「やる気がでない、どうしよう」と思ったらやってみること

無駄話

「Comoriの世界」を始めてから1カ月が経ちました。

個人的には(え、まだ1カ月しか経ってなかったの?)というのが率直なところ。

もっと書いてるかと思ってました…。

何はともあれ、1カ月続けられたことは良かったです。

この1カ月の間には(やる気でないなぁ…今日どうしようか)と思う日も正直結構ありました。

仕事はもちろん、趣味で何かをしている人さえもそういう日はあるのではないでしょうか。

今回の記事ではそんなやる気が起きない時の対処法について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

なぜやる気がでないのかを考えてみる

一言でやる気がでないと言っても、やる気が出ない原因はその時によって違うと思います。

私は結構やる気がでなくなることが多い人間なのですが、そのパターンを考えてみると大きく以下の3つに分類できることに気づきました。

  • やらなければいけないことが面白くない時
  • 身体・心がだるい・疲れている時
  • 難しい問題に直面して面倒くさい時

ここからはそれぞれにのパターンの説明と、その対処法を紹介したいと思います。

面白くなくてやる気がでない場合

自分の全然興味ないことをやらなければならない時ってありますよね。

そういう時にやる気がでなくなるパターンがこれに当てはまります。

私の場合、webライターとして記事作成を請け負う時には、リサーチをして、文章を書いていきます。

大抵の場合、全く知らない分野でもリサーチの中で「あっ、これ面白いな」と思える部分があるのですが、ごく稀に、リサーチしても全く面白くない分野もあります。

こういう記事を書くのは割と地獄で、他の興味のある記事に比べて、ついついだらだらと作業しがちになります。

こういう場合、やる気を出すにはどうしたら良いのでしょうか。

面白いポイントを見つける

まず最初にやるべきは、自分が面白いと思えるポイントを探してみることです。

私も上で書いた通り、なるべくリサーチする時には、自分が興味を持てることを探すように努力しています。

例えば私にとって芸能ゴシップみたいなものは全く興味のない分野ですが、意外とその人が考えていることとかを読んでみるとゴシップネタそのものに興味が無くても、その人に興味を持てたりするんですよね。

そういう自分の興味が沸いたポイントから芸能人やニュースに興味を持つことで、リサーチを楽しめるようにするという工夫をしています。

また、ライター以外での仕事も「この作業は1時間で終わらせる」みたいな目標を自分で勝手に作って作業することで、自分でモチベーションを上げるようなことを無意識にやっていたりします。

「自分は興味がないから」と決めつける前に面白いところを見つける努力をしてみると、やる気が出せるかもしれません。

面白くないことはしない

ただ、面白いポイントを見つけられることばかりではないですし、全然自分が興味のないことというのはやはりあると思います。

そういうことは、絶対にやらなきゃいけないものでない限り、なるべく避けた方が良いでしょう。

面白くないことをやる労力って、面白いことをやる労力の数倍体力を使います。

例えば、私が上で書いたようなどこを探しても全く面白い要素が見当たらない記事を書く時、普段の2,3倍くらいの時間を使いました。

この時間を他記事を書く時間に充てていれば、同じ単価なら単純に2,3倍稼げていたことになります。

しかも、「やる気がない」という状態異常を引き起こしているので、その後別の作業をするにも影響が出る可能性もありますよね。

なので、わざわざ自分で「面白くないことを選ばない」のも結構大事なことだと思います。

体調不良からやる気がでない場合

「朝起きたら頭がぼーっとしてやる気がでない」「身体が重くてやる気がでない」なんてこともありがちなパターンですよね。

このパターンは病気や寝不足、疲れ、栄養不足で頭が回っていないなどの原因が考えられます。

まずは身体を回復しよう

このようなコンディションの悪さからやる気が出ない場合の解決法は1つ。

よく食べて、寝てください。

朝起きてこんな状態であれば、時間がある人なら二度寝した方がいいし、仕事をしている人でも通勤中や休憩中に仮眠取らないと結局1日を無駄に過ごすことになります。

私はメンタルがやられた当時、ほぼ毎日こんな状態でした。

その後、精神病院に1カ月ほど入院することになり、最初の4日間は食事の時間以外ほぼ1日中寝ていたのを覚えています。

もちろん薬などの効果もあったと思いますが、この4日間ぐっすり眠れたことが何よりの回復効果があった気がします。

あんまり参考にならない例ですが、常に頭にぼんやりモヤがかかったようになっている人は、まずはしっかり食べて寝てください。

やる気を出すのはそれからでも遅くないはずです。

面倒でやる気がでない場合

難しい問題に直面した時、やる気がでなくなることってありませんか?

例えば、「確定申告しなきゃいけないんだけど、意味が分からなくてめんどくせー」みたいなやる気が出ないパターンのことです。

これらは「面白くない」「身体が疲れている」という上で紹介した要因と組み合わさっていることもありますが、単純に面倒なだけの場合は、無理やりにでもやる気を出してちょっと頑張った方がいい場面だと思います。

なぜなら、何をするにも絶対に難しい問題は立ちはだかるからです。

例えばブログなんて文章を打っていくだけの簡単な作業に思えますが、それでも続ける中で「途中で何を書いていいか分からなくなる」「アクセスが伸びなくてどうしようか悩む」「デザインの整え方が分からなくて困る」というような様々な問題にぶち当たります。

これらの問題が面倒で挫折するなら、結局前に進めませんよね。

とか言いつつ、私も前のブログを挫折した人間なので偉そうなことは言えませんが、単純に面倒くさいというだけで進むのを止めるのはもったいないと思います。

では面倒でやる気がでない場合は、どうしたら良いのでしょうか。

試しに始めてみる

難しい問題に直面した時、まず解決法を色々考えてみたくなりますよね。

頭の中にプランA、プランB、プランCと作って、シミュレーションしてみたり。

私もよくやるのですが、これって結構頭の中の段階で「プランA~C、全滅です!」となりやすいです。

こうなると、もうプランA~Cは怖くて実践できませんよね。

ぶっちゃけ、私は一度頭で綿密にシミュレーションしてしまったことで、実行できたことは1つもありません。

例えばこの記事についても、「面倒でやる気を失ってるのって自分のことじゃねーか。書いてる内容も実践できてないこと多いし、そんな人間がやる気についての記事を書くなんておこがましい」とか考えちゃうわけですよね。

こういう考え始めたら何もできなくなります。

なので、シミュレーションするよりも前に、思いついたプランはまず実践してみてしまった方がいいです。

自分の頭の中のシミュレーションが間違っていて、実はそれなりに成功した、なんてことも出てくるかもしれません。

私自身まだまだできていないことでもありますが、「試してみる」というのは最近なるべく意識するようにしています。

自分で見返す記事になりそう

しょっちゅうやる気がなくなる人(=ニト)による、やる気を出す講座でした。

このブログを書いていく上でもこれからやる気がしない日は出てくると思いますが、今回の記事を自分で読み直して、何とか続けていけたらいいなぁと思っています。

2カ月目も今の更新ペースを維持して頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました