ひきこもりは太りやすい?痩せやすい?

ひきこもり

一日中家にいて動くことの少ないひきこもり。

そんな生活を送っていると、外に出る時体型が気になることがあるかもしれない。

一般的なステレオタイプなひきこもり像はブクブク太った中年男性が1日中ゲームしたり、アニメを見たり…といったイメージだが、実際のところ、ひきこもりの皆さんはどんな体型をしているのだろうか?

この記事では太ったり痩せたりを繰り返している私が、その原因と対策を紹介したいと思う。

スポンサーリンク

ひきこもりが太りやすい原因はもちろん…

ひきこもりが太りやすい原因はもちろん、食べ物で摂取するカロリーの方が活動で消費するカロリーよりも多くなってしまうからである。

食べる量が多い人も中にはいるかもしれないが、それ以上に、ひきこもりが太る原因は運動量の少なさが問題と言えるだろう。

食料の摂取量が人並みでも、普通に働いている人と比べて、ひきこもりは自発的に動こうとしないとカロリーを消費できないのだ。

私は社会人時代、仕事だけで1日平均2万~3万歩程度歩いていた(スマホの歩数計調べ)。

1時間の散歩で大体1万歩程度なので、これは2~3時間分の散歩量に相当する。

働いている時にはそこまで苦にならないが、ただ歩くだけを目的とした2,3時間はかなりキツイ。

ひきこもりでこれくらい散歩している人は、果たしてどれだけいるのか…。

私も散歩やると宣言して以来続けていますが、せいぜい1日10分程度である。

これくらいでは焼け石に水。

一般男性(女性)並みに食べる人は、同じくらい運動もしなきゃいけないということだ。

ただ、食事量を少し抑えめにしつつ運動するなら、30分ほどの運動で痩せたりもする。

私はMAXで65kgまでいったが、30分程度の散歩を始めて数か月で5kg落ちたことがある。

ここは個人差もあるだろうが、少しでも運動する・しないの差は大きいはずだ。

ひきこもりが痩せるパターン

一方、実はひきこもりで徐々に痩せていくパターンもある。

これは恐らく一人暮らしの人に多いパターンで、理由は単純。

1日の必要摂取カロリーに満たない食事しか摂れていないからです。

要するにお金がない人や無理な節約をする人、食事が面倒くさいと感じる人がどんどん痩せていくわけだ。

1日の必要カロリーは以下のサイトで目安を出すことができる。

私のデータ(身長:172cm、体重:60kg、年齢:36歳、運動の頻度:週0回)を入力してみると以下のように表示された。

私はこれまで何度も家計危機が訪れていますが、そのたびに激痩せしている。

2年くらい前には60kg ⇒ 51kgまで激減したことも。

当時は1日1717kcalも食事が摂れていなかったということだろう。

「痩せるのが正義」という風潮があるが、個人的には太るより、急激に痩せる方がヤバイと感じる。

なぜなら、仰向けで寝ると肋骨が内蔵に食い込んで痛いとか、太る場合よりも弊害が分かりやすく出るからだ。

食事に興味がない人、メシ代をもったいなく感じてしまう人でも、自分の必要カロリーくらいは食べておきたい。

あんまり食事代にお金を使いたくない人は、時代に逆行して敢えて高カロリー・高たんぱくなものを選ぶのもありじゃなかろうか。

運動&頭を使うが体型維持のカギ

このようにひきこもりは、太ったり痩せたりと体型が変化しやすい。

どこでも言われることだが、体型維持のためには、適度な食事と運動が大切だ。

特にひきこもりの場合は運動不足に陥りがちなので、少しの時間からでも運動をすることをおすすめする。

また、いつでも食べることを考えてしまう人は、頭を使う作業をやるのもオススメ。

何かに集中していると食事を忘れて没頭してしまう、なんて経験はないだろうか?

これは集中することにより、摂食中枢が抑えられるためだそう。

食べすぎの自覚がある人は何か没頭できるものを見つけるといいかもしれない。

例えばこれとかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました