【Hand of Fate 2】「節制」ストーリー攻略日記15

ゲーム

「Hand of Fate 2」の攻略記事第15回。

今回は 飢餓パニックに陥っている村を旅する「節制」ステージの攻略だ。

スポンサーリンク

節制の物語

登場人物・勢力

ニト:リーパーの借りを返すため、雇ったガリックに復讐しようとする主人公。

ガリック・ドロウキン:ニトにリーパーを差し向けたと噂される傭兵。

トーマス:村の外でひっそり住んでいるオーガ。村人たちの食料を盗んだとして討伐を要請されるが…。

村人たち:飢餓で暴力的になっている群衆。

女伯爵アサナシア:スケルトンを自在に操るネクロマンサー。

スケルトン:メインとなる敵勢力。一度倒しても復活することがある。

節制のストーリー

死神で襲ってきたリーパーを雇ったのは、ガリックという人物という情報を受けたニト。

ガリックはブリッジモアという村に潜んでいるという。

リーパーの借りを返すために、早速ブリッジモア村に向かうことにするニト達だが、その村は飢餓により住民が殺気立つ危険な村だった。

「ガリック」なる人物を探すことが目的と説明されますが、結局その後ガリックという名前は一度も出てこない、よく分からないストーリー(私が見逃しているだけ?)。

ステージ中では、たびたび飢餓に苦しむ住民に襲われ、食料を要求されることになる。

攻撃して倒すことも可能だが、このステージの金クリア条件は「住民を1人も殺さないこと」(銀クリアの場合は10人までOK)。

そのため、住民に全ての食料を奪われ、食料0の状態で移動しなくてはならない状況もしばしば出てくる。

食料を素早く補充できる方法や体力を回復できる方法をいくつか用意しておきたい。

節制攻略のポイント

オススメのカード

デッキの規定枚数:仲間1、エンカウンター10、装備10、物資3

仲間カードは何でも良いが、あえて言うならボス対策にアリアドネいるとちょっとだけ楽かも。

エンカウンターは食料の確保ができるものを優先して入れよう。

10枚とも食料獲得・資源獲得エンカウンターでもいいくらいだ。

装備カードも食料を獲得できる能力のあるもの(「収穫の刃」「大食いの甲冑」)などがあると楽。

スケルトン系が多く出るので、「神聖な浄化」で一網打尽にする手もある。

物資は食料、治癒の精霊、ゴールドor武器、といった選択肢になるだろう。

なるべく早くゴールを目指すのが楽

全てのエンカウンターイベントをこなしていく方が有利になるステージが多い本作だが、この節制ステージはなるべく最短距離でゴールを目指す方が楽にクリアできる珍しいステージ。

度々出てくる「腹をすかせた小作人」は食料を最大で8個も取られる or 村人と戦うことになり、全くメリットがない固定エンカウンターだ。

このカードをいちいち引いていたら食料がいくらあっても足りないため、次のマップに進むカードが出た時にはまだオープンしていないエンカウンターがあってもサクサク進んで行った方が良いだろう。

ただ、同じような農民イベント「オーガのトーマス」や「慈悲」は装備・食料がもらえたり、食料と交換で祝福が貰えるというメリットもあるので、こちらはむしろ遠回りしてでも引く価値はある。

オススメカードでは紹介していないが、「マップ開示」のエンカウンターを利用するという手もあるかもしれない。

最後に登場するボス「女伯爵アサナシア」はネクロマンサーで放っておくと何度も近くのスケルトンを復活させてしまう。

スケルトンは1匹1匹は弱いが、大量に来られるとさすがに危険。

適度に散らしながらネクロマンサーにチクチク攻撃していくといいだろう。

女伯爵アサナシアはある程度ダメージを与えると大きなバリアを纏うが、これは強打攻撃で破壊できる。

強打の強さ、食料の確保という面で「収穫の刃」がかなり輝くステージ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました