ひきこもり部屋が汚くなるのはなぜ?汚部屋を脱出して幸福になろう!

ひきこもり

楽しいひきこもり生活について書く上で、私自身がQOH(クオリティ オブ ヒキコモリ)を上げていこうと思っている。

そこでまず欠かせないのが、ひきこもりが四六時中お世話になる部屋の綺麗さである。

部屋が綺麗だと気持ちいいのは分かっていても、(掃除なんていつでもできるし…)とついつい先延ばしにした挙句、汚部屋化してしまうことはないだろうか。

スポンサーリンク

部屋が汚いと不幸になる説

部屋が汚いと運勢が悪くなる、不幸になると言われることがある。

穿った見方をする人は「これって掃除代行や片付けブームの営業トークでしょ」と思うかもしれない。

確かに部屋が汚いのと、運が悪いのは一見関係なさそうに見える。

しかし、私は割とこの説を信じていたりする。

というのも、ソーシャルワーカーとして働いている時代、世間で不幸と呼ばれる人たちのお宅にお邪魔する機会が多くあったが、体感では8割近くの家がめちゃめちゃ部屋が汚かったからだ。

部屋が汚いから不幸なのか、不幸で部屋が汚くなるのかは分からない。

でも現実問題、不幸な人の家は汚いことが多いのは事実だ。

自分自身の部屋のことを考えてみても、「気分が落ちている時はなかなか掃除ができていない時」というパターンが多い気がする。

つまり、気分を上げる、幸福度を上げるのに掃除は欠かせない行事と言えるのだ。

ひきこもり部屋が汚くなる理由

ひきこもりも一般的に部屋が汚いというイメージがある。

汚いひきこもり部屋をアートとして捉え、写真集として発売している企画もあるほどだ。

ではひきこもり部屋はなぜ汚くなってしまうのだろうか?

私の考える理由は2つ。

いつでもできるからこそ、先延ばしにしてしまう

まず、一つ目の原因が、時間が自由に使えることである。

働いている人のように自分の時間が貴重でないため、いつでもできる=じゃあ後で良くね?となりがち。

そしてこの後延ばしがクセになると、いつの間にか汚部屋が完成しているというメカニズムだ。

私も自由な時は掃除に目が行かず、忙しい時ほど部屋の汚さに(あー、掃除しないとなー)となったりする。

でも暇になったなったで、掃除のことをすっかり忘れる、と。

これではいつまで経っても掃除ができない。

物が捨てられない

もう1つの原因は、物が捨てられないこと。

特に収入が少ないひきこもりの場合、捨てたら次の物が買えるかどうか分からない恐怖があり、捨てるに捨てられないという人もいるだろう。

その結果、要らない物もどんどん部屋にあふれていき、足の踏み場もない汚部屋が完成してしまう。

私も昔は貧乏性ゆえに、なんでも(持っておけば後で使えるかも)と思っていた。

でも、これを考え出すと本当に物はどんどんたまっていく。

紙袋、ペットボトル、使えなくなった家電のケーブル…こんな物が溜まっている人は要注意だ。

他にもうつなどで掃除する気力がないパターンもあるが、この場合は「まず病気をどうにかしましょう」としか言えないので、今回は上2つの対策を考えてみる。

部屋を綺麗に保つには?

掃除する曜日・時間を決める

先延ばしにしてしまうタイプの人は、掃除する日や時間を決めてしまうのが良いと思う。

例えば「毎週月曜日、起きてから10分間は部屋の掃除をする」というようなことを決めてしまう。

部屋の広さににもよるが、例え週に10分~30分でも、「今週はテレビ周り、来週はベッド周り」など場所を分けてやれば充分間に合うはずだ。

大事なのは出来無さそうな目標ではなく、出来そうなレベルで設定し、それを必ずやること。

これだけで日常の最低限の掃除はできるし、それなりに綺麗さを保てるはずだ。

物を捨てる=楽しいことを実感する

物が捨てられない人は、物を捨てるのが不安で辛くて仕方ない。

しかし、実際にゴソッと物を捨ててみてほしい。

案外スカッとして楽しいと感じるはず。

これは実際にやってみないと分からないことだ。

もし、部屋の中に物があふれている人は、まずゴミ袋がいっぱいになるまで物を捨ててみよう。

最初は、ペットボトル、輪ゴム、チラシ、ビニール袋など、「後で使いそうだから取っておいたもの」を捨ててみる。

これらを後で使うことなんて、結局ほとんどない。

万が一本当に必要な時でも、入手は簡単にできる。

次に「今後絶対に使わないもの」を捨ててみる。

数年前から着ていない服、聴く機器がないカセットテープ、MDなど。

もしかしたら着るかもしれない、聴くかもしれない ⇒ 絶対着ないし、聴かない。

気にするのは捨てる瞬間までで、その後それらの物を思い出すことは一生涯ない。

ここまで書いたものをキチンと捨てられれば、捨てるのに抵抗が薄れ、逆に楽しくなってくる。

この調子で他にも捨てられるものはバンバン捨てよう。

するとアラ不思議!部屋や収納のスペースが随分広くなっているはずだ。

私は大学生の頃に捨てることに目覚め、今では年に数回、思いつきで「バンバン捨てるDay」がある。

特にスカッとしたい時に効果的で、良い気分転換になったりもする。

「物を捨てるのがもったいない」という人は、逆にこんなにスッキリする気分転換を知らないのがもったいないと思う。

楽しむための第一歩は掃除から!

今日は結構時間をかけて部屋のお掃除をしていた。

やはり綺麗な部屋は気持ちいいし、ちょっと気分も明るくなる。

私は掃除を先延ばしにするタイプなので、今後綺麗な状態をキープするために、毎週のお掃除時間を作ろうと思う。

あなたも気分が沈んでいる、悶々としているなら、まずは部屋のお掃除からはじめてみてはいかがだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました