攻撃頻度は高めなので、剣+盾や双剣によるリポストを使いこなすのが良いかもしれない。

ボスは離れて不可避の魔法を使ってくる厄介な敵だが、最初にボスを倒そうとするとスケルトン集団にオスウィンがボコられる危険があるため、「神聖な浄化」で取り巻きを一瞬で減らしてしまう方が安全。

ボス戦に備えて1~2発分くらいは温存しておくのをオススメする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました