【Hand of Fate 2】「戦車」ストーリー攻略日記8

ゲーム

「Hand of Fate 2」の攻略記事第8回。

今回は第3の仲間が加入する、「戦車」ステージの攻略だ。

スポンサーリンク

戦車の物語

登場人物・勢力

ニト:主人公。今回はエストレラに頼まれ、堕落から市民を守るために奔走する。

エストレラ:帝国の女性軍人。帝国軍人の割に良識があり、市民のために戦うことを決意する。

スターリン隊長:何も考えず、帝国の命令をただ忠実に実行する軍人。

堕落:元人間だが、何らかの影響により、狂暴で人ならざるものになったゾンビ的なモンスター。

戦車のストーリー

帝国領のとある町に来たニト。

その町は多くの堕落に襲われ、今まさに崩壊しようとしていた。

町を守る使命があるはずの帝国は、堕落の存在を恐れるあまり、町を閉鎖した上で生きている市民もろとも焼き尽くそうとしている。

それに異を唱える帝国兵エストレアの頼みにより、ニトは生きている市民を集め、町を脱出する手助けをすることになる。

久々のRPGらしい王道シナリオ。

このステージでは各所にある固定エンカウンターイベントで市民を集め、最終的には60人集めるのが目的となる。

ほとんどの市民は無条件、もしくは堕落との戦闘後に失敗なく集められるが、終盤に登場する子どもたちのみ、条件をクリアしないと集められないため注意が必要だ。

戦車では、これまでのステージのように全てのエンカウンターカードが表示されず、移動した先の隣に配置されるカードのみが表示されていくようになっている。

マップを隅々までまわると意外と大きく、これまでのステージよりクリアにかかる時間も長め。

食糧管理には充分注意しよう。

戦車攻略のポイント

オススメのカード

デッキの規定枚数:仲間1、エンカウンター8、装備10、物資2

ステージ全体が意外と長く食料不足に陥りやすいので、エンカウンターカードは食料が確保できるものを多めに入れておくのが良いだろう。

白金カードは「盗賊との取引」がオススメだ。

雑魚敵は堕落がメインで、ボスが帝国兵なので、武器は両手武器がベスト。

両手武器なら強打攻撃で堕落のアーマーも20ずつ削っていける(片手武器だと10ずつ)。

また、戦車では振り子ガンビットが多く発生する。

振り子ガンビットが苦手な人は振り子が有利になる装備を多めに入れておくと安全だろう(「聖なる王冠」など)。

アーティファクトを入れるなら「流血の水銀」一択。

物資は食料、もう1つは適当でOK。

数でゴリ押ししてくる堕落と食料管理が重要

このステージは運要素も少なく、比較的簡単なステージである。

上で紹介したオススメカードでガチガチに対策すれば、余裕でクリアできるだろう。

(苦労していないので正直、一番印象の薄いステージかもしれない。)

ちょっと嫌なポイントとしては、敵として出てくる堕落の数が多く、アーマー持ちも多いこと。

堕落の攻撃はガードの受付時間が短めなので、集中力が切れている時にプレイしたりすると思わぬほどにボコボコにされることもある。

しっかり敵の動きを見切って対応していこう。

「堕落」という名前の石柱の敵は、遠距離からでも動きを封じる攻撃を繰り出してくる。

結構避けにくいので即効で強打攻撃して倒してしまった方が楽だ。

堕落以外での死にパターンとして考えられるのは、食料不足での餓死。

上で書いたようにエンカウンターカードにはある程度食料が得られるカードを用意しておいた方がいいだろう。

終盤に出てくる固定エンカウンター「腹をすかせた貧乏人」でも食料8個与えることで、失敗なく子ども達を集めることができる。

なるべく食料には余力を残しておき、イベントでも食料を差し出せる準備をしておきたい。

戦車をクリアすると、エストレラが3人目の仲間として加入する。

が、 個人的に 仲間カードの中では一番使いにくかった。

体力が低めなのか戦闘ではすぐにダウンするし、ガンビット補助も比較的実力で何とかなる振り子ガンビットのやり直しだからだ。

エストレラの専用エンカウンターを進める時に使うくらいで、それ以外でわざわざ使う必要はないかなぁ…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました