【Hand of Fate 2】「塔」ストーリー攻略日記17

ゲーム

「Hand of Fate 2」の攻略記事第17回。

今回は食料求めて塔の周りをグールグルな「塔」ステージ攻略です。

スポンサーリンク

塔の物語

登場人物・勢力

ニト:主人公。帝国軍が調査している塔に上ることになる。

ハードウィック隊長:塔に住むと言われる魔女を倒すために派遣された帝国軍の隊長。

塔の上の魔女:謎の魔女。意味不明なアドバイスを主人公にする。

帝国軍:今回メインとなる敵勢力。

塔のストーリー

巨大な塔にやってきたニト達は、塔の外に帝国の兵士達が集まっているのを見つけます。

ハードウィック隊長に話を聞くと、塔には魔女が住んでおり、それを倒すために派遣されてきたのだと言います。

塔に入るためにはガーゴイルの像に食料を捧げなければならず、1人ずつしか入れません。

入った者は帰ってこず、魔女の力を恐れた帝国は、塔そのものを壊すためにツルハシやハンマーで塔を壊す作業をしているのでした。

ニトはハードウィック隊長に許可を得て、塔の探索をしてみることになります。

死神~悪魔まで続いた誰かの陰謀によって命を狙われる展開はひと段落し、今回はなぜか塔に上るお話。

塔の上の魔女とは一体何者なのか、なぜ彼女に会いにいくのか、その辺りのことはよく理解できませんでした。

さて、今回探索することになる塔は、ストーリーを見ても分かる通り、入るには食料20個が必要になります。

塔ステージでは供える食料を確保するために塔の周辺を探索し、食料が確保出来たら塔に向かうという形で進行します。

塔は全部で4階層ありますが、1階層を探索したら1度降りてくることになるので、合計4回分(80個)の食料確保が必要です。

塔攻略のポイント

塔の探索中に出てくる選択肢は成功しても多少のプラス効果がある程度で、クリア条件には関係なし

オススメのカード

デッキの規定枚数:仲間1、エンカウンター8、装備12、物資3

カードガンビットが多いので、仲間はアリアドネがオススメ。

エンカウンターは他のステージと違い、「別の場所に移動する」を選択すると何度も同じエンカウンターを引くことがなります。

そのため、リスクが少なく、食料が得られるものをチョイスしたいですね。

「ミステリーボックス」「ラムストックに戻る」「若さの滝」などがオススメです。

また、固定エンカウンターにキツイものが多いので、マップ開示のエンカウンターも1枚くらいあると便利かもしれません。

武器は帝国兵との戦いが多いので両手斧、特に必殺技で倒す(もしくはフィニッシャーで敵を3体倒す)と食料が得られる「収穫の刃」が便利です。

また、被弾が少ないと食料や祝福が貰える「剣闘士の顔」は更に食料確保に役立ちます。

その他の装備は、基本的にカードガンビットが有利になるような装備を揃えるといいでしょう。

物資は食料・金貨・名声が良さげかな…。

なるべく素早く食料をかき集めろ!

塔の金クリア条件は、塔が崩壊する前に最上階まで登り、魔女を救うことです。

塔は周辺のマップが6回変更される(塔で6回「新しい土地を探索する」を選ぶ)と崩壊します。

つまり、80個の食料を6マップ以内に集めなければいけないということ。

一見難しく思うかもしれませんが、上記のオススメカードなどを入れてガチガチにしていけば、この条件達成は全然難しくありません。

私は、4マップ残した状態で初見クリアしました。

ただ、固定エンカウンターには結構いやらしいカードが沢山あります。

  • 混乱した盗賊:3つの物資マイナスと1つの大きな物資プラスのカードガンビットを強制される。
  • ごろつき集団:強制戦闘。カードガンビットの結果により出てくる敵が変わる(大失敗でオーガ+魔術師との戦闘に)。
  • 悪名:火あぶりの刑を受けるか村人+帝国軍との戦闘になる。火あぶりの刑は振り子ガンビットで大成功を引けば回避できて祝福が得られるが、失敗すると何度も体力マイナスを受ける。
  • 銀色の鹿:金貨と名声、食料と金貨、食料と名声の数字を入れ替える。

「銀色の鹿」は場合によっては良い方向に転ぶこともあり、その他のエンカウンターも一応ガンビット次第で良い結果になることもありますが、どれも成功判定は厳しく、なるべく避けたいものが多いです。

これらはマップ開示で避けるのも手だと思います。

塔の探索では、戦闘のようなアクションパートになり、様々な罠を回避などを使ってかわしながら出口を見つけることになります。

道中にはお金や食料、体力回復などもあるので、余裕があれば隅々まで探索してみるのもいいでしょう。

個人的には、この探索アクションがあまり得意ではなく、必ず1,2発は食らってしまいます…。

特に回転する刃は避けにくいので、注意してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました